格安(千円未満)のSSDプランがあるVPS一覧とプラン【さくらVPS・ConoHa VPS・mixhost VPS】比較

SSDを採用しているVPSを契約しようと検討しています。その最中に集めている情報をまとめています。ここでは2020年7月時点のSSDを採用した国内VPSの一覧がわかります。利用予定のOSはUnixであれば何でもいいと考えているのでWindowsサーバー対応の有無は詳しく調べていません。Windows Serverが使えるVPSはこちらにまとめています。



1000円未満のプランがあるSSD VPSの一覧


1000円未満のプランがある、SSDが選べるVPSを一覧にまとめています。料金カウント、データ転送量の上限、インターネット[バックボーンの速度]、初期費用無料、仮想化技術、最安プランがわかります。
さくらのVPSConoHa VPSmixhost VPSABLENET VPSWebARENA VPSWebARENA IndigoGMOクラウドVPSKAGOYA CLOUD Open VZKAGOYA CLOUD KVM
料金カウント月額1時間単位 or 月額年払い料金カウント年払い・半年払い月額1時間単位料金カウント月額月額1日単位料金カウント
データ転送量無制限無制限1TB(継続的に超過する場合は上位プランへ)データ転送量無制限制限なし制限なしデータ転送量無制限無制限無制限データ転送量
インターネット100Mbps100Mbps1Gbpsインターネット200Mbps100Mbps100Mbpsインターネット100Mbps明記なし明記なしインターネット
初期費用無料初期費用無料1500円〜初期費用無料4000円〜初期費用無料
IPv61個17個なしIPv665536個なしなしIPv6なしなしなしIPv6
仮想化技術KVMOpenStack+KVMKVM仮想化技術KVMKVM(6G SSDのみVZ)KVM仮想化技術KVMOpen VZKVM仮想化技術
最安プラン月額512MB SSD25GB585円512MB SSD25GB月額:620円時間:1.0円1GB SSD50GB月額:825円相当最安プラン月額1.5GB SSD40GB月額:934円相当1GB SSD20GB月額:360円1GB SSD20GB月額:349円時間:0.55円最安プラン月額1GB SSD50GB月額:780円1GB(最大2GB) SSD80GB月額:880円1GB SSD20GB月額:660円最安プラン月額

1時間単位 or 月額:実利用時間が低い方で料金が確定します。*明記なし:公式サイトの機能ページ等で該当情報を見つけることができませんでした。ひょっとしたら別ページで明記されているかもしれません。*IPv6:契約で配布されるIPv6アドレスの個数です。このアドレスがあれば外部からIPv6でアクセス可能です。



VPSに求める条件


今回はWebサーバー等の利用目的ではありません。データの収集、集計、加工処理を目的としています。使ってみて満足できなかった場合はやめようと思っているのでスケールアップは必要ないです。
スケールアップはサーバーのスペックが足りなくなったとき上位プラン等へ切り替える・変更できる機能です。
【条件1】月額は最大1,000円程度
電気代換算すると6000円でもいいんです。300W電源のデスクトップPCだと1時間あたり約8.1円の電気代です。
1ヶ月(30日)連続運転で5,832円かかる計算になります。

さらに24時間動かしていても熱暴走の心配がありません
PCやノートPCでできる処理なのですが、やっぱり24時間運用となると排熱の問題、電気代の問題、特に心配なのがほこり+熱暴走等による発火ですね。

でも安いプランでコスパの良いVPSを選びたいので最大1,000円程度(Xserverと同額)にしています。

【条件2】ストレージはSSD採用
処理する際、HDDより、SSDの方が圧倒的に高速です。HDDには戻れません。

【条件3】仮想コア数は2以上
レンタルサーバーは高性能なコアを共用して利用しています。VPSは割り当てられた仮想的なコアでOS、Database、処理、全てをまかなう必要があります。仮想的に占有できるメリットはありますがレンタルサーバーと比べてしまうとパフォーマンスはだだ下がりと思っています。
1つのコアでは時間がかかりすぎるかもしれない、2つでも足りない、でもコア数増えると高くなるので妥協しています(笑顔)。
専用で使えるメモリはあればあるだけ速いのは明確な事実です。でもこれもコスト見合いです。1GB〜2GBあたりを狙いたいです。

【条件4】初期費用無料
初期費用は0円、無料がいいです。
ABLENET VPS、GMOクラウドVPSはこの条件にマッチしませんでした。

【条件5】出来ればIPv6対応
VPSを契約すると1つのIPv4アドレスがついてきます。IPv6アドレスも一緒に付与してくれるところもあるようなので、これまでの条件に合えば、IPv6対応のポイントは高いです。

【条件6】データ転送量 200GB/月 以上
データ転送量は無制限?それとも上限ありを選ぶ?
最大で必要となるデータ転送量を想定しています。
・WebAPIでデータを収集する部分があります。1分間に必要な転送容量:2Mbyteと想定しました。
=>2.8Gbyte/日
・加工したデータを別サーバへ配信する必要があります。1時間に100Mbyteを転送する想定にしています。
=>2.4Gbyte/日
161.2Gbyteの転送量が必要です。200GB以上のデータ転送量が可能なVPSを選びたいと思います。
今回ほぼ全てのVPSで転送量無制限が明記されていました。

1000円程度、SSD、仮想コア数2以上、メモリ1GB以上のVPSプランの比較


さくらのVPS、ConoHa VPS、mixhost VPS、WebARENA VPS、WebARENA IndigoのVPSから上記条件にマッチするプランを一覧にしています。

さくらのVPSConoHa VPSmixhost VPSWebARENA VPSWebARENA IndigoKAGOYA CLOUD Open VZKAGOYA CLOUD KVM
月額800円〜880円 or 時間x1.5円825円720円699円 or 時間x1.1円880円979円月額
仮想コア数2Core2Core2Core2Core2Core3Core2Core仮想コア数
メモリ1GB1GB1GB2GB2GB1GB(最大2GB)2GBメモリ
SSD容量50GB100GB50GB30GB40GB80GB30GBSSD容量
ポイントIPv6対応お試し2週間IPv6対応1Gbpsの高速回線10日間返金補償ポイント
注意点お試しなし年払い、IPv6非対応お試しなし、IPv6非対応お試しなし、IPv6非対応お試しなし、IPv6非対応、インターネット速度非公開注意点

KAGOYA CLOUDのOpen VZが飛び抜けている感じです。KAGOYA:Open VZとKVMの比較をみて、VPS初心者はKVMを選んだ方が良さそうだと感じています。


どれもいい感じで、比べてみると決定打にかける感じでした。1000円未満で契約できるSSD採用VPSは選択肢多いということがわかりました。


深堀して候補をさらに絞り込みました。データセンターは近め?


BCPを考慮している訳ではありません。ネットワークの距離が物理的に近いところのデータセンターなのか?という視点でチェックしました。
さくらのVPSは北海道(石狩)、大阪、東京から選べます。ただ月額が石狩:800円、大阪:850円、東京:900円と異なります。
ConoHa VPSは、東京、シンガポールが選べます。mixhost VPSは東京のみ。WebARENA VPS/Indigo、KAGOYA CLOUDはよくわかりませんでした。


私は関東圏ですので「東京」と明記してある「さくらのVPS」、「ConoHa VPS」、「mixhost VPS」から選ぶことにしました。


「さくらのVPS」、「ConoHa VPS」、「mixhost VPS」 プランの比較


さくらのVPSConoHa VPSmixhost VPS
月額900円880円 or 時間x1.5円825円月額
仮想コア数2Core2Core2Core仮想コア数
メモリ1GB1GB1GBメモリ
SSD容量50GB100GB50GBSSD容量
リージョン東京、大阪、石狩東京、シンガポール東京リージョン
ポイントIPv6対応お試し2週間IPv6対応1Gbpsの高速回線10日間返金補償ポイント
注意点お試しなし年払い、IPv6非対応注意点

月額が一番安いのはmmixhost VPSでした。SSDの容量がもっとも多いのは100GBのConoHa VPSです。


性能評価を短期間でする場合、さくらのVPSは「2週間」(無料)、ConoHa VPSは時間単価の実費確定、mixhost VPSは「10日間」(契約を停止した上でサポートに電話連絡後、返金)と言った感じです。さくら以外はクレジット支払いが発生しますね。



各プランのスケールアップ(ワンランク上のプラン)は以下のようになります。個人的にはスケールアップの予定はありません。


さくらのVPS

月額900円2コアメモリ1GBSSD50GB月額1780円3コアメモリ2GBSSD100GB

ConoHa VPS

月額880円 or 時間x1.5円2コアメモリ1GBSSD100GB月額1680円 or 時間x3.0円3コアメモリ2GBSSD100GB

mixhost VPS

月額825円2コアメモリ1GBSSD50GB転送量目安1TB月額1632円3コアメモリ2GBSSD80GB転送量目安2TB

「さくらのVPS」、「ConoHa VPS」、「mixhost VPS」 特徴の比較


「さくらのVPS」、「ConoHa VPS」、「mixhost VPS」 各公式に記載されている特徴を比較しています。


さくらのVPSConoHa VPSmixhost VPS
特徴コントロールパネルローカルネットワークOSラインナップスタートアップスクリプトパケットフィルタ機能豊富なSSDプラン安心の運用体制ハイブリッド接続スケールアップ追加ストレージ(NFS)簡単に使える超高速VPS直感的に使えるコントロールパネル種類豊富なテンプレートKUSANAGI簡単導入ゲームのマルチプレイがすぐに楽しめるSSD標準、超高速VPS迅速なスケールスマホアプリでより簡単に最高のパフォーマンス高速ネットワークDDoS攻撃保護コントロールパネル隠れた料金なし豊富なOSラインナップ稼働率99.99%保証簡単スケールアップ特徴

さくらのVPSとConoHa VPSはKUSANAGI環境のテンプレートが用意されています。最速Wordpress基準の場合、さくらのVPSとConoHa VPSから選ぶのが良さそうです


「高速」であることを特徴に入れ込んでいるのは「ConoHa VPS」、「mixhost VPS」です。今回この2つに絞り込みました。


「ConoHa VPS」はIPv6アドレスを利用することができます。SSD容量100GBですが、ネットワークは100Mbpsです。


「mixhost VPS」は2020年1月に開始した比較的新しいサービスで、Intel Xeon採用、高速なピュアSSD RAID10構成と言ったハードウェア面の充実が伺えます。
SSD容量50GBです。ネットワークは1Gbpsです。


「ConoHa VPS」と「mixhost VPS」どっちがいい?ピュアSSDのmixhost VPSに決めました。


メモリはどちらも1GBプランで考えています。通常スワップファイルと呼ばれるストレージ上の領域をメモリとして扱う機能があります。ストレージ性能が重要になってくることからmixhost VPSを選びました。


=>mixhostのVPS


まとめ


初めはAWSデビュー、Google Cloudも検討しましたが、VPSの方が断然お得でした。
2020年7月2日時点でレンタルしているレンタルサーバーはさくらとXserverです。どちらもSSD容量がたっぷり+速いので満足しています。

さらにVPSを契約するかと思い立ったのは、計画的な移行のためです。

スケジュールでWeb APIでデータを集め、集計、加工というような処理を行なっています。現在この処理がレンタルサーバーに密接しすぎているため、新しいサーバーへ簡単に移行できない要因の一つになっています。またスケジュール[Cron]で実行する関係で実行する間隔が空いてしまいます。

VPS側で24時間365日処理を行いつつ、加工済みデータを各レンタルサーバーへ配信すればいいのでは?と考えました。

さくらInternetのレンタルサーバーで動作させるCronは登録できるスケジュールに制限があります。実行時間の制限はありません。
Xserverのレンタルサーバーで動作させるCronは登録できるスケジュールの制限はありません。実行時間の制限(CPU利用時間30秒/回)があります。CPU利用時間が30秒なので例えば、Web APIへ要求して、応答が返ってくるまでの間はCPUを使っていないので秒数は増えません。集計や加工がない状態ならCPU利用時間30秒は結構余裕がある数値です。

 

↓↓レンタルサーバーのオススメはコレ!↓↓

 

 

posted by scripts at 15:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | VPS
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9992762
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ