広告


この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。

新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。

posted by fanblog

町田美容室ヘアスタイル 農業:町田で11人、開始 市の研修終え遊休地を活用 「売れるものを」

町田市の農業研修を3月に修了した11人が農業グループ「まちだ里山農(みのり)の会」を結成し、市内で農業を始めた。4月から始まった市の「遊休地あっせん事業」を活用。会長の久米征雄さん(67)は「自分たちの作った野菜や果物を『地産地消』で地元の人たちが食べて喜んでくれればうれしい」と期待している。
 市の農業研修事業は10年4月に開講。久米さんは60歳で銀行を退職後、FM放送会社などで働き、65歳で退く際にチラシを見て応募した。副会長の前田勝啓さん(61)は建築会社に勤めていたが、定年を前にした59歳で応募したという。
 毎週土曜にあった研修で、農家からクワの使い方など初歩から教わった。一人60平方メートルの農地をあてがわれ、実際に季節の作物を育てた。「土いじりをしていると会社の人間関係も気にならず無心になれる」と前田さん。久米さんは「行員時代は不良債権処理にも関わり仕事優先だったが、この研修で地域の仲間ができた」と喜ぶ。
 開講時13人だった1期生は転勤などで修了時は11人に。40代の会社員から70代まで幅があり、主婦もいる。3月の修了前、市の仲介で農家の遊休地を安く借りられることを知り応募したという。久米さんと前田さん名義で市内の4カ所計約3600平方メートルを年3万6000円で借りた。
 少し手をかければ野菜栽培が可能な平らな土地もあるが、クリの木を伐採し根の処理が必要な荒れ地もある。それでも「やればやるだけ結果が見えるのが面白い」と前田さん。久米さんは「遊休地に手を入れることで、里山保全や景観保護に役立てば」と語る。
 肥料代や農機具のレンタル代など費用は11人で分担し、土曜を中心にメンバーが都合のよい時に農作業に精を出す。順調なら7月ごろにはスイカやトウモロコシを出荷できそうだといい、前田さんは「やるからには売れるものを作りたい。将来は『農(みのり)』ブランドの作物も」と目を輝かせる。【小林利光】

町田美容室ヘアスタイル 相模大野でアートクラフトの青空市−177組が手作り作品を出品

アート&クラフトのフリーマーケット「相模大野アートクラフト春の市」が4月29日、相模大野駅北口デッキ(相模原市南区相模大野3)などで開催される。(町田経済新聞)

 多くの人がアート作品や手づくり作品に触れて楽しむ場と、創作活動をする人の発表・交流の場をつくることなどを目的とした同イベントは春・秋合わせて11回目。近年は4万人以上が訪れる大規模イベントに発展した。

 今回は、出店希望者420組から選ばれた177組の出展者が陶芸やアクセサリー、雑貨、絵画などの手作り作品を展示販売する。手作り体験コーナーやスタンプラリーなどの体験型企画も予定する。

 先週実施したプレイベントでは、「これまで以上にしっかりと地元に根付いたイベントにしよう」とギャラリーを使った作品展を初開催。70組がクラフト市に出展する作品を展示した。

 「出店者がとても喜んで興味を示してくれたので、次回開催に向けていい手応え。お客さまからもクラフト市で見るものをゆっくり楽しめてよかったと好評。秋のグッズグランプリと共に、これからも続けていきたい」と開催事務局の藤川さん。
 
 開催時間は11時〜17時。雨天の場合は翌日に延期して開催する

町田美容室ヘアスタイル振り込め詐欺撲滅:町田の商店街でパレード 

町田警察署は21日、振り込め詐欺撲滅キャンペーンを実施、若武者姿に扮(ふん)した中学生や署員、剣道や柔道着姿の小中学生ら約100人が町田市内の商店街をパレードし「振り込め詐欺を絶つぞ」とPRした。
 同署によると、最近の振り込め詐欺は、事前に「携帯電話の番号が変わった」と電話してきて、後で現金をだまし取るなど手口が悪質化している。町田市内でも3月末に70歳の女性が息子を名乗る男らに2000万円をだまし取られた。若武者隊の出陣式では武智秀弘・同署長が「家庭の絆で、振り込め詐欺を防ごう。親や祖父母に、週に1回は電話して連絡を取ろう」と呼びかけた
   
プロフィール

美容室
リンク集