2017年02月20日

国替わりが多かった「延岡藩」


にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

関が原の戦いで東軍が勝利し、徳川の治世が始まるとともに、各大名の領地の見直しが行われました。
当然、東軍方に付いた大名は石高が増え、最期まで西軍として戦った大名家には、取り潰し・大幅な石高の減封という厳しい処分がなされました。
島津氏には、薩摩・大隅の二国を安堵されましたが、日向以北は取り上げられ、幾つかの小藩が配置されました。その中の一つに「延岡藩」があります。
秀吉の薩摩討伐後、島津氏の支配地を離れたこの地は、高橋氏5万石から始まりました。
徳川幕府の成立後、当初は「高橋氏」に安堵されましたが、1613年に改易され、島原から「有馬氏」が53.000石で入府し、ここから目まぐるしく藩主が変わっていきました。
「有馬氏」の後、「三浦氏」、「牧野氏」、「内藤氏」と代わり、幕末まで続きました。
現在は旭化成の城下町として知られる延岡市ですが、藩主が次々と代わると領民も何かと大変だったのではないでしょうか。
561.JPG1291.JPG













薩摩藩独特の「御仮屋」制度


にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

江戸時代にも、薩摩藩は独特の治世をひいていましたが、「御仮屋制度」もその一つです。
「御仮屋」とは、領内の直轄地を113箇所に分けて、それそれに設置した地方役所のようなもので、「地頭仮屋」とも呼ばれていました。
普段、地頭は鹿児島城下に住み、実際の実務はそこに住む郷士のリーダー達が行っていたようです。
徳川幕府が発令した「一国一城令」を形上は守りながら、実際は113箇所に武士団を配置し、いざという時の備えとしていたのです。113箇所の城下町が在ったといっても過言ではないでしょう。
この財部(たからべ)もその一つで、跡地は小学校になっています。
013.JPG012.JPG







2017年02月19日

007は鹿児島にも来ていた。


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村

薩摩半島の先端に、坊津(ぼうのつ)という港が在ります。住所ではみなみ薩摩市に入るのでしょうか、市町村合併以来、一々調べなければよく解らなくなってきました(笑)。
鹿児島県の本土の中でも、海の透明度は1〜2位を争うほど綺麗なところで、ダイバー達にも人気のスポットとして知られていますが、この地が映画007シリーズの5作目「007は二度死ぬ」のロケ地だった事は、あまり知られていないようです。
1967年に公開されたシリーズ5作目で、ジェームズ・ボンド役をショーン・コネリーが演じた最期の作品です。
悪のボス役を丹波哲郎さん、ボンド・ガールは浜美枝さんが演じました。
坊津という土地は、歴史的にも面白い所なので、今後も歴史的な観点から取り上げてみたいと思います。
20100715111700.jpg








沖田畷の戦いを制した薩摩の陰陽師集団A


にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

沖田畷とは有明海に面した湿地帯で、人の通れる道幅が狭く、たとえ数万の軍勢であろうと二列〜三列縦隊にならないと通れない交通の難所です。
島津派遣軍の総大将は、当時の島津家当主「義久」の末弟「家久」でした。彼が数で圧倒的に勝る龍造寺勢に勝つために「有馬晴信」らと立てた作戦は、この場所に敵軍を誘い込み、軍列が長く伸びきったところを、正面・右・左の三方から一斉に攻めるというものでした。
結果、龍造寺勢は当主「晴信」を失ったうえ多くの死傷者を出し、本拠地の佐賀城まで退却するしかありませんでした。
これにより、龍造寺氏は急速に勢いを失い、島津氏にとっては九州統一の悲願が現実味をおびてきます。
今までの話が冒頭の案内板の話とどう繋がるかといいますと、薩摩領内から選びぬかれた島原派遣軍3.000名は、その祈祷所に集められ、念入りな加持祈祷を受けてから出兵したと書かれていました。
また、当時の島津軍の軍列は、先頭に僧形の兵を並べて、その者達に念仏を唱えさせながら行軍するという、かなり異様なものだったそうです。これも平安時代の武士の戦いの名残りかもしれませんね。
tknb3.jpg







2017年02月18日

沖田畷の戦いを制した薩摩の陰陽師集団@

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村


「島津氏の祈祷所の跡」。
鹿児島市内の常磐町?になるのでしょうか。数年前に、いまでは個人の住宅になっている場所に、そんな案内板を見かけました。当時、周辺は区画整理事業の真っ最中で、それから訪れていないので案内板がまだ有るのかさだかではありません。
後に「沖田畷(おきたなわて)の戦い」と名付けられた戦いがあります。
時は1584年。信長が本能寺の変で殺されて2年後の事で、秀吉による全国統一が成る少し前のことです。
当時の九州の勢力図は、南から「島津氏」が豊後の大友氏を破り、その勢いで北部九州まで手中にせんものと覗っていて、唯一対抗しうるのは、肥前(今の佐賀県)を本拠地とする「竜造寺氏」だけでした。
中小の勢力は、このいずれかに庇護されなければ生き残れない状況で、島原半島南部を領する「有馬氏」も例外ではありませんでした。龍造寺氏の動きに脅威を感じた「有馬晴信」は島津氏に援軍を要請し、島津・有馬の連合軍約6.000名と、龍造寺軍30.000名が島原北部の湿地帯「沖田畷」で決戦に挑みました。(続)
static.png







2017年02月17日

悲劇の僧「俊寛」

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村


鹿児島市の繁華街にある御着屋(おつきや)交番の近くの建物の間の目立たない場所に、石碑と説明の案内板がひっそりと建てられています。
案内板には、この場所が「俊寛僧都 」が流刑地へ送られた時の、船出の地であることが書かれています。
鹿児島市は平地が少ないため、江戸時代以前から海を埋め立てて広げられてきましたが、石碑のある場所から現在の海岸線まで、今では2キロは離れています。
先ほどの交番名「御着屋」もこの地がかつて船着場だったことを物語っています。
「俊寛」のことは平家物語や歌舞伎の題目にもなって現在まで伝わっているので、ご存知の方も多いとおもいますが、ちょっと補足させていただきます。
京都の木寺の僧、「俊寛」の家系は下役ながらも源氏につながります。平安末期、平家の台頭により源氏はほとんど力を失っていました。
それに不満を持つ源氏派の公家や武家達が、平家転覆を目的としたクーデター計画をたて、話し合いを重ねていました。ところがこれが平家の知るところとなり、集まっていた「俊寛」以下数人が捕らえられ、流刑されました。流刑された島についてもいくつかの説がありますが、鹿児島県の硫黄島か喜界島だろうと言われています。(諸説有り)流刑地の島には数年おきに御赦免船が来て、罪を許された人々が許され帰るなか、クーデターの首謀者とされた「俊寛」だけは決して許されず、島で非業の死をとげました。
spot_100_1.jpg








島津氏由来の花尾神社


にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

島津家の祖先は、朝廷の権力者藤原氏の有力な御家人近衛家に仕えていた、惟宗氏だとされています。
鎌倉幕府の開府に伴い鎌倉に移り、忠康が近衛家の荘園、島津荘(今の都城付近)の荘官に命じられました。
その子忠久が源頼朝より直接その地の地頭に任ぜられ、続いて薩摩・大隈・日向三国の守護職に追任されました。それを期に名字を惟宗から島津に変え、島津氏の初代となりました。
当初、今の出水市に拠点を築き薩摩の平定の第一歩を踏み出しました。
ところで、鹿児島市郡山町に「花尾神社」があります。ここからは伝説のようなものですが、島津家初代忠久は実母の丹後の局を呼び寄せ、この花尾一帯の領地を授けました。
源頼朝の木像を御神体に花尾神社を建立し、丹後の局が亡くなると、その地で荼毘に付し墓を建て霊を弔ったとされています。小さな神社ですが、格子状の天井には一枚一枚に鮮やかな絵が書かれ、贅を尽くした造りから地元ではさつま日光と呼ばれてきました。
鹿児島市中心部から車で30分ほどでしょうか、周辺には「南泉院」や「隠れ念仏洞」などが在りますので、観光にお勧めです。
20100404064728.jpg20100404064447.jpg







2017年02月16日

宮崎県佐土原に島津家の痕跡を探してA

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村


鎌倉時代の武士道しか知らぬ島津勢は、敵に後ろを見せて逃げる事を潔しとしません。
あくまで、敵陣のど真ん中を戦いながら突破するという戦法にでました。
普通に見ると、全員玉砕覚悟のやけくそ突撃ですが、九州内で400年ちかく戦いの日々を過ごしてきた島津勢には、こういう場合の戦法も身につけていました。
例えば1.000名の軍勢で敵陣に突っ込み、大将と側近を先行させ、100名はその場に留まり全滅するまで戦う、全滅したら次の100名が同じ事をする、それを繰り返す事で大将達と敵軍の距離を離し脱出させるという、後の世まで島津の捨て肝(すてがまり)と呼ばれた壮絶な戦法でした。一説には、義弘は豊久を逃がそうとしたとも言われていますが、やはり総大将を生かすのが常識でしょう。
結果、豊久は大勢の家来達とともに31歳の生涯を関ヶ原で閉じてしまいました。
徳川方から佐土原の領地は召し上げられ、佐土原島津家はたった20年あまりで絶えてしまいました。
473.JPG








宮崎県佐土原に島津家の痕跡を探して@

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村


戦国時代末期1579年、島津氏の勢力は日向迄も席巻し、佐土原を治めていた伊東氏に勝利しました。
島津氏は、佐土原城主として「家久」を送り分家させました。その「家久」はわずか7年ほどで病死し、息子の
「豊久」が19歳で跡を継ぎましたがそれから間もなく、関ヶ原の合戦が始まります。
「島津義弘」は、甥の「豊久」を伴い西軍方としてわずか1.000名ほどの兵を率いて参加しました。
後に「島津の退き口」として有名になったエピソードが生まれます。
積極的に戦いに参加するつもりはなかった島津勢でしたが、気がつくと周囲に陣取っていた西軍武将たちは情勢不利と見て退却しており、徳川本隊数万の軍勢の中に取り残されてしまいました。
敵に後ろを見せて逃げる事を潔しとしない島津勢の、前代未聞の退却戦がはじまります。(続く)





2017年02月15日

霧島に在った「華林寺」の痕跡

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村


霧島神宮のすぐ近くに、苔むした古い墓石群がひっそりと在ります。
ここにはかつて「華林寺」という寺が存在していました。
1484年に島津家11代当主「忠昌」が、神社と寺を同時に建立したもので、神社は霧島神宮として残りましたが、
寺は廃仏毀釈令をうけ廃寺となりました。
墓石群は歴代の住職、僧達のものでその数は百を超える規模です。
中々分かりづらい場所に在るので、霧島神宮に行かれた際には散策をかねて探してみて下さい。
030.JPG034.JPG






ファン
検索
<< 2017年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
hyourokudonさんの画像
hyourokudon
鹿児島市内で商いをしているおじさんです。 見どころいっぱい、美味しいものも沢山の鹿児島へ 一人でも多くの方々に遊びに来て頂きたいです。
プロフィール
 google-site-verification: google0d025a89a71077d0.html