検索
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
写真ギャラリー
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
木村さんの画像
木村
転職100回、リストラ30回以上経験した30代男のセミリタイア放浪記。20代でマンション経営を経験し、Amazon転売せどりなどもやったのだけれど、ひょんなことから5000万円以上の詐欺に遭い、全財産を失った悲しい男の物語。現在は沖縄やタイ、台湾などで1ヶ月5万円以下で生活をしている。
プロフィール

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2019年01月25日

【タイ】パタヤ セミリタイア生活12日目に使ったお金を公開します

【パタヤ セミリタイア生活12日目の生活費】
ホテルバイキング110 水1 ホテル代96 ヨーグルト20 

合計227バーツ(770円)
1バーツ=3.39円


IMG_20181225_140402.jpg






Airbnbでパタヤのホテルを検索していると、前に満室だった1ヶ月1万円の宿が募集を再開していた。



僕は迷った。これからラオスへ行ってタイビザを取得してからプーケットへ行こうと思っていたからだ。


プーケットは調子が良ければ2ヶ月間滞在をする予定だった。この予定を1ヶ月に短縮して、またパタヤに戻ってきても良いかなと思い始めてきた。

2019年01月19日

【パタヤ】セミリタイア生活11日目の生活費とホテルの食べ放題

【パタヤ セミリタイア生活11日目の生活費】
ホテルバイキング110 水1 ホテル代96 

合計207バーツ(706円)
1バーツ=3.41円

IMG_20181224_111716.jpg






最近なんだか食べ過ぎている気がする。原因は間違いなくホテルの食べ放題なのだけど、僕は他の人より食欲が数倍もあるみたいで、俗にいう「食い意地が張っている人」なのかもしれない。



今日も食べ放題でいろいろなものを食べた。まずはいつものように血糖値を上げない為に、サラダから頂くことにした。


サラダはトマト、玉ねぎ、ツナ、ニンジン、豆、トマトのマリネ、ニンニク、ハムなどを食べた。



次にフレンチトースト、マカロニのパスタにトマトソースとクリームソースをかけたもの、チャーハン、素揚げした魚の辛いやつ、ウインナーのクリームソース和え、目玉焼き、ブロッコリーの炒め物、ジャムサンドイッチなどを2周した。


最後にバターケーキ、ロールケーキ、スイカ、パイナップルも2周して、牛乳も3杯飲んだ。


明らかに食べ過ぎである。一体何キロカロリー摂取しているのだろう。そう思うのだけど「人間は忘れる動物だから仕方がないのかな」とも思ってしまう自分がいる。

2019年01月17日

【タイ】パタヤ外こもり生活10日目の生活費を公開します

【パタヤ移住生活10日目の生活費】
カオマンガイ50 カオモッガイ50 水1 ホテル代96 

合計197バーツ(672円)
1バーツ=3.41円

IMG_20181223_122946.jpg






パタヤ外こもり生活を始めてから10日が経過した。


「まだ10日なのか」という思いと「もう10日なのか」という思いが混在している。



あと二週間ほどパタヤに滞在して、それからタイビザを取りにラオスのビエンチャンへ行く予定である。


その後はプーケット島で二ヶ月間外こもり生活をするかどうかはまだわからないけれど、嫌になったらいつでも日本へ帰れる準備だけはしている。



海外で一人旅を長く続けていると、どうしようもないくらい寂しくなったり虚しさを感じることがある。これが続いてしまうと本当にどうにかなってしまうので、こういう時は無理をせずに「いつ日本へ帰ってもいいのだ」と思うようにしている。そう思うだけで気持ちが嘘みたいに楽になるのだから。

2019年01月09日

【タイ】パタヤ移住生活9日目の生活費と沈没生活一日の行動記録

【パタヤ沈没生活9日目の支出】
ホテルバイキング110 水1 ホテル代96  ヨーグルト30 ひまわりの種10

合計247バーツ(842円)
1バーツ=3.41円

IMG_20181221_104643.jpg






午前8時


昨日の夜もなんだか近所が騒がしかったのだけど、夜の11時頃には寝ていたようだ。



朝の8時過ぎに起きて、歯を磨きネットをチェックする。そのまま9時半頃まで部屋でだらだらとして、9時40分頃にホテルを出る。



朝食バイキングの会場があるホテルまで5kmほど歩く。ホテルに着くのが大体いつも11時前である。



今日もいつものように血糖値を上げない為に、サラダなどの生野菜から食べ始める。次にタイ料理のパッタイなどを食べて、フレンチトーストやポテトフライ、春巻きなどの揚げ物ゾーンを制覇する。


途中でオムレツやグラタン、ベーコンやウインナーなどを食べていると、もうお腹がいっぱいになってきてしまう。ここまでの所要時間はわずか30分。「人間はあまり食べられないように作られているんだな」と、毎回決まって阿呆のように感じる。


最後はロールケーキやバターケーキなどのケーキ類を食べて、スイカとパイナップルを食べればフィニッシュである。途中でミルクも3杯くらい飲んだ。



ちょうど制限時間の60分で席を立つ。誰でも使えるホテルに備え付けのベンチに座り直して、心とお腹を落ち着かせる。ああ、今日もお腹いっぱいだわ。



このベンチで人間観察をしていると、なんだかみんな居心地を悪そうにするので、スマホで深夜特急のドラマ版を観る。ちょうど主演の大沢たかおがタイのバンコクで沈没生活を送っているところだった。



お昼の12時過ぎにホテルを背に左手に曲がって、100mほど歩いた左手側にショッピングモールのような建物があるので、ここの2階のベンチで休む。スマホで深夜特急を観ていたらあっという間に午後1時になっていた。



ショッピングモールのトイレに行き、ホテルへ徒歩で帰る。ここからまた5kmの道のりである。途中でアキレス腱を伸ばしたりシンキャクをしたり、軽く路上でストレッチをしたりすると筋肉を痛めないのでオススメである。



ホテルに着いたのが午後2時過ぎだった。30分ほどベッドの上で横になり、それから耳栓と水泳用のゴーグルを持ってジョムティエンビーチへ行く。



今日も相変わらずビーチは賑わっている。ジョムティエンビーチはあまり座るスペースがなかったので、お隣のビーチ「ドンタンビーチ」へ移動した。



ドンタンビーチはやはり良い。ここは別名「ゲイビーチ」などと呼ばれることもあるのだけど、今では白人の夫婦やカップル、家族連れなどで全く如何わしい雰囲気もない。


ドンタンビーチにはビーチにヤシの木が沢山植えられているので、常に日陰で海をのんびりと眺めることができる。ああ、やっぱりこのドンタンビーチが一番居心地が良いな。



海を眺めながら「どうすっかな」と考える。パタヤの海は総じて汚い。でも周りの人たちが楽しそうに海ではしゃいでる姿をみると、自分も入りたくなってくる。


こっそりとストレッチを始めてみる。この時点ではまだ海に入る決心がついてはいない。


それから10分ほどすると、僕はすでに海の中に入っていた。今日も相変わらず茶色く濁っているぜ、ドンタンビーチ。



今日は珍しく波が高かった。沖の方へクロールで泳いでいって、疲れてそのまま浮かんでいると、気がつくとビーチまで押し戻されている。


こんなことを2、3回も繰り返していると、波の力に負けて海水を飲んでしまうこともある。「こんな汚い泥水を飲んで大丈夫なのだろうか」と思うのだけど、「インドのガンジス河よりは100倍マシか」と思うようにすると、なんでもないような気分になる。



海から上がって体に付いた砂を落とす。濡れている間はなかなか落ちない。日陰の階段に腰かけて、ぼんやりと海を眺め、体が乾くのを待っている。


そのうちじっとしているのにも飽きてきて、ホテルへと帰ることにした。ビーチからホテルまで歩いて2分。こんな贅沢な暮らしがあるのだろうか。



洗濯機は有料なのでシャワー室で適当に手洗いする。部屋に設置した物干し竿で洗濯物を乾かしていると、午後6時になっている。



それからヨーグルトやひまわりの種を食べたりスマホを観ていたりすると午後9時をまわっていて、気がつくとパタヤでの一日が音もなく終わって行く。

2019年01月05日

【タイ】パタヤ沈没生活8日目の生活費を公開します

【パタヤ沈没生活8日目の支出】
ホテルバイキング110 水1 ホテル代96 ヨーグルト10

合計217バーツ(740円)
1バーツ=3.41円

IMG_20181221_172035.jpg






久しぶりにヨーグルトを買った。ヨーグルトはコンビニで買うと大体一個14バーツ(48円)なのだけど、たまにセールで10バーツ(34円)で買えることもある。


今日はセブンイレブンでヨーグルトが一個10バーツだった。確か先週はファミリーマートで一個10バーツだったから、どちらかへ行けば安く買えるのかもしれない。



円高になってきた。僕がパタヤへ来たばかりの頃は1バーツ=3.46円だったのだけど、今は3.41円になった。


そろそろ両替をしたいのだけど、なんかもう少し下がりそうな気がするんだよな。


バーツ円の過去のチャートをみていると、1ヶ月周期で1バーツ=3.35円のくらいまで下がっている。でもこれは過去のデータで今後円高が進むかは全くわからないのだけど、やはり損より得をしたいと思うのが人情である。

2019年01月01日

【タイ】パタヤ移住生活一週間目の生活費を公開します

【パタヤ沈没生活一週間目の支出】
ホテルバイキング110 水1 ホテル代96

合計207バーツ(710円)
1バーツ=3.43円

IMG_20181218_112129.jpg






全く変わらない生活費。全く変わらない移住生活。



パタヤ移住生活も一週間が経過して、なんだか疲れが溜まってきたようだ。


毎日片道5kmかけてホテルの朝食バイキングを食べに行っているのだけど、帰ってくるともうなにもやる気がしなくなっている。



今は「タイの冬」と言われているのだけど、それでも毎日33度はあるのだ。体が疲れない方がおかしい。



前にジョムティエンビーチで泳いで以来、海にも行っていない。毎日海沿いを歩いて行っているので海は見ているのだけど、泳ぐ気力は全くなかった。


なんだかこのままパタヤ移住生活が終わりそうな気がしている。

2018年12月29日

【タイ】パタヤ移住生活6日目の生活費を公開します

【パタヤ沈没生活6日目の支出】
ホテルバイキング110 水1 ホテル代96

合計207バーツ(710円)
1バーツ=3.43円

IMG_20181229_094313.jpg






代わり映えのしない生活。代わり映えのしない生活費。


パタヤ移住生活6日目にして、僕はもうパタヤに飽きてしまった。



パタヤは眠らない街だ。僕が住んでいるホテルの周辺は飲み屋街で、朝方まで喧騒が落ち着くことはない。


それでも石垣島のゲストハウスにいた頃よりはよく眠れている。人のイビキの音よりも、人の楽しそうな笑い声のほうがよく眠れることがわかった。



一人旅を長く続けていると、人との触れ合いが恋しくなる。「寂しい」という想いが溢れてきて、旅先で出会った日本人に恋をしてしまうことも珍しくはない。

2018年12月27日

【タイ】パタヤ沈没生活5日目に使ったお金を公開します

【パタヤ沈没生活5日目の支出】
ホテルバイキング110 水1 ホテル代96

合計207バーツ(710円)
1バーツ=3.43円

IMG_20181219_094315.jpg






バーツ円の為替レートが少しだけよくなった。


そろそろ両替をしたいのだけど、なかなか円高になってくれない。


1バーツ3.3円台になってくれれば両替するのだけど。

2018年12月24日

【タイ】パタヤ長期滞在4日目の生活費を公開します

【パタヤ沈没生活4日目の支出】
ホテルバイキング110 水1 ホテル代96

合計207バーツ(716円)
1バーツ=3.46円

IMG_20181219_165813.jpg






パタヤ長期滞在4日目の生活費は716円だった。


今回の旅では「豪遊する」といっていた割には安くあがっている。


1日1000円以下の支出で済めば、1ヶ月3万円以下で暮らせることになる。


1ヶ月3万円以下の生活費であれば、日本からの往復の航空券を入れても1ヶ月5万円以下で生活をすることができる。

2018年12月23日

【タイ】パタヤ沈没生活3日目の生活費を公開します

【パタヤ沈没生活3日目の支出】
ぶどう20 プライドエッグ弁当17 水2 カオマンガイ40 ドーナツ10 ケーキ4 ホテル代96

合計189バーツ(654円)
1バーツ=3.46円

IMG_20181216_131305.jpg






今日は有名店のカオマンガイを食べに行こうと思ったのだけど、途中でお腹が空きすぎて全くお客さんの入っていない謎のカオマンガイ屋さんで食べてしまった。



結果は言うまでもないことだった。



パタヤ沈没生活は1日1000円、1ヶ月3万円以下で生活できることがわかった。日本からの往復の航空券を入れても、1ヶ月5万円以下でいけそうである。


来年の冬は、北海道に一軒家を10万円で買ってスノボ三昧な生活を送ろうと思ったのだけど、またパタヤへ来てしまうかもしれない。
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。