広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

エックスサーバーでValidate AMP環境を整える(node-v6.11.0のインストールからamphtml-validatorを実行するまで)

今回は、エックスサーバー(X10)を使ってValidate AMP環境を整える手順のご紹介です。
Validate AMP環境は、npmを使います。エックスサーバーにnpm、node環境も一緒に構築しています。

nodeのバージョンは、v6.11.0です。

エックスサーバーにnode、npmをインストールする


エックスサーバーのgcc、g++のバージョンは、4.1.2と古いです。古すぎるため、node-v6.11.0のソースコードからコンパルすることができません。

エックスサーバーはLinuxを採用しています。
そのため、gccが古くても、直接バイナリーを入手することで対応可能です。

linux 64bitバイナリー版を入手し、手動で展開します。

展開後のイメージは、
~/local/bin/node
~/local/bin/npm
~/local/include/node/
~/local/lib/node_modules/
です。

ご自身の環境に合わせて、~/localを変更してください。


続きはこちら>>>
posted by scripts at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | node.js

node.js v0.12.0 インストール レンタルサーバー さくらスタンダード編

サーバーサイド javascriptの代名詞ともいえるnode.js、せっかくならインターネット側で動作させてみたくなります。

さくらインターネットのスタンダードプランは、
月額515円で、100Gバイトの容量が使えます。

また、なんといってもシェルログインが可能なのが魅力です。

契約時に割り当てられるサーバーの一例として
 OS:FreeBSD 9.x (amd64)、CPU:Intel Xeon E321xx、MEM:18GB
というようなスペックになります。


シェルログインが可能なホスティングサービスとしては、エックスサーバーなどもあります。

シェルでログインが可能といっても、ルート権限が付与されるわけではありません。
あくまで割り当てられたフォルダ内に関する権限にとどまります。

ログインするために・・・ssh環境を整える


Windows7, Windows8/8.1などのPCを利用している場合は、TeraTermやPuttyなどをインストールします。
これでsshでログインするための環境が手に入ります。
FFFTP、WinSCP、Puttyなどをインストールしておくことで、さらに使い勝手がよくなります。

操作する対象は、FreeBSD、UnixOSです。ある程度Unixに関する知識が必要となります。
知識が増してくると、TeraTermだけでは少し役不足というシーンも多々でてきます。

そう感じたら・・・
VirtualBoxなどの仮想環境でFreeBSD/Linuxなどをインストールする、
Cygwin/CoLinuxなどWindowsネイティブ環境で動作するUnix環境をインストールする
などの方法があります。

ここではMac OS 10.10.2を使って説明しています。

ここで利用したコマンド


  • wget

    インターネット上のファイルをダウンロードするコマンド


  • vi

    ファイル編集コマンド


  • ./configure

    環境に合わせたメイクファイルの作成


  • tar

    tar形式のアーカイブファイルの解凍、作成コマンド





ログインする


ターミナルソフトを起動します。以下コマンドでログインできます。
$ ssh [ユーザ名]@[ユーザ名].sakura.ne.jp

[ユーザ名]は契約時に指定したアカウントです。

node.js v0.12.0 をさくらスタンダードにインストール


2015/3/9時点で最新のnode.jsをインストールします。(若干はまりどころがあります)

node.js 0.12.0 https://github.com/joyent/node/wiki

local/srcフォルダにnode.jsのソースファイルをダウンロードします。



$ cd ~/
$ mkdir -p local/src
$ cd local/src

$ wget http://nodejs.org/dist/v0.12.0/node-v0.12.0.tar.gz

https://nodejs.org/download/を確認して最新版のURLを取得してください。

node-v0.12.0の解凍


ダウンロードしたnode-v0.12.0.tar.gzを~/local/src/に展開します。
$ pwd
/home/[ユーザ名]/local/src
$ tar xvzf node-v0.12.0.tar.gz

$ cd node-v0.12.0

configureの実行


node.jsのメイクファイルを作成します。
$ pwd
/home/[ユーザ名]/local/src/node-v0.12.0

$ ./configure --with-intl=small-icu --download=all --prefix=$HOME/local

このままコンパイルすると幾つかエラーが発生します。

コンパイルエラーを回避するために手を加えていきます。
exeinfo.h No such file or directoryを回避する
posted by scripts at 14:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | node.js
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。