広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog


2019年03月28日

アメリカンファンディングでも懸念発生。ただし姿勢は評価できます。



広告
アメリカンファンディングからのお知らせ

 アメリカンファンディングからお知らせがありました。

 遅延が発生したというよりも懸念が発生した段階ですが、状況を考えますと遅延につながる可能性は相応に
 高いのではないかと思います。
 (懸念が低いならわざわざリスクを冒す事もないでしょう。「普通に考えれば遅延する」という推測がある
  からこそ、あらかじめ発表をしたと考えるのが妥当と思います)

弊社で募集、運用を行っておりますテキサス州の案件につきまして、貸付先事業者より委託をしております建築工事業者による工事の進捗状況が芳しくなく、物件により工事作業が当初の建築スケジュールに比べて大幅に遅延していることが判明いたしましたため、同一業者による案件の募集をキャンセルとさせていただき、現在、状況確認を進めております。

 アメリカンファンディングのWebサイト上でも、同様の文面ですがお知らせが出ています。

  ・ファンドキャンセルについて (アメリカンファンディング)

 この状況を受けて、テキサス関連のファンドがキャンセルされています。

  20190328AMF1.jpg


 懸念とは言え、遅延に至る可能性が高くなっているのはもちろん残念です。
 しかしその内容を「懸念」の段階ですぐさま通知し、かつ被害を最小限に留めるために関連ファンドの募集
 を停止するという姿勢は評価されるべきでしょう。

 同じmaneoファミリーにある、懸念の連絡無しに大規模な遅延をいきなり起こした事業者に比べれば。

とりあえず引き出しました

 対象となっているファンドは、テキサス案件です。
 最近で言えば例えば以下のような案件が、今回の対象に含まれます。

  ・テキサス フォートワース ローンファンド 第18弾【4号】

  ・テキサス パーカー ファンド 第19弾【4号】

  ・テキサス フォートワース ローンファンド 第19弾【4号】


 これらのファンドの貸付先は共通して「事業者F」
 しかし前述の文面を見ると直接問題になるのはこの事業者Fではなく、事業者Fが委託している建築事業者と
 いうことのようです。

 ちなみに、私の現在の投資先は下記の2件。
 このうち「コロラド ローンファンド」については、貸付先は同じ「事業者F」です。
 ただしテキサス案件ではないこと、また同じ事業者Fのハワイ案件は今月予定通り償還されていることから
 リスクは今のところ限定的ではないかと考えています。

  20190328AMF2.jpg
  20190328AMF3.jpg


 今月の償還で元利50万円ほど戻って来たのですが、こういった状況でファンドの募集がされていないため、
 資金は一旦引き出すことにしました。
 その分は以下のような事業者に追加投資を行っていきたいと思います。


 SBIの看板を背負うSBIソーシャルレンディング:投資額1,600万円 (広告リンク)
 SBIソーシャルレンディング


 上場不動産会社による堅い案件が人気のオーナーズブック:投資額1,100万円 (広告リンク)
 OwnersBook


 関係会社貸付、マーケットプレイスなど様々な利点のあるFunds:投資額300万円 (広告リンク)
 Funds



 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  


posted by SALLOW at 10:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | 投資の話題

2019年03月27日

SAMURAIで初の「実名化」案件登場! 実名化の前提ルールに注意。



広告
1回目には投資をしていました

 SAMURAIから太陽光の2・3号案件が登場しました。

 SAMURAIでの太陽光案件は珍しいですが、この案件はそれを超える意味があります。
 金融庁の匿名化解除見解から始めて登場した、「実名化」案件だという点がそれです。
 初の実名化は衆目と人気を集めたのか、あっさりと満額終了していました。


 ・SAF太陽光発電ローンファンド2号 30万円

  予定利率:8%
  期間:約12ヶ月
  貸付総額:1,000万円(案件単独)

  20190206SAM1.jpg


 この案件、私は1回目に投資をしていました。
 その時には貸付先は匿名化されていたのですが、各種の情報から株式会社 エコ革ではないかと推測。
 今回の実名化でその推測が当たったことが分かり、ほっと一安心しています。

  ・(参考記事)SAMURAI初の太陽光案件に投資を行いました。最近は調子がいいですね。


  20190325SAM2.jpg
  (↑今回の案件説明。エコ革の名前があります)


 SAMURAI(広告リンク)
 SAMURAI証券

次回募集が期待されます

 本案件はこれまでに2,500万円を募集していますが、太陽光発電というビジネスのボリュームから推測すると
 もう少しお代わりが来るのではないか、と思います。
 それを期待して、案件を紹介します。

 まずは貸付スキーム。
 これは通常のSAMURAI案件と変わるところはありません。貸付先が実名化されただけです。

  20190325SAM3.jpg


 前回会社を調べたところ、ネガティブな情報は特に見当たらず。
 逆に、少し前に常陽銀行を引受先とした保証付き私募債を出しています。
 銀行保証を得られるなら信用のある証拠と考えて、前回は投資を決定しました。

  ・銀行保証付私募債の受託について


 担保や保障も、太陽光発電としては標準的なもの。
 借りに開発が頓挫した場合は元本の全額回収は困難とのコメントがありますが、この貸付はリコースローン
 のため、貸付先が破綻しない限り債務の回収は行えます。


  20190325SAM4.jpg


 本件ですが、実名化に伴うルールは確認が必要です。
 重要なルールは一つだけ。「貸付先に対して、貸付債権に冠する直接の接触をしないこと」。
 これを行った場合貸金業法違反となり、SAMURAIでの以降の投資が禁じられるだけではなく、貸金業法の
 無登録営業で罰される可能性もあります。くれぐれもご注意下さい。

  ・貸付先を開示する形式の貸付型クラウドファンディングの禁止事項について

新規会員登録キャンペーン

 SAMURAIでは現在、新規会員登録で1,000円がもらえるキャンペーン中です。
 今回の「実名化」案件を真っ先に発表した事など、管理体制については個人的に評価が上がっています。

 親会社のSAMURAI&J PARTNERSとの関係が、と気になる方もいるかもしれません。
 以前これに関して問い合わせを行い、SAMURAIの貸付に関わりがないという言質は得ています。

  ・朗報です。SAMURAIから回答:破綻時の資金取り扱いについて


  キャンペーン内容
  期間:〜4/30
  詳細:投資家登録だけで1,000円のQUOカード


  20190303SAM1.jpg


  ・(参考記事)SAMURAI 口座開設の方法を紹介します


 SAMURAI(広告リンク)
 SAMURAI証券



 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  




<ピックアップ広告>
海外案件ならクラウドクレジット。
分散投資には海外も含めるのが重要です。


(2018/12/19)
ソシャレン投資本を書きました。
かんき出版様より発売中。
是非、お手に取って下さい!


ランキング参加しています。
クリックを宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ


広告


プロフィール
SALLOWさんの画像
SALLOW
プロフィール
問い合わせは各記事のコメント、もしくはquantumアットマークsaturn.dti.ne.jpまでどうぞ。

PVアクセスランキング にほんブログ村
検索
カテゴリーアーカイブ
リンク集
最新記事
アフィリエイトリンク(全て、管理人が実際に利用しています)

SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング

クラウドバンク
クラウドバンク

OwnersBook
オーナーズブック


クラウドクレジット

LENDEX
LENDEX

Pocket Funding

SAMURAI証券 SAMURAI

CREAL
CREAL

WealthNavi
ウェルスナビ

FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO

Funds
Funds

ユニコーン
ユニコーン

COOL
COOL

楽天証券
楽天証券

さとふる
さとふる


楽天カード


A8.net

最新コメント
以下のメディアで掲載されました。

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。