検索
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
写真ギャラリー
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
木村さんの画像
木村
転職100回、リストラ30回以上経験した30代男のセミリタイア放浪記。20代でマンション経営を経験し、Amazon転売せどりなどもやったのだけれど、ひょんなことから5000万円以上の詐欺に遭い、全財産を失った悲しい男の物語。現在は沖縄やタイ、台湾などで1ヶ月5万円以下で生活をしている。
プロフィール
日別アーカイブ

2019年03月13日

【タイ】パタヤの「Stay INN」というゲストハウスで日本人バックパッカーと出会った話

パタヤのゲストハウス「Stay INN」はまだオープンして間もないようだった。


おかげでシャワーやトイレなどの水回りは清潔で、ベッドも十分に綺麗だった。

IMG_20190102_152951.jpg






パタヤではゲストハウスの宿泊料金が高かった。チェンマイなどでは1泊300円以下で泊まれることが多かったのだけど、パタヤでは最安値でも600円近くもしていた。



僕が宿泊している「Stay INN」はアゴダで予約をすると1泊590円くらいだった。ここからアゴダポイントとポイントサイトのライフメディアポイントが4%ずつ付くので、実質的には543円くらいで予約をすることができる(アゴダのアプリからではライフメディアのキャッシュバックが受けられないので注意が必要である。ライフメディアのキャッシュバックを受け取る為にはアプリではなく、アゴダのホームページから予約をする必要がある)。



僕は「Stay INN」に泊まった翌日、次のゲストハウス選びに迷っていた。他のゲストハウスを探しても良いのだけど、面倒なのでStay INNの宿泊を延長することにした。




午後4時


僕はホテルブッフェを食べて、パタヤビーチをぶらぶらして帰ってきた。もうなんだか疲れてしまったので、ゲストハウスに帰ってシャワーを浴びてゆっくりすることにした。



シャワーを浴びた後、屋上へ行った。屋上には洗濯機があり、無料で使うことができた(洗剤は各自で用意する必要がある。洗濯機は後ほど有料になる可能性がある)。


僕が屋上へ上がっていくと、一人の男性がパソコンをしていた。その人は日本人で、1泊目に一度僕と会っていた。


僕が軽く挨拶をすると、相手も愛想よく挨拶を返してくれる。どうやら良い人なようだ。僕たちは少しだけ話すことにした。



彼は僕と同世代の人間で、会社を辞めて旅をしているようだった。彼はとても頭がよく一流企業に勤めていたのだけれど、その会社を辞めてまでバックパッカーになる必要があった。


旅先で愛想の良い日本人と出会うと本当に嬉しくなる。時には主のような輩もいるのだけど、海外を旅する日本人は基本的に良い人が多かった。
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8442570
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック