広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog


2019年02月27日

オーナーズブックから連日の新規案件。今回も瞬間蒸発確実?



広告
再び新規ファンド

 昨日に引き続いて、オーナーズブックから芯ファンドが登場しました。
 2日連続は今までにあったかどうか。いずれにせよ珍しいことだとは思います。


 ・大田区マンション第5号ファンド第1回

  募集開始:2/27 18:00〜
  予定利率:4.5%
  期間:24ヶ月
  貸付総額:5,000万円(主案件)
  担保:物件に対する第二順位抵当権 評価額1億8,900万円(外部専門家査定額を参考に決定)
     先順位1億円(銀行から)
  LTV:79%

  20190227OB1.jpg


 前回は大阪の案件でしたが、今回はオーナーズブック定番の23区内案件。
 4階建てのマンション1棟を担保とする案件です。

案件詳細

 案件のスキームは、通常のオーナーズブックのものと同じです。
 資金用途は「貸付先の事業資金であれば定め無し」。
 返済原資は「売却もしくは金融機関などからの借り換え」。

  20190227OB2.png


 対象の物件は稼働率100%、近くには大学もあり住宅需要は底堅いものと思われます。
 (最上階の部屋が60m2の1LDK+Sというのは贅沢ですね)
 また、貸付先の不動産会社は直近3期連続で純利益であり、経営は順調と推測されます。

 優先出資に銀行が入っていることから、おそらくは厳しい調査が行われているのでしょう。
 少なくとも中身がない空っぽの物件だったというオチや、詐欺でしたという事はないはず。
 以上のことから考えると、リスクは限定的と言えるのではないでしょうか。


 募集総額が5,000万円と小粒なことから、10分以内の蒸発が予想されます。
 私は今回所用があってスタートダッシュできないため、参戦せず。
 参戦される方は資金振込や時計合わせなど、準備をしっかりされることをお勧めいたします。


 オーナーズブックでの投資をお考えの方は、こちらからどうぞ。
 (アフィリエイトリンク)

 OwnersBook



   ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  


2019年確定申告の手続き(前編) まずは申告画面に入るまで



広告
今年もやってきました

 2019年の確定申告シーズンです。
 確定申告の大まかな流れについては、以下の記事をご覧下さい。

  ・さて、確定申告の時期ですね。今年もぼちぼちがんばります。


 なお、本記事は2019年確定申告の前編記事となります。
 後編の記事はこちらをご覧下さい。

  ・2019年確定申告の手続き(後編) 今年の還付金を公開します


 私の場合、関係してくる収入は以下の通り。これらについて申告を行うことになります。
 (カッコ内は、その収入や支出がどこに当てはまるか)


 <収入の部>
  @サラリーマンとしての収入(給与所得)
  Aソシャレンなどの投資収入(雑所得、一部配当所得)
  Bブロガー広告収入やライターとしての収入(雑所得)

 <経費・控除の部>
  C社会保険料、生命保険料など(給与所得)
  Dブログ取材費その他(雑所得)
  Eふるさと納税(寄付金控除)


 このうち、@とCはサラリーマンとしての年末調整&源泉徴収票を入力し直せばOK。
 Eのふるさと納税は、私の場合ワンストップが使えないので確定申告を行うことになります。

 では、今回の確定申告の紹介です。今回は、詳細の申告画面まで。
 ちなみに私の場合、マイナンバーカード+カードリーダーで確定申告をしています。
 最近はID・パスワードも使えるようですが、税務署に行かなくて済む分マイナンバーがお気に入りです。

 使っているカードリーダーはこちら。
 確定申告以外にも色々使えるので、かなり重宝しています。



トップページから申告ページまで(その1)

 まずは国税庁の確定申告ページへ。
 「さらに便利で使いやすく」などと書いてありますが、確かに使いやすくはなったと思います。
 (最初がアレだったという意見はさておき)

  20190225TAX1.jpg
 (確定申告トップページ)


 上記アイコンをクリックして、次は「作成開始」。
 (拡張子「.data」の作成途中ファイルを使う場合、「保存データを利用して作成」を選択)

  20190225TAX2.jpg


 申告方法は人によって色々あると思います。
 私の場合は、「e-TAXで提出する」→「マイナンバーカード方式により提出する」になります。
 
  20190225TAX3.jpg
  20190225TAX4.jpg


 e-TAXの事前準備は毎年必要な様子。
 DLしてきたファイルをインストールして、マイナンバーカードを認証します。
 これでまずは前半部分、セットアップまで。

  20190225TAX5.jpg
  20190225TAX6.jpg

トップページから申告ページまで(その2)

 セットアップが完了したら、次へ進みます。
 次の画面も、人によって申告するものは色々あると思います。

 私の場合はソーシャルレンディングの投資利益やブログ収益が雑所得であり、青色控除が使えません。
 そのため青色申告はしていませんので、今回私が申告するのは「所得税」のみ。一番左をクリックします。

  20190225TAX7.jpg


 次の画面、私は給与・年金以外の雑所得がありますので、右側を選びます。

  20190225TAX8.jpg


 次の画面、青色申告はしていないので上のチェックボックスは空。
 「申告書の様式をイメージする」は、どちらでもいいのですが私はチェックボックスを入れています。
 どうせ最後に申告書をチェックするのですから、入力フォームもその形でいいだろうという考えです。

  20190225TAX9.png


 ということで、見慣れた画面が開きました。ここからが本番。
 実際の申告は後編で紹介します。

  20190225TAX10.jpg


 確定申告をサポートする会計ソフトの御三家と言えば、次の3つ。
 全て登録だけなら無料ですので、勉強がてら、お試しがてらいかがでしょう。
 

 マネーフォワードは私も使用中。MFクラウド会計は勉強中です。(広告リンク)
 


 こちらも有名な会計ソフト。Amazonギフトが当たるCP中。(広告リンク)
 


 対応金融サービスNo.1のfreee。スマホにも完全対応しています。(広告リンク)
 



 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  




<ピックアップ広告>
海外案件ならクラウドクレジット。
分散投資には海外も含めるのが重要です。


(2018/12/19)
ソシャレン投資本を書きました。
かんき出版様より発売中。
是非、お手に取って下さい!


ランキング参加しています。
クリックを宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ


広告


プロフィール
SALLOWさんの画像
SALLOW
プロフィール
問い合わせは各記事のコメント、もしくはquantumアットマークsaturn.dti.ne.jpまでどうぞ。

PVアクセスランキング にほんブログ村
検索
カテゴリーアーカイブ
リンク集
最新記事
アフィリエイトリンク(全て、管理人が実際に利用しています)

SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング

クラウドバンク
クラウドバンク

OwnersBook
オーナーズブック


クラウドクレジット

LENDEX
LENDEX

Pocket Funding

SAMURAI証券 SAMURAI

CREAL
CREAL

WealthNavi
ウェルスナビ

FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO

Funds
Funds

ユニコーン
ユニコーン

COOL
COOL

楽天証券
楽天証券

さとふる
さとふる


楽天カード


A8.net

最新コメント
以下のメディアで掲載されました。

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。