検索
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
写真ギャラリー
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
木村さんの画像
木村
転職100回、リストラ30回以上経験した30代男のセミリタイア放浪記。20代でマンション経営を経験し、Amazon転売せどりなどもやったのだけれど、ひょんなことから5000万円以上の詐欺に遭い、全財産を失った悲しい男の物語。現在は沖縄やタイ、台湾などで1ヶ月5万円以下で生活をしている。
プロフィール

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2019年03月22日

パタヤ セミリタイア生活24日目の生活費とBig Cのチョコドーナツとクロワッサン

【パタヤ セミリタイア生活24日目の生活費】
グリーンカレー45 水1 ホテル代171   野菜炒め35 ウエハース14 チョコドーナツ5 クロワッサン5 ヨーグルト30

合計306バーツ(1040円)
1バーツ=3.4円

IMG_20190106_145229.jpg






Big Cの焼きたてのパン屋さんが相変わらず安い。


今日僕が購入した菓子パンはチョコドーナツとクロワッサンだったのだけど、両方とも一個5バーツ(17円)だった。


チョコドーナツは小さいのだけど、ドーナツの中にはチョコクリームが大量に入っていた。クロワッサンはしっかりとバターの香りが漂っていて、5バーツにしては十分な美味しさだった。



一日の生活費が1000円を越えて、ようやく豪遊生活に突入するのかもしれない。

2019年03月18日

パタヤをセミリタイア地として却下した理由とパタヤ移住生活23日目の生活費

【パタヤ セミリタイア生活23日目の生活費】
ホテルバイキング110 水1 ホテル代171   
合計282バーツ(959円)
1バーツ=3.4円

IMG_20181215_110724.jpg






パタヤはもういいかな。


ジョムティエンビーチ沿いで泊まっていた時はまだよかったのだけど、パタヤ市街地は排気ガスと騒音でとても精神的に疲れる街だった。



街を歩けばバイクとソンテウの排気ガスに巻き込まれ、物乞いからは腕を掴まれお金を恵んでくれといわれる。


確かに僕は物乞いよりはお金を持っているだろう。日本で一年間も働けば、タイでは十年くらい遊んで暮らすこともできるだろう。



もし僕がタイ人として生まれてきて、親が物乞いをして生活をしていたら僕も同じように物乞いになっていたのだろうか。


「もしも」の話をしても仕方がない。意味がない。でも、もし僕がもっと貧しい国や村で生まれていたら、今なにを考えなにをしていたのだろうか。



僕はなにがしたいのだろう。海外になにを求めてきたのだろうか。


東南アジアを旅する理由は「暖かいから」ということだけではないような気がする。それではなにを求めてきたのか。



旅する理由。刺激、出会い、予期せぬ出来事、日本ではとても経験できないこと。


そんな言葉で言い表せることや、決して言葉では言い表せないこと。


結局、人間はなにを求めて旅に出るのだろうか。

2019年03月14日

【タイ】パタヤ セミリタイア生活22日目の生活費を公開します

【パタヤ セミリタイア生活22日目の生活費】
ホテルバイキング110 水1 ホテル代171 

合計282バーツ(959円)
1バーツ=3.4円

IMG_20190102_103130.jpg






パタヤのゲストハウスは高いので、一日の生活費が1000円前後になってしまう。



僕は来週からラオスを経由してプーケット島へ行く予定である。


プーケット島では1泊250円から350円程度で泊まれるゲストハウスを発見した。


プーケット移住生活では、食費を一日120バーツ(408円)以下に抑えれば1ヶ月25000円以下で生活をすることができそうである。

2019年03月09日

【タイ】パタヤ セミリタイア生活21日目の生活費を公開します

【パタヤ セミリタイア生活21日目の生活費】
ホテルバイキング110 水1 ホテル代165    

合計276バーツ(922円)
1バーツ=3.34円

IMG_20190103_151425.jpg






今日両替所のレートを見たら、一万円=2993バーツだった。僕は目を見張った。だって、昨日は2940バーツだったのだから。


そして、一昨日は2905バーツだったのだ。僕は焦って2940バーツで残りの日本円を全てバーツに両替してしまったのだけど、まさか一日でここまでレートが動くとは思わなかった。


レートが上がった要因はドル円にあるようだった。ドル円は昨日まで110円だったのだけど、一時104円まで急激な円高になった。まさか一日で6円も動くとは思わなかった。今は107円まで押し戻されたのだけど、やはり為替は難しいと思った。

2019年03月07日

【タイ】パタヤ セミリタイア生活20日目の生活費とゲストハウスの騒音問題

【パタヤ セミリタイア生活20日目の生活費】
ホテルバイキング110 水1 ホテル代169  ソンテウ20  

合計300バーツ(1014円)
1バーツ=3.38円

IMG_20190103_093847.jpg






午後4時


僕はパタヤのゲストハウス「アンナホステル」にいた。


今日はなんだかもう疲れてしまったので、シャワーでも浴びてゆっくりしようと思った。



アンナホステルではシャワー兼トイレが一つしかないので、使用中のことが本当に多かった。というのも、アンナホステルには毎日20人〜30人の宿泊客がいるので、この人数に対してシャワー兼トイレが一つだけというのも大問題だと思った。せめてトイレとシャワーが別れていれば良いのだけど、そういう訳にもいかなかった。



僕はシャワーを浴びて軽く洗濯をした。洗濯物を乾かす場所がなかったので、シングルベッドの横にある手すりにかけておいた。


それからベッドの上で軽くストレッチと筋トレをして、この旅に唯一持ってきている「深夜特急」という旅本を読むことにした。



そんなことをしていると8時過ぎになっていたので、僕はウトウトとしてきて寝る準備をしていた。


アンナホステルのシングルベッドはマットレスが二枚重ね合わせてあるので、クッション性は十分で枕もフカフカだった。



アンナホステルでは玄関を出た辺りにくつろぎスペースがあり、ここでタバコが吸える。僕はタバコの臭いが大嫌いなので行くことはなかったのだけど、このくつろぎスペースで深夜2時頃まで宿泊客が話していたので、僕のベッドの方まで話し声が聞こえてきていた。


あまりにもうるさかったので、僕は窓を閉めた。すると、話し声が急に小さくなり、僕は眠れそうだった。



アンナホステルの一階に泊まっている人は大変だと思った。一階にはトイレとキッチンがあり、二段ベッドが二台くらいあったのだけど、あれだけの話し声だ。一階に泊まっている人はなかなか眠れないと思った。



僕が泊まったシングルベッドは二階にあり、二段ベッドと30円くらいしか料金も変わらなかったので、アンナホステルではシングルベッドを予約することをオススメしている。

2019年03月03日

【タイ】パタヤ セミリタイア生活19日目の生活費を公開します

【パタヤ セミリタイア生活19日目の生活費】
ホテルバイキング110 水1 ホテル代208  ソンテウ10   

合計329バーツ(1119円)
1バーツ=3.4円

IMG_20190102_153645.jpg






久しぶりに一日の生活費が1000円を越えてしまった。


これはホテルを変えたことが原因なのだけど、個室からドミトリーへ変更したのに宿泊料金が倍以上になっているので、なんか胸の辺りがモヤモヤとする。


まあ、騒音問題がなくなっただけでも良しとするか。

2019年02月20日

【タイ】パタヤ セミリタイア生活18日目の生活費と健康はお金では買えないという話

【パタヤ セミリタイア生活18日目の生活費】
ホテルバイキング110 水1 ホテル代96 

合計207バーツ(704円)
1バーツ=3.4円

IMG_20181230_132455.jpg






パタヤでのセミリタイア生活も残り8日間となった。


はじめは「賑やかなところへ行きたい」と思ってパタヤへ来たのだけど、今では「静かな場所でぐっすりと眠りたい」という気持ちが強くなっている。


やはり僕は静かな街の方が好きだと思った。


「眠りを妨げられる」ということは「健康を損なう」ということと同意である。健康はお金では買えない。睡眠と健康はイコールであり、直結しているのだ。

2019年02月17日

パタヤ沈没生活17日目に使ったお金とタイのシャンプー事情

【パタヤ沈没生活17日目の生活費】
ホテルバイキング110 水1 ホテル代96 シャンプー30

合計237バーツ(803円)
1バーツ=3.39円

IMG_20181230_204140.jpg






シャンプーを買おうと思ってファミリーマートへ行った。今使っているシャンプーはセブンイレブンで購入して140ml39バーツ(132円)だったのだけど、ファミリーマートでは120mlのシャンプーがたったの20バーツ(68円)で販売されていた。



僕は洋服をシャンプーで手洗いをしているので、消費が結構早い。それでも140mlで20日くらいは持ちそうなので、大した経費でもないのかもしれない。



今回購入したシャンプーは20バーツのものではなく、奮発して?100ml30バーツ(102円)のものを買った。なぜこのシャンプーを購入したかというと「ベビーシャンプー」と書いてあったから。


海外の商品はどうも信用ができなかったのだけど「赤ちゃんに使うシャンプーなら大丈夫だろ」という理由で奮発?してベビーシャンプーを買った(タイの赤ちゃんはとんでもなく強いのかもしれないのだけれど)。

2019年02月11日

【タイ】パタヤ外こもり生活16日目の生活費を公開します

【パタヤ外こもり生活16日目の生活費】
ホテルバイキング110 水2 ホテル代96 

合計208バーツ(705円)
1バーツ=3.39円

IMG_20181230_140319.jpg






全く代わり映えのない生活費である。


なんかこれ、もう毎日更新する必要がないと思うのだけど「なんとなくここまで書いてきたし」という気持ちが強くてなかなか止められずにいる。

2019年01月29日

【タイ】パタヤ沈没生活13日目の生活費。プーケット島のどこに住むか考えている

【パタヤ 沈没生活13日目の生活費】
ホテルバイキング110 水1 ホテル代96 

合計207バーツ(704円)
1バーツ=3.4円

IMG_20181220_112552.jpg






相変わらずホテルの食べ放題ばかり行っている。


一回110バーツ(374円)のホテルの食べ放題なのだけど、374円ということは日本のファミリーレストランのドリンクバー並のお値段である。



栄養もしっかり摂れるし、1日1食だけで事足りてしまう。この食べ放題がなくなると思うと、居ても立ってもいられなくなる。


ホテルの食べ放題なので、一応料理の味付けはしっかりしている。タイの屋台と同レベルの味なのだけど、清潔なレストランで食べられることは値段では計り知れない。



プーケット島へ行ったら食事をどうするか考えている。1食30バーツ(102円)程度の屋台でもあれば本当に助かるのだけど、プーケット島はタイの中でも物価が一番高い場所ということで有名である。



プーケット島のどの場所で生活をするのかも迷っている。一番ゲストハウスの料金が安いのはプーケットタウンで、二番目がパトンビーチだった。他にもカタビーチやカマラビーチなどもあって、選択肢が多すぎて困っている。



「選択をする」という行為はとても刺激的なのだけど、ストレスが溜まる行為でもある。一人旅は選択の連続で、特にゲストハウスなどを転々とする生活は本当に疲れるものである。
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。