ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
最新記事

徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 (月刊Hanada双書)
リンク集

マスコミはなぜここまで反日なのか 日本覚醒の桎梏! [ ケント・ギルバート ]
ファン
カテゴリーアーカイブ
映画(3)
国際(50)
地方(4)
(26)
国政(12)
日本(23)
プロフィール
最新コメント
タグクラウド
月別アーカイブ
検索
写真ギャラリー

2017年11月14日

トランプ大統領とハグした元慰安婦。実はアメリカを罵っていた

トランプ氏とハグした元慰安婦の女性、5月の反米デモで”ヘイトスピーチ”の形跡

ドナルド・トランプ米大統領(71)を招いて11月7日に韓国・青瓦台(チョンワデ、大統領官邸)で開かれた歓迎夕食会。その中でトランプは元慰安婦の女性と抱擁したことが日本国内でも話題となった。しかし、数日が経過し、ネット上で女性の素性が明らかになり、新たな驚きが広がっている。

「女性は元慰安婦とされる李容洙(イ・ヨンス)さん(88)です。日韓の視聴者が複雑な思いで見守る中、トランプ氏の前に歩み出てハグしましたが、そのわずか6ヶ月前には反米ミサイルデモに参加し、『アメリカの野郎』と声を荒げていた時の写真が出てきて、SNSでは3000人以上の人がリツイートするなど話題騒然です」

トランプ大統領が韓国訪問した際に

元慰安婦の李容洙(イ・ヨンス)という
88歳の女性が晩餐会に招かれ
トランプ大統領とハグしたわけですが

その元慰安婦の李容洙(イ・ヨンス)さんが
わずか半年前に反米デモに参加し
アメリカを口汚く罵っていた映像が
明らかになり、話題になっています。

記事だけなら、間違いだと言い張れますが
映像まで残っているのでは誤魔化しがきかないですね。


歴史の偽造!朝日新聞と「従軍慰安婦」【WiLL増刊】【電子書籍】[ ワック編集部 ]


本来なら、こういう反米思想を持っている人物を

晩餐会に呼べばアメリカ大統領の身に
危険が及ぶ可能性がありますから
晩餐会に招待するなど、ましてハグさせるなど

ありえないのではないかと思うのですが
韓国政府はどういう判断で
李容洙(イ・ヨンス)さんを招待して
トランプ大統領にハグまで許したのでしょうか。


sac taske (サク タスケ) リアル 首枕 おもしろ ネックピロー 3D クッション お昼寝 (ぷりぷり 甘エビ)


韓国政府が反日であるという態度を韓国の

国内向けにPRしたいがあまり
李容洙(イ・ヨンス)さんが

どんな思想で、どういうデモに参加して
発言はどのような物であったのか
把握していなかったのでしょうか?

把握していなかったのだとすれば
仮にも一国の政府として、あまりにも
お粗末としか言いようがありません。


日中開戦2018 朝鮮半島の先にある危機 [ 渡邉哲也 ]


また、李容洙(イ・ヨンス)さんは

元慰安婦であると言っていますが

李容洙(イ・ヨンス)さんの
証言は二転三転し、年齢と時代背景が
食い違うなど証言の信憑性が
乏しいのではないかと指摘されている模様です。


中国と韓国は息を吐くように嘘をつく [ 高山正之 ]


韓国政府としても、李容洙(イ・ヨンス)さんにしても

トランプ大統領を利用することで
従軍慰安婦で日本の評判を落とし、
日本に国際世論の非難を向けさせたい。

あわよくば、再び日本から謝罪と賠償金を
ふんだくろうという思惑があったのでしょうが

余計なことをしたせいで自分で
自分の首を絞める状態となったようですね。


徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 (月刊Hanada双書)


にほんブログ村 株ブログへ
 






ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
posted by リコ at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6968150
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック