2018年07月01日

JCサービスがmaneoマーケットに反論。泥沼化の兆し?



広告
JCサービスがまさかの全面対決姿勢

 以前の記事の続き、になります。

 ・maneoマーケットがGIレンディングを切り離したようです

最終資金需要者において上記説明とは異なる使途に一部資金が使用された疑いがあることが判明いたしました。これを受けて、弊社は、かかる疑いのある対象ファンドの新規募集を停止した上で、最終資金需要者の認識や見解について説明を受け、事実関係の確認を実施いたしました。

その結果、大変遺憾ながらグリーンインフラレンディング社から弊社が説明を受け、投資家の皆様にご説明申し上げていた使途とは異なる使途に一部資金が使用されたものと評価せざるを得ないとの判断に至りました。

「グリーンインフラレンディング」における今後のファンドの募集は停止させて頂きます。また、新規の投資家登録も停止させていただきます。

 (6/29、maneoマーケットの発表)

 この発表は事実上、maneoマーケットがGIレンディングを切り離したものです。
 これで終わったかに見えましたが、まだ続きがありました。

 7/1に今度はGIレンディングの経営母体であるJCサービスが、お知らせを発表しています。

  ・グリーンインフラレンディングについて (JCサービス)

このような状況の中、株式会社グリーンインフラレンディングの HPにおいて、6月29日、maneoマーケット株式会社により、株式会社グリーンインフラレンディング及び弊社に対して事前の説明等もなく、一方的に、「ファンド募集停止等のお知らせ」を掲載し、「投資家の皆様にご説明申し上げていた使途とは異なる使途に一部資金が使用されたものと評価せざるを得ない」とし、「今後のファンドの募集」を停止するとの「お知らせ」が掲載されました。

株式会社グリーンインフラレンディング及び弊社としては、maneoマーケット株式会社に対しまして「資金の使途に関する同社の確認」のための作業に協力してまいりましたが、同社が事実関係の十分な精査確認もないまま、一方的に、自社の見解をもとにこのような対応をされたことは大変遺憾であります。

 まさかの全面対決姿勢。

 maneoマーケットがGIレンディングを切り離すに至ったその裏には、JCサービスとの間で渋々ながらも
 合意が取れているものだと思ったのですが、全くそんな事はなかった様子です。

 ということはあの発表、maneoマーケットの先走りということでしょうか。
 金融庁の調査が入っている、しかも政治資金絡みでもあったので、とっとと幕を引きたくてああいう行動に
 出た、ということなのかもしれません。

 しかしそれにしても、maneoでJCサービスと思われる案件が募集されているのもまた事実。
 (匿名化のため、JCサービスなのかどうか、肯定も否定もできませんが)
 もしその案件がJCサービスなのだとしたら、JCサービスとしてはほとぼりが冷めたらGIレンディングで
 募集を復活させようとしたところ、寝耳に水の切り離し宣言でカチンときたのかもしれません。



 ちょっと泥沼化の様相を呈してきましたね。
 投資家としては内輪もめはどうでもいいから返す物返せよ、というところなのですが、はてさて。
 今月のGIレンディングの償還がどうなるかがポイントでしょう。

 一番怖いのは、maneoマーケットから切られた事を返済焦げ付きの理由に使わないか、ということです。
 案件がまともに動いているのであれば、そこまでの心配は要らないのかもしれませんが、昨今の状況や
 JCサービスの脇の甘さ、内部統制の問題を考えると、一抹の不安はよぎります。


 mistake-876597_960_720.jpg

一つツッコむのなら

 JCサービスのお知らせには、次の一文も掲載されていました。
また、一部報道において、ファンドで募集した資金の一部が投資家への事前の説明と異なり融資先の企業から弊社の関係会社または関係者に渡ったかのような記載がありますが、そのような事実はありません。

 これはまあ、言葉遊びですね。
 JCサービスからJC証券にお金が渡ったのは事実。そのお金がJC証券から細野氏に渡ったのもまた事実。
 (NHKが報じているという事から、事実として間違いないだろうと判断しました)

 これまでの事を考えると、JCサービス内で資金の分別管理がきちんと行われているとはとても思えません。
 (でなければ、一部のお金が社長の口座に直接入金される、などという問題は起きないわけで)
 分別管理が行われていないのなら、お金に印が付いていませんから、細野氏に渡ったお金がどこから出た
 ものなのか、証明も反証もできないことになります。

 証明も反証もできないものを持ち出して「事実がない」と言うのは、ただの詭弁の類です。
 事実がないと言うのなら、JCサービスからJC証券に渡ったお金、JC証券から細野氏に渡ったお金の出所を
 明確に発表すべきでしょう。



 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  


6/27 クラウドバンクに投資+口座情報に変化がありました



広告
今回は太陽光案件に資金を投入しました

 クラウドバンクから月中の償還を受け、再投資を行いました。
 今回は中小企業支援ファンド、という名前ですが内容は太陽光案件になります。


 ・中小企業支援型ローンファンド第359号 95.4万円

  予定利率:6.6%
  期間:13ヶ月
  貸付総額:8,000万円(2案件合計)
  担保:地上権に対する抵当権、貸付債権に対する譲渡担保
     代表者連帯保証、関連会社の連帯保証
     経産省IDの譲渡予約、電力会社との系統連系地位の譲渡予約

  


 貸付先であるAT社の関連会社(太陽光発電事業者)のバックファイナンス案件です。
 担保や保全はクラウドバンクの標準的なものでしょう。

 20180623CB3.png

 対象となる太陽光発電は福島県にある2カ所。FITは21円と18円で、ちょっと微妙です。
 ただ、太陽光発電そのものに投資を行うわけではありませんので、13ヶ月の投資期間の間であれば、それ
 なりに安全性はあるのではないかと考えています。

 20180623CB4.png

メンテナンス完了、口座に米ドル表記が登場しました

 さて、クラウドバンクは29日にメンテナンスを行っていました。
 そのメンテナンス明け、口座情報のページに変化が現れています。

 201806701CB1.png

 口座残高に米ドルが追加されました。
 クラウドバンクは近日中に米ドル建ての投資案件を募集することを公表していますが、このメンテナンスで
 その準備が整ったという事なのでしょう。

  20180601CB1.png

 通常、ソーシャルレンディング事業者の持つ第二種金融商品取扱登録では外貨を預かる事ができません。
 (もっと言えば、日本円の預かりさえ実はグレーゾーンです)
 一方でクラウドバンクは証券業、つまり第一種登録を行っていますので、外貨を預かる事ができます。
 そういった意味で、クラウドバンクならではの商品と言えるでしょう。募集が楽しみです。


 クラウドバンクでの投資をお考えの方は、こちらから検討いただけると嬉しいです。
 (アフィリエイトリンク)

 クラウドバンク


 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  


posted by SALLOW at 19:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資記録


<ピックアップ広告>
海外案件ならクラウドクレジット。
今なら新規登録+20万円以上投資で
5,000SBIポイントプレゼント中!


(2019/6/29)
電子書籍を書きました。
こちらもよろしくお願いします!

  3wari.jpg
世界中のモノを「3割引き」で買う技:
一生使える知恵袋 お金の勉強


(2018/12/19)
ソシャレン投資本を書きました。
かんき出版様より発売中。
是非、お手に取って下さい!


ランキング参加しています。
クリックを宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ


広告


プロフィール
SALLOWさんの画像
SALLOW
プロフィール
問い合わせは各記事のコメント、もしくはquantumアットマークsaturn.dti.ne.jpまでどうぞ。

PVアクセスランキング にほんブログ村
検索
カテゴリーアーカイブ
リンク集
最新記事
アフィリエイトリンク(全て、管理人が実際に利用しています)

SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング

クラウドバンク
クラウドバンク

OwnersBook
オーナーズブック


クラウドクレジット

LENDEX
LENDEX

Pocket Funding

SAMURAI証券 SAMURAI

CREAL
CREAL

WealthNavi
ウェルスナビ

FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO

Funds
Funds

ユニコーン
ユニコーン

COOL
COOL

楽天証券
楽天証券

さとふる
さとふる


楽天カード


A8.net

最新コメント
以下のメディアで掲載されました。