プロフィール
サロンUPさんの画像
サロンUP
プロフィール
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
(10/13)エステサロン開業前にお客さんとして他サロンへ行く3つのメリット
(10/09)エステサロン開業を『挫折』で終わらせないためにすべき5つのこと
(10/08)エステティシャンになる人の資格とサロンオーナーになる人の資格
(10/07)エステティシャンの年収はお勤めとサロンオーナでも大差ない現実もある
(10/06)ネイリストの資格を取ってフェイシャルやフットメニューに高単価のプラスαを!
(10/04)【エステサロン開業】店内作りで最も手を抜けない3つの場所とその理由
(10/03)エステサロン開業の前に必ず頭に入れておくべき4つのこと
(10/02)【エステサロン開業】化粧品販売で売り上げを上げる4つのコツ
(10/01)醜いエステティシャンではコースも化粧品も売れない?!エステティシャンたるや
(09/30)【エステサロン開業】ハーブボールは疲れた女性を優しく癒せる優秀ケア!
(09/29)エステサロン開業前に絶対受けたい講座やサービスランキング
(09/29)エステサロン開業、一般的なファミリー層が多く住む街での価格設定
(09/28)女性だって立派な整体師になれる!様々な方向から整体師になる方法
(09/27)ボトルキープ制はもう古い?サクッと都度払いのみが安心サロンの証し?
(09/27)エステサロン開業!メインメニューにプラスしたいサイドメニュー3選
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
タグクラウド
エステティシャンの資格
エステサロン開業前に絶対受けたい講座やサービスランキング
エステサロン開業に資格はいりません、しかし資格取得は必須
女性だって立派な整体師になれる!様々な方向から整体師になる方法
エステティシャンになる人の資格、サロンオーナーになる人の資格
エステサロン開業準備
エステサロン開業の際に用意したい開業セットがこれ
エステサロン開業にはいくらかかる?タイプ別サロン開業費用
エステサロン開業の準備で必ずすべき5つのこと
エステサロン開業前に他サロンへお客さんとして行く3つのメリット
サロン開業サポート
サロン開業支援は一人での開業が心配という人の救世主?
エステサロンの経営
エステサロン開業の前に必ず頭に入れておくべき4つのこと
エステサロン、化粧品販売で売り上げを上げる4つのコツ
ボトルキープはもう古い?サクッと都度払いが安心サロン証?
エステサロン開業、価格設定で絶対にやってはいけない3つのこと
エステサロン開業を『挫折』で終わらせないためにすべき5つのこと

2017年10月09日

エステサロン開業を『挫折』で終わらせないためにすべき5つのこと

e7e556fee28f6057e65d4f1a6d1b0717_s.jpg
長年エステティシャンとして経験を積み、これからは自分のサロンを持ちこれまでの経験を存分に発揮していきたいと考える時というのは、夢や希望に溢れる素敵な時間です。

・こんなサロンにしたい

・こんなメニューを増やしたい

・店内はこんな雰囲気にしたい


など想像が膨らみます。

しかし、楽しいばかりじゃないのがエステサロンの独立開業です。

トリートメントや接客をこなすだけではなくなり、集客から必要経費の確保など経営面に関わる全てを自分でおこなっていかなければなりません。

また昨今はエステサロンも増え、

・価格競争

・顧客の奪い合い

・新規の獲得

・リピーターの確保


などが大変厳しい現状であるという事も否めません。
しかし女性の美への貪欲さとはいつの時代も変わらず、そんな女性の求める部分にしっかりハマるサロン作りをしていくことで独立開業後もサロン経営で生計を立てていくことができます。

とはいえ、エステサロンの開業では、1年以内に廃業する店舗は約6割と言われています。
また、3年以上維持できる店舗はたったの1割とも言われています。

そこで、ここでは、開業後3年以上経営できるサロンのたった1割に食い込み『エステサロン開業が挫折で終わった』なんて事にならないためにすべき5つの事をご紹介していきます。

◆年収1,000万円に惑わされない

目標を大きく設定する事とは、とても大切なことですよね。

有言実行で、大きく設定した目標に向かって頑張っていけば達成できる!という考えもありますね。

しかし、そう簡単にいかないのが昨今のエステサロン開業です。

また、サロンを開業したい人を対象にコンサルタンとするサロン経営のコンサルタンなどは、年収1,000万円も夢じゃない!というような内容でサロン経営をコンサルティングする場合があります。

そのため、インターネット上の情報では、エステサロンで月収100万円、年収1,000万円などという謳い文句が後を絶ちません。

そういった目標を立てることも大切です。
また年収1,000万円稼ぐためのノウハウを手に入れようとすることも悪くないでしょう。

しかし、そこに囚われてはいけません。

年収1,000万円稼ぐんだという事ばかりに囚われ、惑わされ、そんな気持ちのまま開業してしまうと『金 金 金』の経営スタイルになりお客様への、

・美への心のこもったサービス

・お客様の心まで癒す

・お客様の求める事


などが見えなくなり、お客様目線ではなく自分の儲け主義だけが先立ち、それがサロン雰囲気、オーナーエステティシャンの雰囲気につながり愛されるサロンではなくなってしまいます。

また、新規を獲得することが少々厳しい昨今のエステ業界ですから、最初は思う様な集客ができないかもしれません。

つまり、最初は年収1,000万円には到底届かない集客しかなく、気が遠くなってしまうということです。

そうなることで、

・ぜんぜん1,000万円稼げない

・サロン経営って難し過ぎる

・思う様な集客ができない


などと考え不安が大きくなります。
そして『思っていたサロン経営と違う』ということであきらめてしまう人も少なくありません。

そうならないためにも、まずは目標は『赤字にならない程度の黒字』くらいを考え、徐々に経営実績を伸ばしていくように考えましょう。

そうやってまずは、

・今月は新規〇〇人獲得!

・来月は新規獲得とリピータの確保!

・再来月はさらなる新規獲得!


といったふうに、遠くを見るより明日、来週、来月と目標は細かく設定し、ひとつひとつこなしていくように努力していきましょう。

昨今どんな商売も簡単ではありません。

最初から上手くいくことばかり考えず、コツコツ努力して少しずつサロンを成長させていくと良いでしょう。

◆運転資金の確保

エステサロン開業において、

・やればなんとかなる

・2〜3ヶ月もすればおお客様も増えていくだろう

・サロンを持ってしまえばなんとかなる!


などなどの油断や過信は禁物です。

なぜなら当ブログで何度も発しているように、リラクゼーション業界は飽和状態を迎えつつあるからです。
しかし、だからといって夢をあきらめてしまうのはもったいありません。

飽和状態に陥りそうなこの状態でエステサロンを開業し息の長いエステサロンを作っていくには、価格やコース内容、店内雰囲気、何を販売していくかなど様々な工夫が必要になります。

ですが、そういった工夫より何より大事なのが、

運転資金をいくら確保しておけるか

ということです。

一昔前であれば、開業当初から半年分ほどの店舗維持費や生活維持費を持っていれば、最初は赤字でも用意しておいた運転資金や生活費でまかない数か月もすれば店が軌道に乗るという試算が通ったものです。

しかし、昨今は違います。

オープン当初は物珍しさや近隣他店の同業者が一般客を装っての来店などもあり幸先がいいと思いがちですが、その華々しいスタートは1ヶ月ほど終わると考えましょう。

純粋なお客様が安定的に新規来店して下さるまでには、少々時間がかかるでしょう。

資金が足りずに数か月で閉店させてしまわないように、運転資金はできるだけ多く確保し軌道に乗るまでの時間がたとえ長くかかってしまっても持ちこたえられるようにしておきましょう。

本来は1年先くらいまでの資金を用意しておけると安心です。

しかし、その運転資金に頼らず、その1年間はとにかく集客に力を入れましょう

◆ブログやFacebook、Twitterの更新を欠かさない

昨今ネット広告サービスは溢れるほどにあります。

魅力的な紹介文や価格、コース内容などを掲載し、自分のサロンHPやブログに直接行けるようになっているのも常識です。

こういった広告掲載はオープン当初は必須となります。
とにかく最初は自分のサロンを多くの人に知ってもらうということが重要になりますから。

そして、ネット広告からサロンのHPに訪問してきてくれた消費者の心を掴むのは、

・HPのデザイン

・HPから覗える店内雰囲気

・魅力的なコース内容であるか

・内容と価格のバランスがとれているか

・エステティシャンはどんな人か


などが重要になってきます。

そのためサロンのコンセプトや雰囲気、価格に合った店づくりができているか、そしてそれらをしっかりピーアールできているかを考えながらHPなどを作っていく必要があります。

そしてもう一つ重要なのが、ブログの更新です。

昨今溢れるがごとくあるエステサロンのコース内容や価格は似たり寄ったりであることも否めません。
そんな時、消費者はどこで他店との差をつけ、自店を選んでくれるのでしょうか?

それはブログなどから覗える、

・エステティシャンの人柄

・サロンとは関係ない部分での人柄

・こまめに発信するキャンペーン

・お客様にはどんなふうに接しているのか


という部分です。

自分の人柄やHPでは伝えきれない細かな部分の店内雰囲気、今月はこんなキャンペーン、来月はこんなキャンペーンなどを事細かに伝えられるのがブログです。

単にお店の紹介ばかりするのではなく、自身のプライベートも差し支えない程度に発信し、個性豊かな文章や画像を駆使してブログからファンを掴んでいくという事も大切です。

そして、このブログは、毎日更新する事が大事です。

気が向いた時だけ更新すると、せっかくブログ訪問してくれた消費者は、

・え?ぜんぜん更新してないじゃん、お店やってんの?

・半年前で更新止まってる、あまり更新しないんだなと、
 次のブログ訪問はない、そのままサロンを忘れる


という事になります。

ブログを毎日更新すれば、毎日見てくれる方も増えます。(内容を充実させれば)
毎日ブログを見ていると、今度行ってみよう、実際にこの人に会ってみたいと来店してくれる方も徐々に増えます。

管理人はサロンブログを8年毎日更新していますが、毎日見てるという方がサロンに多くご来店下さいます。

忙しくてもブログを見ているから常に『行きたいなぁ〜』と思って下さる方もいて、時間が作れた時に忘れずにご予約のお電話下さる方もいます。

そういう方を少しずつ増やしていくのも売り上げを上げるコツのひとつとなります。

・ブログの更新をしなくなれば、

・ブログ訪問者も減り、

・ブログ訪問者が減ればサロン自体忘れられがち

・数多くの他サロンに埋もれ、多くの人に選ばれ
 るチャンスを逃す


という事にもなります。

ネット広告、HPはもちろん大切な集客アイテムですが、ブログもまた大きな集客アイテムとなります。

ブログ更新したらFacebookやTwitterで、『ブログ更新しました!』というお知らせも忘れずにしましょう。

エステサロン開業前に受けたい講座ランキング コチラ

◆どんなに顧客が付いても集客作業の手は絶対に抜かない

最初に言っておきましょう。

お客様とは気まぐれです。

サロンを気に入って下さって何度か通って下さり、

・いいサロンに出会えた

・毎週来たい

・いつまでも通い続けたい


などと言ってくれることもあるでしょう。

しかし、お客様とは気まぐれです。
皆様がその有言実行を果たしてくれるわけではありません。

定期的に通って下さっていた方でもある日からパッタリ来なくなったりもします。

また、

・来週はお友達に誘われた別のエステサロンに行く

・駅前にオープンした新たなエステサロンのお試しに
 行ってみる

・インターネットで見つけた他の良さそうなサロンに
 乗り換える


など様々な気持ちで他店へ行くものです。

そんな気まぐれなお客様を放さないためにも、DMの発送やメルマガ、定期的なキャンペーンの開催、次回クーポンの発行などをおこなって常にサロンを意識して頂くことが大切です。

SNSがこれだけ浸透している世の中ですが、心のこもったDMが手元に届くということは嬉しいものです。
単に『キャンペーン価格やDMご持参の人に限った割引のお知らせだけでなく』手書きのメッセージを添えて発送することで受け取った側の印象は大きく変わります。

しつこくない程度に心のこもったメッセージを添え、お得な割引価格もご紹介するようなDMを発送しましょう。

また、メルマガは定期的にお客様にメッセージを送れる良きチャンスとなります。
メルマガに掲載したURLをクリックして頂くとお得な情報などが見られる様になるので『行ってみようかな』という気持ちになって頂く事ができます。

さらに、季節ごとのイベントに合わせてキャンペーンをおこなうことで、お客様の心を動かすことができます。

クリスマスまでにもっちり白肌キャンペーン

バレンタインデー特別コースが〇〇円で!


など、美意識が高まりやすい時期や季節を狙ってキャンペーンを打ち出し、割引価格や特別コースを用意することで飽きられずに末永く通って頂く事を狙えます。

同業他店への顧客の流出を防ぐには、初回来店時は次回利用できる割引きクーポンをお渡しするのも良いでしょう。

◆応援来店に頼ってはいけない

エステサロンなどを開業すると、まず始めにお知らせするのは身内や地元の友人、お勤め時代の先輩、同僚、後輩などではないでしょうか?

きっと最初はそういった身内がお付き合いで来店してくれることでしょう。

応援来店と言います。

しかし、この応援来店を来月、再来月の売り上げ見込みに入れてはなりませえん。

応援来店とは、その名の通り応援のための来店。

つまり『知り合いがサロンを開いたから、お祝いを兼ね、そしてエールを送るつもりで』来店してくれるのです。
中には特に美容や健康維持にそう興味のない人もいるでしょう。

身内、知人こそ定期的なコアなお客様になることはありません。
また、身内、知人の来店となるとどうしてもその人達の予約を優先しがちになりせっかくの純粋は新規客を取り逃すことにもなりかねません。

開業当初は応援来店に頼るのは良くても、サロンを末永く維持していくためには自力で集客して顧客を掴んでいくことが一番です。

◆最後に

自分のエステサロンを持つという事は、とても素敵なことです。
やり甲斐の大きさも各段に違います。

顧客が付けば自分のサロンに自信が持てますし、来店客が少なければ改善点を模索し実行する。
一喜一憂しながら進んでいきサロンを成長させていくという喜びもあります。

とはいえ、簡単な世界ではありませんので、開業前は様々な情報収集や自信を付けるための様々な講座やセミナーなどを受けてみるのも良いでしょう。

エステサロン開業に必要なのは、

・技術

信頼

・人柄

・経営ノウハウ


です。

これらをしっかり身に着けてから始めてみてはいかがでしょうか?

エステサロン開業前に受けたい講座ランキングこちら!!


女性起業家ランキング

自宅サロンランキング

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6791193
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック