検索
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
写真ギャラリー
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
木村さんの画像
木村
転職100回、リストラ30回以上経験した30代男のセミリタイア放浪記。20代でマンション経営を経験し、Amazon転売せどりなどもやったのだけれど、ひょんなことから5000万円以上の詐欺に遭い、全財産を失った悲しい男の物語。現在は沖縄やタイ、台湾などで1ヶ月5万円以下で生活をしている。
プロフィール

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2019年02月09日

【不動産投資】家賃収入が年間60万円以下でセミリタイアするのが一番良い理由

僕には年間約60万円の家賃収入がある。


年間の家賃収入が60万円以下で収まれば、税金を納めなくても良い可能性が高い。

IMG_20181229_094849.jpg






不動産投資をするには個人事業主か法人の届け出をする必要がある。僕は個人事業主の登録をしているのだけど、家賃収入が必要経費以下であれば確定申告する必要すらない(税務署の職員に確認済みです。別途市役所や区役所には収入を申告する必要があります。詳しくは市役所や区役所の職員へお尋ね下さい)。



僕は年間の家賃収入が約60万円あると書いた。不動産投資で年間にかかる必要経費は以下の通りである。



・火災保険、地震保険料
・管理費、修繕費
・固定資産税
・基礎控除38万円
・減価償却費
・登記費用
・仲介手数料
・不動産取得税
・印紙代
・交通費
・青色申告特別控除10万円か65万円

※青色申告特別控除は一軒家を5棟以上か、マンションを10室以上所有をすると65万円の控除が受けられます。それ以下であれば誰でも10万円の控除が受けられます。白色申告ではこの控除がないので、青色申告で届け出をすることをオススメします。ただし、青色申告をする場合は帳簿が必要です。こちらも詳しくは税務署の職員へお尋ね下さい。



これらの他にも、不動産を管理する為に支払った費用を経費として落とすことができる。



サラリーマンをセミリタイアして、不動産収入のみであれば、とりあえず基礎控除が年間で38万円も受けられる。これだけでも年間60万円の家賃収入が22万円になってしまう。そして青色申告さえしていれば誰でも受けられる控除が10万円もあるので、この時点で不動産所得はたったの12万円に縮小される。



この他にも木造で築年数が22年以上経過した古い不動産を取得したのであれば、減価償却費が4年間の間、毎年10万円以上も受けられることが多い。

※減価償却費についても詳しくは税務署の職員へお尋ね下さい。



これらの他に保険料や固定資産税を足すと、年間で使用する必要経費が60万円以上になる場合が多い。築年数の古い不動産では減価償却費が4年間で終了してしまう可能性が高いのだけど、逆に言えばどんなに古い不動産でも4年間は減価償却費が受けられるとも言える。



僕が説明した方法を実践する為には、毎月5万円以下で生活することが求められる。もしそれが可能なのであれば、家賃収入が年間60万円程度の不動産を購入することができればサラリーマンをセミリタイアすることも出来るのかもしれない。

※不動産投資はあくまで「投資」です。この記事で紹介した不動産投資は一例になります。くれぐれも不動産投資を行う場合は自己責任でお願いします。

2019年02月08日

株価暴落で不動産投資に再度注目が集まる理由

株価が暴落しているらしい。


僕は今まで株もFXも経験したのだけど、結局のところ全て負けて退場することになった。

IMG_20181229_094809.jpg






仮想通貨投資でも同じなのだけど、株やFXなどの投資は常に価格が変動しているので参ってしまう。自分のように神経質な人間は常に価格が気になってしまい、睡眠不足に陥ることも多かった。



「健康はお金では買えない」という言葉があるけれど、本当にこれに尽きると思う。「睡眠不足になる」ということは「健康寿命を削っている」のと同じことである。



僕は株やFXの投資は一切辞めることにした。代わりに今は不動産投資をしている。



僕は約10年前から不動産投資をしており、今でも一件だけ家を所有している。その不動産は手取り家賃が毎月47000円というとても寂しいものなのだけど、僕はこの毎月47000円の家賃収入だけで暮らしている。



不動産投資は株やFXと比べるとストレスが少ない。入居者が退去する確率は、株価が下がる確率よりも圧倒的に低い。不動産投資は、株やFXの価格が気になって眠れないというストレスもない。

2018年12月28日

【セミリタイア】不動産投資は不労所得なのか?

僕は約10年前に不動産投資をやっていた。


当時は東京の新宿周辺でマンション経営をしていて、多い時で15部屋くらいのワンルームワンションを所有していた。

IMG_20181214_104235.jpg






場所もよかったことから、入居率は常に100%だった。東京という土地柄か、退去することは頻繁にあったのだけど、それでも次の入居者がすぐに決まっていた。



通常、マンション経営などの不動産投資をする時には、管理などは不動産屋さんなどに任せることが多い。


不動産投資はそこまで手間のかかる投資ではないのだけど、管理を不動産屋さんに任せると、賃料の5%から10%も取られてしまう。そういう経緯があったので、僕は所有するマンションは全て自分で管理していた。


でも15部屋も持っていると、大体2ヶ月〜3ヶ月に一度は何かしら入居者から連絡がきた。


それは退去連絡のことが多かったのだけど、エアコンが壊れたことや、雨漏りがすることもあった。


僕はマンション経営をしていて今までいろいろなトラブルを受けたのだけど、そう考えると不動産投資は不労所得ではないのかもしれない。なにも手間がかからなければ不労所得だと思うのだけど、不動産投資はそんな簡単なものではなかった。



マンション経営をしている時に多い時では1ヶ月で100万円以上の家賃収入があったのだけど、その後、別の投資で詐欺に遭ってしまい、僕は資産価値7000万円のマンションを全て失い、1000万円以上の借金(税金)を背負うことになった。
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。