検索
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
写真ギャラリー
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
木村さんの画像
木村
転職100回、リストラ30回以上経験した30代男のセミリタイア放浪記。20代でマンション経営を経験し、Amazon転売せどりなどもやったのだけれど、ひょんなことから5000万円以上の詐欺に遭い、全財産を失った悲しい男の物語。現在は沖縄やタイ、台湾などで1ヶ月5万円以下で生活をしている。
プロフィール

広告

posted by fanblog

2019年09月08日

徳の低い男

大阪行きの飛行機に乗っていた。


今回予約した格安航空券はスクートで、お世辞にも座席が広いとはいえなかった。

IMG_20190224_081055.jpg






僕は身長が180cmで、バスケットボールと格闘技をやっている為か、普通の人よりも足が少しだけ長かった。


スクートの座席は狭く、足を組んでしまうと前の座席に膝が当たってしまうほどだ。



飛行機が離陸し、安定飛行に入った。その時、前に座っていたおっさんが無言で座席を倒そうとしてきた。


しかし、座席は倒れなかった。そのおっさんは「なぜ倒れないのだろう」と不思議がっていたのだけど、僕の足が邪魔で倒れなかったのだろう。


それから何回かチャレンジした結果、座席が倒れてきた。座席が倒れると僕の足が痛がっていた。なぜ、座席を倒す前に一言いえないのだろうか。マナーの悪い日本人は少なくない。



僕はそのおっさんにすぐにこういった。



「いやいやいやいや、狭い狭い狭い狭い」


しかし、おっさんはなんの反応も示さなかったので僕はこういった。


「もしもーし、もしもしーし。すいません、狭いんですよ」



すると、そのおっさんは僕を睨み付けてきた。僕はそんな睨みに負けるような男ではない。今までどれだけの修羅場をくぐってきたと思っているのだ。



僕は再びこう言った。「座席が狭いのですいません」と。すると、おっさんは更に睨みを効かせてきたのだけど、僕は相変わらずヘラヘラしていた。すると、その睨みが効かないと思ったのか座席を元の位置に戻してくれた。









徳が低いなぁ。
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8589732
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。