<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2015年10月01日

スポーツ庁が発足

本日より文部科学省の外局として、国のスポーツ施策を総合的に推進するスポーツ庁が発足した。

初代長官にはソウルオリンピック金メダリストの鈴木大地氏が就任した。

スポーツ庁.jpg

ここに至までの経緯としては、

2011年6月にスポーツ施策の推進を「国の責務」としたスポーツ基本法が成立し、

付則にスポーツ庁設置の検討が盛り込まれた。

2013年9月に東京オリンピック・パラリンピックの開催が決まり設置への動きが加速し、

今年5月の関連法成立で新設が決まった。

教育政策の一環との位置付けだったスポーツ行政は大きな転換期を迎え、

今後は国家戦略として推進されることが期待される。
posted by seminar1 at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題

2015年09月30日

福山雅治さん結婚

福山雅治さん結婚のニュースが日本中を駆け巡った。

TVのワイドショーでは、女性たちのショックだという声を大々的に伝えている。

「福山はみんなのものですから・・・」って?!

確かに爺の昔を振り返れば、歌手の南沙織さんが結婚したときのショックは大きかったような気がする。

当時の感情を分析すると、そもそも自分の所有物でもなんでもないのに、

彼女を横取りされた悔しさだったのかもしれない。

ま、この福山ショックは、受験生の皆さまにはあまり関係のないことかもしれないので

(20代以上の女性からかな?)

これを機に受験勉強に励みましょう・・・という言葉は適切ではないだろう。

受験生には受験生の精神的支えは別に持って頑張って欲しいものですね。


(追記)結婚して所属事務所の株価を下げてしまい、
    なぜか福山通運の株価を上げるって・・・彼はやっぱりタダものじゃない
タグ:福山雅治
posted by seminar1 at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題

2015年09月29日

外国人なのに ラグビー日本代表って??

10日ほど前のラグビー日本代表、歴史的快挙!
このニュースがマスコミはもちろんのこと、ネットでも大騒ぎになっていますよね

ところで、
ラグビーの日本代表
外国人っぽい人が多いけどそれっていいの??
ということで、いろいろ調べてみました。

ウィキペディアによる「ナショナルチーム」とは?
基本的に各競技連盟によって結成されるが、
IOC(国際オリンピック委員会)のルールとしては、 原則として当該国の国籍を持ち、かつ3年以上在住している選手に代表資格が有る。

だそうです。バレーボールなどは、このルールに準じているとのこと。

しかし、ラグビーだけはちょっと特別で、(非オリンピック種目だからかな?)
以下の条件のうち少なくとも1つを満たす人が代表資格を持つことになるそうです。

(1)その国・地域で出生したこと。
(2)両親および祖父母のうち少なくとも1人が、その国・地域で出生したこと。
(3)その国・地域に36か月以上継続して居住しつづけていること。

以上のルールがあるために、今回のワールドカップにも11人の外国人的な人が日本代表として選ばれているということになります。
高校に留学生として入学すれば、卒業で3年継続ということになりますしね。

ちなみに、現在ワールドカップ予選が行われているサッカーでは、原則として当該国の国籍を持ち、かつ他国の代表歴のない選手に代表資格が有るとのことで、昔のラモス選手のような帰化した人でないと日本代表には選ばれないですよね。

さて、この外国人選手が多いということで、それに対する意見も様々あるようですが、魂は日本人!
日本の為に闘うという姿を見ると、それはそれでも良いのではと思いますね。

試合前の「君が代」もほとんどの人がしっかり歌っているようですし、見た目は違っていても、中身は日本人という人ばかりなのではないでしょうか?

サッカーでもラモスや三都主、トゥーリオ、みんな素晴らしい日本代表でしたよね。

ということで、
ラグビー日本代表に外国人選手が多いとはいえ、
それは正に日本代表なのだからみんなで応援しましょう!!
posted by seminar1 at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題

2ヶ月ほどお休みさせていただきましたが・・・

この2ヶ月、身内から始まり同期生・先輩・後輩と相次いで不幸事が重なりまして・・・

また今週から、心機一転、投稿させていただきますので、よろしくお願い申し上げます。
posted by seminar1 at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題

2015年07月27日

小型機墜落 飛行場隣接「心配が現実に」

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6168478
調布飛行場は南東で住宅街と接しており、過去にも近隣で墜落事故が起きていた。危険性や騒音を訴えてきた住民からは「心配してきた事態が現実のものになった」との声が上がった。

調布で墜落事故と第一報があったとき、まずは孫が近くに住んでいるので連絡したしだいです。

一駅離れているので、幸いにも特に何事も無かったように『部屋で遊んでいたよ!』っていう声を聞き安心した次第です。

ワイドショーではサッカー少年を撮ったビデオに映り込んだ飛行機を何度も繰り返し放送でいますが、

亡くなった方々のことを思うと直視していられなく、TVのスイッチを切ったほどです。

特に部屋でごく普通に過ごしていた方々にとっては、かける言葉も見当たりません。

ご冥福をお祈りするばかりです。
posted by seminar1 at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題

2015年07月20日

新国立競技場の見直し

下村大臣がFacebookで新国立競技場の見直しのことを記していました。

実は1カ月ほど前から、極秘でいろいろな見直しを検討をしていました・・・とのこと。

そりゃそうでしょうよね、あのまま行ったらそれこそ政権も危うかったろうに。。。

20150720shimomura.jpg
posted by seminar1 at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題

東京オリンピック開幕まで5年!

爺の地元新聞にこんな図が掲載されました。
 
20150720tokyo.jpg

新国立競技場問題の責任を追及する動きもありますが、見直しを発表した安倍首相が責任者であることは間違いありません。

これから残された日々の中で、いかに国民も納得のいくものが造られていくのか注目です。

それと、日本スポーツ振興センンター(JSC)という組織も、財源のサッカーくじを運営しているわけですが、その目的は法律によって次のように定められています。

「スポーツの振興と児童生徒等の健康の保持増進を図るため、その設置するスポーツ施設の適切かつ効率的な運営、スポーツの振興のために必要な援助、学校の管理下における児童生徒等の災害に関する必要な給付その他スポーツ及び児童生徒等の健康の保持増進に関する調査研究並びに資料の収集及び提供等を行い、もって国民の心身の健全な発達に寄与すること」

スポーツの振興と児童生徒等の健康の保持増進を図るためtotoの助成金も使われているわけです。

このtotoの助成金を申請したことのある団体の人はよく知っていますが、
それはそれは厳しい書類審査やその後の審査があり、爺が関係した数年前の時にはこれでもかというチェックが入るそれはそれはキビシイものでした。

そんなJSCなのに、なんで今回こんな騒動になってしまったのか・・・という憤りもありますが、今後の成り行きを静観してみたいと思います。

それとも、今回toto助成の二次募集が今月末までされているようですので、申請してJSCの担当者に質問してみましょうかね?!

70数万円でこんなにキビシイのに、2520億円はどういうこと? って。。。

posted by seminar1 at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題

2015年07月17日

新国立競技場 安倍首相「計画を白紙に戻す」

20150717abe.jpg

安倍総理大臣は、総理大臣官邸で記者団に対し、東京オリンピック・パラリンピックのメインスタジアムとなる新しい国立競技場の建設費が膨らんだことに対する批判が強まっていることを踏まえ、「計画を白紙に戻す」と述べ、計画をゼロベースで見直す方針を表明しました。

爺が思うに、安保法制改正案の強行採決があり、国民の批難の声が多数上がっているのにこのまま計画を進めていくのは無理があると判断した結果でしょう。

「オリンピック組織委員会の森会長の了解もいただいた。ラグビーワールドカップには、残念ながら間に合わせることはできないし、会場として使うことはできないが、今後とも、ラグビーワールドカップに国としてしっかりと支援していくその考えに変わりはない」と述べたそうですが・・・

森さんが了解したというのは??? なにかしら政治的な取引のようなものがあったのではないでしょうか。
そもそも2500億もの税金が無駄使いされるという批判が多かったのですが、なにもそれだけのお金を捨ててしまうわけではないわけで、建設費はいわゆるゼネコンに渡るわけでそこで雇用や経済の循環があるのではないでしょうか。
爺はこれまでの計画を進めていくことに賛成なのではなくて、これまでのいきさつを考えると、だれが責任を取るのかがハッキリせずに、それぞれが責任のなすりあいのような状況であることが一番問題かと思うのです。

その意味では、今日のこの首相の発言は日本国の責任者として当然のことであり、(いまさらという感もあるけれど)今後の推移を見守りたいと思います。

世論の声が届いたということで、安保法制改正にも影響するのかどうか注目していきたいと思います。
posted by seminar1 at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題

2015年07月16日

衆院の特別委員会で安全保障関連法案は与党単独で可決された

法案に反対する野党は「強行採決は暴挙」と批判している。
しかし、衆院での法案審議は一定時間されて、外部有識者の意見を聴くなどの手続きも踏んでおり、採決は妥当なものだとの意見もある。

維新からの対案は極めて遅いタイミングで提出され、他の野党はその対案さえ出せなかった。
ただただ反対とだけ言ってもいかがなものか。
何よりも「戦争法案」とレッテルを貼り、「徴兵制の復活」といった法案と直接関係のない主張を前面に押し出すだけでは平行線をたどるだけであろう。

審議を経た法案について賛否の結論を出すのは国会の基本的な役割であり、昨日のプラカードを掲げる暴挙ともいえる姿は、我々国民の代弁者としてはこれまたいかがなものかと思う次第である。

新国立競技場問題もあり、なにか見えざる手が動いているように思えるのは爺の考えすぎであろうか。。。
続きを読む...
posted by seminar1 at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題

2015年07月13日

ユーロ圏首脳が合意したギリシャ新支援への条件

ユーロ圏首脳会議での第3次ギリシャ支援に向けた合意事項の要旨。
◎ギリシャは2016年3月以降も国際通貨基金(IMF)支援を要請へ。
◎ギリシャは7月15日までに以下の施策を可決。付加価値税(VAT)率の簡素化、広範な課税、年金削減、国家統計局の独立。
 などなど

爺の直観的には、ユーロ分裂は回避されたと思うけど、
まだまだあちこちいろいろな影響があるはず。
かといって、われわれ日本人の庶民には直接的なものは少ないかな?
この話題よりも、安倍首相の安保法制の方が問題でしょう!
なにせ明後日にも採決か・・・
ここ数日の動きには目が離せない

posted by seminar1 at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題
プロフィール
seminar1さんの画像
seminar1
長いこと教育界に住んでいる爺です。 還暦を過ぎ、ここらでちょいとゆっくりしたいと思ってます。
プロフィール
リンク集
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。