検索
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
写真ギャラリー
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
木村さんの画像
木村
転職100回、リストラ30回以上経験した30代男のセミリタイア放浪記。20代でマンション経営を経験し、Amazon転売せどりなどもやったのだけれど、ひょんなことから5000万円以上の詐欺に遭い、全財産を失った悲しい男の物語。現在は沖縄やタイ、台湾などで1ヶ月5万円以下で生活をしている。
プロフィール

広告

posted by fanblog

2019年09月21日

埼玉のシェアハウスに住む住人を匿名で紹介します

20190912_111210.jpg

シェアハウス。それは自分のように放浪生活を送るものにとって、つかの間のオアシスになる。


しかし、一緒に住んでいる住人次第では地獄と化すこともある。




さいたま市近郊に位置するシェアハウスで生活するようになって、二週間が経過した。


今は三人と暮らしているのだが、シェアハウスによくいるような住人ばかりで構成されている。



シェアハウスのオーナーの男性は小太りでコンパクトな体型の持ち主である。


人と接することが得意ではないのか、話すたびにおどおどするのが煩わしい。



今の日本では典型的な人間なのかもしれない。「コミュ障」という言葉が生まれてから、それに当てはめるように人間を分別することは望ましくないけれど、実際には当てはめてしまっているので弁解の余地もない。



オーナーは自己顕示欲、というか承認欲求が強い人間のようである。


自分はこれだけのことをしてきた、だとか、自分は選ばれるべきすごい人間だ、というような所が非常に目につき煩わしくなる。




本来、「男」という生物は、本能的にみればこのような振るまいが正しいのかもしれない。


狩猟民族として育った男は、自分がすごい、自分が一番だ、という欲求を生まれながらにして持っているものである。


そのことを隠し、自分は謙虚な人間なんだよ、という人間もみていてあまり気持ちの良いものでもない。


腹黒さ、というか人間の裏の顔というか、本質が薄っぺらな人間ほど愚かなものはない。




シェアハウスに住むもう一人の人間も中年の男である。


この人はなんというか、生命力が限りなく0に近くのだと思う。


自分のように生命力に満ちた人間から見ると、「ふぅー」と一息するだけで飛ばされてしまうようなほど生命力が感じられない。



このような生命力が限りなく0に近い人間も、シェアハウスに多くみられるタイプの人間である。


特にやりたいこともないが、特に死ぬべき理由も見つけられない。そんな人間がシェアハウスには多いように思う。



もしかしたらシェアハウスだけではなく、日本全体がこのような人間で満ちているのかもしれないけれど。




この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9209228
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。