広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

オールドドメインが欲しい!?

なんとなく、オールドドメインが欲しくなり始めました。
なので、オールドドメインの見つけ方をまとめています。

ググってみると正解っぽいサイトを見つけました。

無料で取得する方法


無料、自力で期限が切れたドメインを取得する方法が明確に記載されているサイトはこちらです。
オールド(中古)ドメインとは|無料取得方法からチェックの仕方まで!
www.peko.co.jp/seo/domain-seo/domain-used


かなり有益な情報にアクセスできました。

その名の通りのExpired Domainsなどで
https://www.expireddomains.net

期限切れのドメインを探して、お名前.comだったり、バリュードメインだったり、ムームードメインだったり、使い慣れたところで期限切れのドメインを取る!という方法です。

ただ、オールドドメイン=優良ドメインではなく、
良質なオールドドメインであるかどうかを見極める必要があるようです。
ある程度良質なのかどうかを見極める方法も、「オールド(中古)ドメインとは|無料取得方法からチェックの仕方まで!」に明記されています。

実践 Expired Domains


アクセスすると、昨日(おそらく米国時間)切れたドメインの一覧がcomやらnetやらbizなどの単位で確認することができます。

じっくり、眺めながら、「オールド(中古)ドメインとは|無料取得方法からチェックの仕方まで!」の方法でチェックしてみると・・・


良質な感じのドメインはすでに取得済み!でした。

競争が激しすぎる予感しかしません・・・


いろいろ調べてみると、オールドドメインが切れる情報を取得するようなツールも売られているようです。
(俗に言われている情報商材ってやつ)



オールドドメインの期限切れを狙うツールは、かなり限定的なので、再現性がありそうです。
つまり、購入者が同じようなことができてしまうので、枯渇しやすい状況になっていると予測されます。



無料は手間がかかる、チャンスを逃すな!


もし、オールドドメインのリストを売ってくれるような情報に出会えたら、
価格を確認した上で、出せる金額なら購入しておきましょう。


やってみてわかったんですが、
無料の手段は、手間がかかり上、競合が多すぎます。



レジストラー系で販売されているオールドドメインは、1件あたり2000円以上、数万だったりします。

手間を考えると安いのかもしれませんね・・・

重要なのでもう一度、もし、オールドドメインのリストを売ってくれるような情報に出会えたら、
価格を確認した上で、出せる金額なら購入しておきましょう。











意外と簡単?ペナルティサイトの判定法


オールドドメインは前オーナーの状態を引き継げるメリットがあります。
これは、とってもいい状態を引き継げるので、とってもいいんです。
でも、とっても悪い状態も同じように引き継げてしまうので、とっても悪いんです。

=>つまり、博打的な要素があります。

ネットの情報を見るとグーグルにペナルティを受けていたかどうかは、
実際登録するまでわからないような情報ばかりでした。


ふと、ものすごく簡単な方法で判別可能なことに気づきました。


多分、これって知らない人が多いと思うんです。


実際に実践してみて、確証が得れたら!

次回をお楽しみに!^^
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。