検索
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
写真ギャラリー
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
木村さんの画像
木村
転職100回、リストラ30回以上経験した30代男のセミリタイア放浪記。20代でマンション経営を経験し、Amazon転売せどりなどもやったのだけれど、ひょんなことから5000万円以上の詐欺に遭い、全財産を失った悲しい男の物語。現在は沖縄やタイ、台湾などで1ヶ月5万円以下で生活をしている。
プロフィール

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2019年09月03日

スワンナプーム空港からドンムアン空港のバスは当日の航空券がなくても無料で乗れた

午後6時半


僕はスワンナプーム空港にいた。

IMG_20190223_193114.jpg






さて、どうしようかと考えていた。


僕はドンムアン空港から格安航空券のスクートで大阪に向かうのだけど、航空券の日程は明日だった。


スワンナプーム空港からドンムアン空港までのシャトルバスは無料なのだけど、当日の航空券を持っていないと乗れないとネットの口コミに書いてあった。


でも、物は試しにと、僕はとりあえずドンムアン空港行きのシャトルバス乗り場まで行くことにした。



ネットではドンムアン空港行きのシャトルバス乗り場は「2階の3番出口」と書いてあった。でも実際は「1階の3番出口」だった。



「1階の3番出口」に着いた僕は、受付にいるタイ人の兄ちゃんに、しれっと明日の航空券のスクリーンショットを見せた。


すると、少し迷った後で、ドンムアン空港行きが許された者だけに与えられるスタンプを手に押してくれた。


なんだ、ネットの口コミはなんだったのだろうか。まあ、もしかしたらどうせ明日の予約なので、サービスで早く乗せてくれたのかもしれない。


ドンムアン空港行きのシャトルバスの乗車率もひどいもので、2割程度だった。この無料のシャトルバスもそのうち無くなるかもしれないと思った。


バスが出発したのが午後6時45分で、ドンムアン空港に着いたのが7時半だった。わずか45分でスワンナプーム空港からドンムアン空港まで着いてしまった。これなら渋滞しても1時間半も見ておけば大丈夫なのかもしれない。
posted by 木村 at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | タイ

2019年04月02日

【ラオス】ウドンタニからビエンチャンまで国際バスで行く方法

ラオス行きの国際バス乗り場までやってきた。


ここからラオスのビエンチャンまで80バーツ(272円)で行ってくれる。

IMG_20190109_140744.jpg






国際バス乗り場の中に入っていくと右手側にチケット売り場がある。

IMG_20190109_141218.jpg

ここで80バーツを支払えばラオスのビエンチャンまで乗り換えなしで行ってくれる。


僕はバス乗り場に14時10分頃に着いたのだけどバスは一時間に一本しか走っていないみたいなので、15時発のバスのチケットを購入することになった。



発車は少し遅れて15時10分頃に出ることになった。途中でガソリンを入れた為、ラオス国境に着くまでに1時間くらいもか
かってしまった。



タイの出国手続きを済ませたらラオス国境の友好橋を渡、ラオスの入国手続きをする。ラオスに入る為に通常は5バーツ(17円)だけかかるのだけど、16時以降と土日祝日は10000キープ(130円)もかかるみたいだった。



受付のおばさんは「シップテンシップテン」と繰り返すばかりで僕は何を言っているのかさっぱりわからなかった。僕がそっと2000キープを支払うと「足りねーんだよ」と言わんばかりにおばさんは顔を振った。


それから5000キープを支払っても足らないみたいだったので、結局ラオスに16時以降に入国する為には10000キープが必要みたいだった。


ちなみに16時以降にバーツで支払う金額は最後までわからなかった。おばさんは「キープキープ」をいうばかりでバーツでは決して受け取ろうとはしなかった。



そんなこともありバスに少し乗り遅れてしまったのだけど、なんとかラオス首都のビエンチャンへ向かって国際バスは走っていった。


それから30分ほど走るとようやくビエンチャンのバス乗り場までたどり着くことができた。タイのウドンタニのバス乗り場からラオス・ビエンチャンのバス乗り場までは結局1時間40分くらいかかってしまった。
posted by 木村 at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | タイ

2019年04月01日

ウドンタニ空港からラオス行きの国際バス乗り場まで最安値の交通手段はソンテウだった

ウドンタニ空港からラオス行きの国際バス乗り場までは、リムジンバスで80バーツ(272円)だった。


でも、最安値で行く交通手段はタイのタクシー「ソンテウ」だった。

IMG_20190109_140730.jpg






※ラオス行きの国際バス乗り場のGoogleマップはこちらです。

https://goo.gl/maps/zNtdk9w1RHu



ウドンタニ空港を背にして右へ800mほど歩いていくと、大きな通りに出る。この道を左に曲がり100mほど歩くと左手にセブンイレブンが見えてきて、その少し先にウドンタニの市街地へ向かうソンテウが待機している。



ウドンタニ空港からウドンタニの市街地へ行くソンテウの番号は15番だった。このソンテウに乗ってしばらく市街地へ向かって走っていると、途中で別のソンテウに乗り換えることになった。


僕はまさかソンテウの乗り換えがあるとは知らなかったので、まごまごしていたら強制的にソンテウから降ろされてしまった。


それから料金を支払おうとすると「ここではいらない。次のソンテウに支払え」という。ソンテウで乗り継ぎした場合の料金はいらないみたいだった。なんて良心的なのだろうか。



そして新しくソンテウに乗り換えてしばらく走るとラオス行きの国際バス乗り場までやってきた。ここまでの料金がたったの10バーツ(34円)だった。



僕は前回の旅でもウドンタニ市街地からウドンタニ空港まで歩いて行ったのだけど、あの苦労は一体なんだったのだろうかと感じてしまう。


たったの10バーツで約8kmも走ってくれるとは未だに信じられない気持ちでいっぱいである。



市街地からウドンタニ空港までソンテウで行く場合も15番のソンテウに乗れば行ってくれるそうだ。今後は是非ともソンテウを活用して行きたいと思っている。
posted by 木村 at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | タイ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。