鉛バッテリー

予想はしていたことだが、鉛バッテリーの性能が出ない。

100AH程度の12Vバッテリーを4個使っているので4800AVH程度を期待していた。
もちろん、鉛バッテリーを100%は使うことが出来ないが、半分程度は・・・との期待があった。
で、結果。
インバータの効率コミでバッテリー出力 47〜54V6A程度で放電。
サイクルとしては夜11時から昼の12時まで充電
15Aで充電するため4時間後にはトリクル充電になっている。
充電器はインテリジェントタイプなので充電完了後しばらくは高い電圧のまま30分ぐらい追加充電しているみたい。
昼12時から放電し、数時間後UPSがLOW-Batteryで停止。
UPSが停止するとリレーでサーバーたちは商用電力に切り替わる。後はこれの繰り返し。
サーバーにはもう一つUPSを入れているので瞬帝ぐらいは問題ない。

最初は放電時間が10時間ぐらいあったが、数日で5時間程度になった。
それ以上はあまり減らないが、鉛バッテリーの限界なんだろうなぁ。


この記事へのコメント

   
プロフィール

sanshang
リンク集
ファンブログのおすすめサイト

Powered by ファンブログ