広告

posted by fanblog
..............   ......... ............ 現在の閲覧者数:
プロフィール

Sarracenia
現実逃避の手段の一つとして、食虫植物、特にサラセニアの栽培に没頭している工学博士。いえ、決してヲタクではありません。お昼間忙しいので、土日にせっせと手入れしてます。見かけはかっこいいおじさんです。レザーフェチで、超ロングのレザートレンチを羽織って、東京まですっとんでいきます。苦手な出張先は、東大本郷。理由は簡単。歩いてるやつらがみんなぼくより賢そうに見えるから。orz
<< 2012年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
ブログランキング にほんブログ村 小説ブログへ
人気ブログランキングへ にほんブログ村 花ブログ 食虫植物へ
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村
カテゴリアーカイブ
リンク集
月別アーカイブ
最新記事

広告

posted by fanblog
2011年04月08日
科研費獲得騒動その2
教授室に戻ったぼくを、先生(実は一回り歳が違う兄弟子なのですが)は、満面の笑みというより、半分驚愕の表情で迎え入れ、早速仕事の話が始まりました。
先生「竜泉君、これ、なんでこんなことが起こるんだ?」
龍泉「あ、これは、かくかくしかじかでして、共同研究やっていて偶然見つけたのですが、一応定性的にはかくかくしかじかのように説明できまして」
先生「これ、他の材料でもおんなじことがおこるかな?」
龍泉「はあ、熱力学的に考えますと、条件さえそろえば同じことが起こると思われます」
先生「こんなデータ今まで見たことないけど、報告例ある?」
龍泉「ま、現象として単発的に見られてはいますが、そうなる原因について言及されたことはないですね」
先生「そうかぁ。これは凄い・・・」
龍泉「実は、これをネタにいたしまして、基盤研究Bで応募したいので、是非先生に入っていただきたいのです」
先生「いや、龍泉君、これはBじゃない。Aで出してください。A」
龍泉「でも、先生、科研費はやはり大学の縄張りですし、Aともなれば、ぼくの名前ではちょっと無理でしょう。そういうことなら、先生の名前でお願いします」
先生「や、これは竜泉君の仕事だから竜泉君が代表でだしてください。これなら大丈夫だよ。あ、ちょっと待って。今うちの若いのを呼ぶから」
電話で助教の若衆が呼び出されました。
先生「若衆君、ちょっとこれみてくれ。凄いだろ。これ、ガウシャンで電子状態の計算とかしたら面白いと思わない?」
若衆「は?」
先生「ほら、これだよ。これはいけるとおもうんだよね。あ、龍泉君、彼は今年東大の●●先生のところからうちにきてもらった先生なんだ。クラスターが専門でね」
龍泉「おお、クラスターなら、これとそっくりじゃないですか」
若衆「は??」
先生「よし、話は決まった。それじゃ、これ、Aに出すとして、ついでにSにも出してくれない?AとSって確か研究代表者兼ねられるよね」
龍泉(顔面蒼白)「先生、それは勘弁してください。無理です。無理」
若衆「……」
先生「いや、いけるって。いけるよ。やろう」
龍泉「それなら、来年度、先生をぼくが担ぎますから、来年度先生の名前で出してください」
先生「そう?いいの?」
そんなのいいも悪いもあるはずありません。そんなわけで若衆の先生を巻き込んだ科研費獲得作戦が始まったのです。

続きはまたあとで書きます。




web拍手 by FC2
この記事のURL

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。