広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog


2018年08月01日

TATERU Fundingに追加投資(合計500万円)。8月から電子契約で手続きが楽になります



広告
今度は大阪と京都

 TATERU Fundingの優待枠で投資を行いました。
 大阪と京都の2案件、それぞれ100万円ずつの投資です(優待枠投資は最低額が100万円)。
 大阪の案件については、先日の地震の影響がないことは確認しています。


 ・キャピタル重視型 第37号TATERU APファンド 100万円

  住所:大阪市東住吉区西今川一丁目25番9
  予定利率:4.6%
  期間:4ヶ月
  貸付総額:7,420万円
  LTV:70%(30%はTATERUが劣後出資)

  20180801TTR37.jpg



 ・キャピタル重視型 第38号TATERU APファンド 100万円

  住所:京都市伏見区深草池ノ内町8番1
  予定利率:4.5%
  期間:4ヶ月
  貸付総額:6,860万円
  LTV:70%(30%はTATERUが劣後出資)

  20180801TTR38.jpg


 (注:TATERU Fundingの案件は、ログインしていないと詳細を見ることができません。
    興味がありましたら、下記リンクを通じて会員登録を検討いただければ幸いです)



 案件は二つとも4ヶ月、順調にいけば11/30に完了、12月中旬に払い戻しとなる予定です。
 これで、TATERU Fundingへの投資額は500万円。
 もう少し増やしたいところですが、資金回転が間に合わないので一旦休憩、ということになりそうです。


 TATERU FUNDINGでの投資をお考えの方は、こちらから検討いただけると嬉しいです。
 (アフィリエイトリンク)

 TATERU FUNDING

書類のやりとりが不要となります

 TATERU Fundingで投資する上での問題点の一つは、毎回書類をやりとりしなければならないことでした。
 (具体的には、こちらの記事をご覧下さい)
 投資のたびにレターパック(往復)を使うだけで720円もかかっているのはコスト面の問題もあり、改善を
 要望したこともありましたが、今回ついに改善が行われることになりました。

 具体的には、8月の募集ファンドから以下のように変わります。

  改善前)出資確定後、書類が郵送され、そこに記入捺印して返送する

  改善後)出資確定後、匿名組合契約書が電子交付され、内容を確認・同意する

 

 一番はじめに出資者登録をする際、本人確認のハガキ(転送不可)を受け取るという手間はありますが、
 それはソーシャルレンディング事業者においても同じ事です。
 申し込みごとに書類のやりとりがなくなるのは、手間の面でもコストの面でもめざましい改善でしょう。
 (後はできれば、その分を利率に乗せていただければベストなのですが)

 8月からの利用の流れについては、下記のページでまとめられていますのでご覧下さい。
 (ログイン無しでも見られます)

  ・ご利用の流れ (TATERU Funding)


 書類の記入・返送というのは面倒なもので、投資を始めるにあたっての心理的な壁になります。
 今回電子契約になることでその壁がなくなり、より参加しやすくなるのではないでしょうか。
 今後のTATERU Funding&Apartmentの躍進に期待です。


 TATERU FUNDINGでの投資をお考えの方は、こちらから検討いただけると嬉しいです。
 (アフィリエイトリンク)

 TATERU FUNDING


 本家TATERU Apartmentで不動産投資をお考えの方は、こちらのご利用も検討下さい。
 (アフィリエイトリンク)

 




 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  


posted by SALLOW at 19:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | 投資記録

LENDEXから東急リバブルの表記が消えた件について、問い合わせてみました



広告
直近のLENDEX案件に関する疑問

 LENDEXに関する記事です。
 以前、直近のLENDEX案件において、「東急リバブル査定」の文言が消えているという記事を書きました。


 ・不動産担保付きローンファンド 25号

  予定利率:8%
  期間:12ヶ月
  貸付総額:6,000万円(主部分)
  担保:那須郡の土地建物に対する第一順位抵当権
     代表者連帯保証
  LTV:80%以下

  


 これまでは下記のような画像で東急リバブルの査定であると明記がされていましたが、この案件については
 そのような文言が入っていません。

  20180725LEN1.png

 LENDEXの売りの一つは、東急リバブルの査定額を使用している、というところです。
 これは下にあるリンクバナーにもそのように謳われています。
 その事実が変わったのであれば問題だと感じ、問い合わせを行いましたので紹介します。

LENDEXの回答

 以下、問い合わせた内容と回答です。

Q1:不動産担保付きローンファンド 25号においてはこれまでと異なり、「東急リバブル査定」の文言がなく、「第三者評価機関」という表現になっている。
これは、東急リバブルが査定したものではない、ということか。それとも何か別の事情があるのか。
また、今後の案件の査定についてはどういう方針か。

A1:東急リバブルに依頼している簡易算定は、あくまでもLENDEX内部での利用を目的としているため、東急リバブルと協議し、第三者に開示するのを控える事とした。
今後、他社の査定額を用いる可能性はあるが、「LENDEX独自の査定額」「第三者評価機関による査定額」の二つを融資額の設定時に用いるという体制は変わらない。
なお、第三者評価機関の詳細については詳細は答えられない。

Q2:25号案件については評価額が不明だが、これは評価額を出す事により、物件売却に不具合があるという事情か、もしくは別の事情があるのか。

A2:現状査定額を開示することによって、物件の売却活動に影響は出ていないが、査定額については開示を控える方針。

 ここまでのまとめとしては、以下の通りになると思います。


  @LENDEXはこれまでも、今後も、「LENDEX独自査定額」「第三者評価機関の査定額」という二つの
   査定額に基づき、融資額を決定している。

  A「LENDEX独自査定額」は、東急リバブル等ではなく、LENDEX社内の査定額のこと。

  B「第三者評価機関」とは、東急リバブルも含めたLENDEX以外の第三者。



 Q1の赤字部、「東急リバブルの査定額を開示するのを控えた」と読むべきか。
 それとも「東急リバブルの査定額として開示するのを控えた」と読むべきか、微妙なところです。
 あくまでも私見ですが、「東急リバブルの査定は続いているが、それを開示しなくなった」のではないかと
 思います。

 というのも、「LENDEX査定額」に加えて「第三者評価機関」の査定が続いているという回答内容。
 さらに、東急リバブルとの提携を切っているわけではない、という内容も読み取れます。
 その状態で、LENDEX独自査定と東急リバブル査定以外の3つめがあるとは考えにくいからです。

 こういった問い合わせは数多くあったようで、LENDEXからは以下のコメントもいただいています。

LENDEX追記(原文ママ):
おっしゃる通り、この件につきまして投資家の皆様より多くのお問い合わせを頂いております。
不信感を与えてしまったことについて、お詫び申し上げます。
もう少し、何か説明に工夫が必要であったと反省しております。

何かトラブルが発生したですとか、指摘があったということではなく
あくまでも弊社とリバブル様との協議結果として、公表を控えさせていただくことになりました。

現状HP上に、業務提携先としてリバブル様のお名前を載せさせていただいておりますが、
今後HPの内容について、時期は未定ですが更新させていただく予定です。

 とりあえずは、トラブルや指摘の類ではないということで一安心です。
 LENDEX側も反響には驚いているようで、今後の改善やフォローに期待したいと思います。

 なお付け加えますと、相変わらずLENDEX側の問い合わせに対する反応は極めて迅速でした。
 メールは2往復やりとりをさせていただきましたが、1通目は15分、2通目は1時間で回答が戻って来ました。
 この素早さは、他のソーシャルレンディング事業者も見習うべき速度ではないでしょうか。


 LENDEXでの投資をお考えのお考えの方は、こちらから検討いただけると嬉しいです。
 (アフィリエイトリンク)

 LENDEX



 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  


posted by SALLOW at 15:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資の話題


<ピックアップ広告>
海外案件ならクラウドクレジット。
分散投資には海外も含めるのが重要です。


(2018/12/19)
ソシャレン投資本を書きました。
かんき出版様より発売中。
是非、お手に取って下さい!


ランキング参加しています。
クリックを宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ


広告


プロフィール
SALLOWさんの画像
SALLOW
プロフィール
問い合わせは各記事のコメント、もしくはquantumアットマークsaturn.dti.ne.jpまでどうぞ。

PVアクセスランキング にほんブログ村
検索
カテゴリーアーカイブ
リンク集
最新記事
アフィリエイトリンク(全て、管理人が実際に利用しています)

SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング

クラウドバンク
クラウドバンク

OwnersBook
オーナーズブック


クラウドクレジット

LENDEX
LENDEX

Pocket Funding

SAMURAI証券 SAMURAI

CREAL
CREAL

WealthNavi
ウェルスナビ

FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO

Funds
Funds

ユニコーン
ユニコーン

COOL
COOL

楽天証券
楽天証券

さとふる
さとふる


楽天カード


A8.net

最新コメント
以下のメディアで掲載されました。

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。