2018年08月31日

エメラダ・エクイティから新案件登場。キャッシュバックアプリはブレイクするのか?



広告
エメラダ・エクイティから7社目の案件が登場

 今回はエメラダ・エクイティ(エメラダ)の話題です。

 エメラダはソーシャルレンディング(=融資型クラウドファンディング、CF)ではなく、株式投資型のCF
 と言うカテゴリー投資商品です。
 融資ではない以上、担保や保証はありません。エメラダの場合、出資と引き替えに受け取る事ができるのは
 未上場会社の新株予約権であり、IPOや買収がなければ市場での売買をすることはできません。

 株式投資型CFは、ソーシャルレンディングと比べリスクは相当高いと思うべきでしょう。
 その代わり、首尾良くIPOや買収となった場合、数パーセントや十数パーセントどころか、出資額の数倍、
 もしかすると数十倍のリターンを得られる可能性もあります。



 さて、今回募集開始となる案件は「キャッシュビー株式会社」。
 「消費者マーケティングを変革する、キャッシュバックアプリ」という触れ込みです。


 ・キャッシュビー株式会社

  募集開始:8/31 18:00〜
  募集上限額:3,360万円

  20180831EME1.png

内容紹介

 アプリ利用者の「お得に買い物をしたい」「商品の事をもっと知りたい」という希望と、商品を売る側の
 「商品をもっと知って欲しい」「どんなニーズがあるのかを知りたい」という希望のマッチングにより、
 お互いにとってメリットのある提案を行うものです。


  20180831EME2.png

  20180831EME3.png

 同様のサービスはECサイトやポイントサイトで見かけた事がありますが、

  ・商品や購入店舗が(あまり)限定されていない
  ・キャッシュバックが現金で行われる


 というあたりで差別化がなされていると思われます。
 一方で企業側としても、

  ・定額や従量制ではなく、成功報酬型の料金体系
  ・広告効果(閲覧数や購入数)の検証が容易


 というメリットがある、と紹介されています。


 日本以外に目を向けると、キャッシュバックアプリは欧米市場で急成長中とのこと。
 その流れに乗ることができれば、このサービスも速やかなIPOや買収が期待できます。

 また、今年8月から楽天銀行アプリのサービスに登録された事も良い影響を与えるでしょう。
 楽天銀行のアプリ使用者は400万を超えており、潜在的に大きなユーザ獲得機会があると言えそうです。


 キャッシュビー社には既に、鴻海ベンチャー投資のパートナーファンドや北海道新聞社など、法人投資家が
 出資を行っています。
 エメラダが募集する案件の特徴は、「既にプロが投資している案件に投資できること」。
 プロが投資する案件であれば、IPOや買収の可能性も高い。
 リスクが高い株式投資型CFにおいて、そのリスクを限定的にするためのエメラダ独自手法です。


 エメラダの案件は、会員登録をしなければ詳細を見ることができません。
 実際に投資をするかはともかく、気になった方は会員登録だけでもしてみてはいかがでしょうか。


 エメラダでの投資を検討される方は、こちらのリンクをご利用いただければ幸いです。
 (アフィリエイトリンクです)

 エメラダ・エクイティ



 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  



2018年08月30日

ロボットアドバイザー投資を初めてみます。調査の結果、事業者と条件を決定。



広告
ロボアド開始

 元々新しいモノ好きの血は流れているので、ロボアドにも興味を持っていました。
 ただ、ここ最近はどうしてもソーシャルレンディングに全力投資をしており、資金的にも作業的にもあまり
 余裕がなく、一歩を踏み出せないでいたのが現状です。
 最近は少し余裕が出てきましたので、ちょうど良いタイミングと思い、ロボアド投資を始める事にしました。

 なお、ロボアドを始めてもソーシャルレンディングへの投資を止めるつもりはありません。
 値動きのある投資は苦手なので、おそらくは資金の一部を投下するだけになると思います。

 今回はロボアドを始めるにあたり、調査した内容と、結果として私が選んだ条件を紹介します。
 投資家一人一人ごとに状況は千差万別であり、私のケースにそっくり当てはまる事は少ないと思いますが
 参考情報の一つとしてご覧下さい。

調査した内容

 ロボアドを始めるにあたり、まず比較調査を行いました。
 あまり多くの候補を入れても仕方ありませんので、候補としたのは有名どころの下記3つです。

  ・WealthNavi
  ・THEO
  ・楽ラップ



 まずは、入手可能な事実から比較すると、次のようになりました。

 20180828WEL1.png

 ソーシャルレンディングは国内がメインですので、どうせなら海外に投資したいものです。
 ですので投資対象が国内投信であり、かつ信託財産留保額(≒解約時手数料)があることから、楽ラップは
 対象外としました。

 後はWealthNaviとTHEOですが、長期手数料割り引きと税金最適化機能があることから、WealthNaviの方が
 今のところは優れていそうです。
 WealthNaviの投資対象は米国上場ETFですが、米国がどうかなるような状況であれば、そもそも世界自体の
 行く末を心配した方がいい
と思うので、この点はあまり気にしていません。

リスク許容度の診断結果

 次に、リスク許容度です。

 WealthNaviでは許容度が1〜5まであり、各投資家にとって何が適しているかを無料診断できます。
 実際に私が現状を入力してみたところ、ランク「4」と判断されました。
 ランク4の投資対象と割合は、次の通りです。
 (金額は500万円を投資した場合であり、実際に私が投資する金額ではありません)
 
 20180828WEL3.png

 ただ、個人的にはロボアドでリスクを高く取るつもりはありません。
 上のように株が全体の7割を超えているようなポートフォリオは、私がロボアドに求めるところと比べて
 みると、少しリスク偏重だと考えています。


 株の投資割合は、全体の半分以下にしておきたいというのが私の思いです。
 そういうことで色々調整してみますと、ランク「2」あたりが相応なのではないかと考えました。
 ランク2の投資対象と割合は、以下の通りです。

 20180828WEL4.png

 とりあえずこれで、投資を始めてみることにします。
 実際に投資成果がどうなったかは、「その他お金の話題」のカテゴリで、また記事にします。


 WealthNaviでの投資を検討されている方は、こちらのリンクをご利用いただければ幸いです。
 (アフィリエイトリンク)

 WealthNavi



 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  





<ピックアップ広告>
「実名化案件」を扱うSAMURAI
日本保証との提携により、債務保証の
付いた案件も登場!
会員登録方法はこちらをご覧下さい。
SAMURAI_banner.jpg

ソシャレン投資本を書きました。
かんき出版様より発売中。
是非、お手に取って下さい!


ランキング参加しています。
クリックを宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ


広告


プロフィール
SALLOWさんの画像
SALLOW
プロフィール
問い合わせは各記事のコメント、もしくはquantumアットマークsaturn.dti.ne.jpまでどうぞ。

PVアクセスランキング にほんブログ村
検索
カテゴリーアーカイブ
リンク集
最新記事
アフィリエイトリンク(全て、管理人が実際に利用しています)

SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング

クラウドバンク
クラウドバンク

OwnersBook
オーナーズブック


クラウドクレジット

LENDEX
LENDEX

Pocket Funding

s-SAMURAIバナーA.jpg
SAMURAI

CREAL
CREAL

WealthNavi
ウェルスナビ

FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO

楽天証券
楽天証券

さとふる
さとふる


楽天カード


A8.net

最新コメント