2020年09月23日

虫たちの季節

DSC_0079.JPGDSC_0074.JPG


丹波篠山もまた虫たちの天国です。
食物連鎖の一つとして輪廻転生を生きているとみると愛おしいものです。
都会の人は虫嫌いが多いようですが、この世界の輪の中に生きているのです。
人も虫も動物も。

左はギンヤンマ、右はイナゴ。名前も忘れられている可能性が高いので特筆しました。
ギンヤンマは水が清涼でないと住めません。イナゴは大量発生すると害ですが、タンパク源としては将来の食物なのです(食糧不足の時代には食べていましたが)。

2020年09月07日

篠山の建設現場

DSC_0069.JPG


 何も美しいもの、美味しいものだけがブログにあがるのではなく、日常的風景に現代性を感じることもブログのコンセプトとして必要かと思います。
 ときたま、建設現場の写真をアップしているのもその表れであって、労働者が汗水たらして働く姿も「丹波ささやまやにぃ」なのです。
 この写真は、たった一日で住居を作り上げる風景です。
 部屋ごとのブロックを工場で作り上げ、それを大型トラックでもってきて、積み木のように組み上げる。
 リモートワークではできない精密さと大胆さが必要です。
 設計、建造、輸送、建設段階までを一貫した形でできる住宅、セキスイハイム。
 恐るべき労働環境と熟練労働の排除、それが社会を「前進」させてきたのです。
 丹波ささやまでも、おそらく家族形態やそのよって立つべき道徳がかわっていくことを想像します。

創造的ささやまの夏空

DSC_0073.JPG


 うまく撮れなかったですが、帰り道、ふとみあげると、トイプードルが二匹向き合っているように見えました。
 真っ青な夏空に白のトイプードル。雲はなんでも創造します。
 どこを切り取っても美しい丹波篠山です。
 芥川龍之介は子どものころ夕焼け雲が美しいといって先生を驚かせたらしいですが、この雲の創造をみて想像的になる心持も驚くべき感性だとおもいました。
 この地域は、心を豊かにするようです。
 

玉川楼の夏

DSC_0070.JPG


 あまりにも暑いので、玉川楼に生ビールを飲みに行きました!
ビールだけではなんなので、オムとろ丼を頼みました。
 
 玉川楼は、新型コロナ時代にあっては、密にならず「食」を楽しめる場所でありつづけてほしいと願います。

ヒマラヤンワルツ

DSC_0076.JPGDSC_0077.JPG


 やはり「ディスカバー・ささやま」がいいと思います。
 古き良き日本を見つけた岡倉天心やフェノロサがそうであったように、柳宗悦が古丹波を再評価したように、ささやまを再評価する流れがここにもあると考えます。
 ヒマラヤンワルツが、なぜそういう名前になったのかということを考える前に、国道176号線に良い場所にカレー屋さんを展開するという発想そのものが、ディスカバー以外の何ものではないと考えるのがベストだと思います。
 食後にだされる「サイエンス」ドリンクが未来色をしているのに、店の外の薬草から作られていると知り、空ばかりみていた我々を驚かせます。
 カレーライスも彩り豊か、ささやまの土壌と花々を表現しているようです。
 

2020年08月24日

祝 コロナさん さようなら

HORIZON_0001_BURST20200824093107261_COVER.JPG


これは、病院の施設の受付に飾ってあったぬいぐるみです。
多くの人の願いをこめて患者さんが作ったようです。
素晴らしい注意喚起の発想だと思いました!!

鬼の架け橋

DSC_0065.JPGDSC_0066.JPG


「鬼の架け橋」とは丹波篠山市と丹波市にまたがる「金山」の山頂付近にある奇岩です。
 岩と岩の間に小さい岩が連なり、架け橋のように見えます。
 鐘が坂トンネルを越えてちょっと下ると右側にパーキングがあり、そこから少し旧道を登るとわさわざ展望所が設置されています。
 丹波市と丹波篠山市がこの山で隔絶されています。海抜は丹波市と丹波篠山市では100m近い差があり、丹波篠山は東西南北どこからでも一旦は山越え、トンネル越えで盆地に入る構造になっているのがよくわかります。

2020年08月17日

夏の横断幕

DSC_0062.JPG


ほんとに、頑張っています。
桂文珍以来の有名人になりそうですね。
明石商業野球部の中森俊介君。
今年のドラフト上位に来そうな雰囲気です。

篠山新名所・いのしし屋根

DSC_0063.JPG


なんでこんなに愛しいのだろう。
丹波篠山の人はイノシシが好きです。
篠山の繁華街の屋根にイノシシの大看板が出ていることは、知っています。
今回、新たに市役所横の不動産屋の屋根にイノシシ看板が設置され、新名所になりつつあります。

獅子が飛び込む牡丹鍋♬

奇跡の投手・中森君

HORIZON_0001_BURST20200816120941455_COVER.JPGHORIZON_0001_BURST20200816121101984_COVER.JPG


 明石商業野球部のエース中森君は、言わずと知れた丹波篠山出身です。
 市役所の正面に大きい横断幕で応援されています。
 8月16日、甲子園。
 「夏の選抜」と言われる交流試合1試合に勝利しました。
 ここに記念してブログにアップします。
 コロナ禍のなか、よくここまで耐えましたね(涙)
リンク集
ファン
検索
最新記事
最新コメント
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

篠山永住権を持っています。先祖代々篠山に住んでいます。篠山は地球の観念的中心と考える「丹波ささやまにぃの会」代表。ふざけた逍遙学派です。 写真は篠山市のゆるキャラ、まるいの君。まだ、縦にする方法を知らないので許してください。
プロフィール
話題沸騰!黒豆から生まれた【メタボメ茶】