検索
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
写真ギャラリー
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
木村さんの画像
木村
転職100回、リストラ30回以上経験した30代男のセミリタイア放浪記。20代でマンション経営を経験し、Amazon転売せどりなどもやったのだけれど、ひょんなことから5000万円以上の詐欺に遭い、全財産を失った悲しい男の物語。現在は沖縄やタイ、台湾などで1ヶ月5万円以下で生活をしている。
プロフィール
日別アーカイブ

2019年03月08日

【タイ】パタヤの一泊400バーツのゲストハウス「Stay INN」に泊まった感想

アンナホステルに泊まった翌日は「Stay INN」というゲストハウスを予約した。


「Stay INN」はアンナホステルから750mしか離れていなかった。

※「Stay INN」のGoogleマップはこちらです。

Stay Inn Hostel Pattaya
245 135 Pattaya 3rd Rd, Muang Pattaya, Amphoe Bang Lamung, Chang Wat Chon Buri 20150 タイ
+66 92 252 8106
https://goo.gl/maps/jRV5B1x4tVB2

IMG_20190103_140840.jpg






IMG_20190103_135245.jpg

僕が「Stay INN」の前で写真を撮ったりしていると、スタッフだと思われる男性が出迎えてくれた。


「Stay INN」はどうやら中華系のゲストハウスみたいで、デポジットは500バーツも取られた。さすがに今までゲストハウスでデポジットを500バーツも取られたことがなかったので、ちょっと不安になった。なにかそそを侵したら、この500バーツのデポジットは回収されてしまうのだろうか。


僕はそんなことを思いながらもチェックインを済まし、二階の部屋へと案内されることになった。


「Stay INN」の室内はかなり清潔だったのだけど、なぜか「ドリアン」の臭いがして臭かった。二階の部屋はカプセル型のドミトリーとなっていて、20人くらいが泊まっていた。

IMG_20190103_142101.jpg

「Stay INN」ではロッカーもあったのだけど、鍵をかける為には「南京錠」が必要だった。

IMG_20190103_140849.jpg

各階にはトイレとシャワー室が3ヶ所ずつあり、こちらも清潔を保たれていた。シャワーはもちろん温水が出て水圧も強く、トイレには必要十分な紙があった。

IMG_20190103_140903.jpg

IMG_20190103_140912.jpg

「Stay INN」ではエアコンも付いていて、そこまで寒くない設定温度が保たれていた。



ベッドもなかなか清潔だったのだけど、こちらはアンナホステルに軍配が上がった。アンナホステルでは「Stay INN」のマットレスが二枚、重ね合わせてあり、清潔さでもアンナホステルの方が良かった。


それでも汚いという訳ではなかった。潔癖症の僕でも十分眠れるレベルだった。



「Stay INN」はagodaで予約をすると一泊165バーツ(558円)ほどだったのだけど、直接現金で支払いをすると、400バーツ(1352円)も取られてしまうので注意が必要だった。



「Stay INN」では屋上にテーブルと椅子があり、物干し竿やハンガーも設置されていた。こういう細かな気遣いが嬉しかった。



でも、「Stay INN」で一番の問題は「Wi-Fiが繋がらない」ということだった。僕がWi-Fiを接続しようとすると「ネットワークが拒否されました」という表示が出てしまい、それから全く繋がらなかった。


スタッフに聞いても原因がよくわからないみたいで、僕は途方に暮れることになった。



そんな時に一人の日本人と出会った。その男性はこの「Stay INN」に一週間ほど泊まっており、詳しそうだったのでWi-Fi事情を聞いてみると「Wi-Fiは屋上では繋がった」と言っていた。

IMG_20190103_174645.jpg

僕は早速屋上に行ってWi-Fiを接続してみた。最初は屋上でも繋がらなかったのだけど、10分くらいしてからようやく繋がった。


でも屋上でインターネットをやる一番のデメリットは「蚊が多い」ということだった。僕は嫌気が指して二階へ戻ってきたのだけど、二階ではWi-Fiが当たり前のように繋がらなかった。

※その後、受付でWi-Fiのモデムかルーターのリセットをしてもらったら無事に繋がりました。責任者だと思われる中国人の男性はとても丁寧で信頼のできる人でした。
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8439717
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック