2017年01月23日

いとしさと切なさと心細さとイライラ





亡き母は何を思っているのか・・・
今となってはわかるすべもない。
この世にいないのだから・・・。

ならば父はどうだろう・・・。
父は生きている・・・入所しているとはいえ
会いたければすぐにでも会うことが出来る距離にいる。

だが、どうだろう・・・父の方が何を思っているかがわからない。
父とはコミュニケーションを取ってこなかった。
全くではなかったが、母と比べたら9:1で母だった。

麻痺の影響で言葉を発することが出来なくなって十数年。
施設にいる父に会いに行くと
時折だが、父がとてもいとしく見える。
しかし、そんな心境になったところで
自宅で介護し続ける勇気も覚悟も無い自分を知っている。

そう思うと、いろんな意味で切なくなってしまう。
切ない気持ちは父も同じだろう。
内容は違えど・・・自分の境遇に満足はしていないはずだ。

施設に居ても話し相手がいない・・・そもそもで話せない。
行けばいつも一人ぼっち。
それが毎日毎日続く。
心細いという感情を通り越して、
イライラが止まらないのかもしれない。

だから、そんな父に対してイライラしてはいけない。
そう思うのだが・・・その限りでもない自分がいる。

スポンサーリンク



最新記事
スポンサーリンク
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 病気ブログ 末期がんへ
にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村
プロフィール
satorichさんの画像
satorich
緊急入院した母が,非小細胞肺がん(腺癌)「ステージ4」を宣告され、1年後に他界・・・母の闘病中の記録や、がんに関することを中心に記事にしているブログです。
ブログ
プロフィール
最新コメント
カテゴリアーカイブ

ファン