ファン
<< 2018年01月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント

2017年11月25日

サラリーマンとは

サラリーマンとは正規雇用者で役員や専門職(医師・弁護士など)を除いた者

2017年のサラリーマン比率89%

就業者数は6433万人

自営業者は674万人

雇用者は5728万人


圧倒的に多いサラリーマン層(OL層も含む)

超富裕層 5億円以上

富裕層  1億以上5億未満

準富裕層 5千万以上1億未満

アッパーマス層 3千万以上5千万未満

マス層 3千万未満


日本は貧富の格差が広がってます

だからこそ、手を繋ぎ協力して自分自信が納得いく人生を送る必要があるのではないでしょうか?


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村

サラリーマン.jpg

働き方改革でサラリーマンの悩みが増加? 帰宅を強要する「時短ハラスメント」に賛否両論


23日に放送された、フジテレビ系深夜ニュース番組『THE NEWS α』で「時短ハラスメント」に悩むサラリーマンが特集された。

「こうした人が増えている」とのことだが、ネットでは賛否が分かれている。

■時短ハラスメントとは
国や企業を旗振り役に「働き方改革」が打ち出され、長時間労働の改革が行われる中、サラリーマンの間では様々な問題が生じている。

たとえば、早く家に帰ると怒られるので、公園などで時間を潰してから帰宅する「フラリーマン」や「帰宅恐怖症」と呼ばれる人々も。

さらに、問題は家庭だけにとどまらず、働き方改革に取り組む会社に勤める人の約4割が上司から「残業するな、早く帰れ」と言われる「時短ハラスメント」に悩んでいるようだ。街のサラリーマンは…

「『早く帰れ』と言われる。一応わかりましたと返事はするけど、会社に残っている。仕事のスケジュールを調整したうえで言うのはいいけど、いきなり『帰れ帰れ』というのはよくない」

「下は首を縦に振るしかない。仕事がたくさん残っていても帰るしかない。残った分は次の日に頑張るしかない」

と、早く帰っても仕事の量は変わらないことが悩みのようだ。

続きはしらべぇ
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6498614
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索