2018年05月22日

「ライフ・シフト」とお金の意味に関する雑感



広告
2冊のベストセラー

 今回は、PRESIDENT ONLINEの記事です。

  ・"給料の高低と人間の価値"は本来関係ない

 記事の著者はリンダ・グラットン教授。
 この記事はベストセラーとなった「ワーク・シフト」の抜粋となります。
 また、「ワーク・シフト」以外にも、同じくベストセラーの「ライフ・シフト」という本を、同じロンドン
 ビジネススクールのアンドリュー・スコット教授と共著されてもいます。

 これら2冊の本は私の勤めている会社でも一時期話題になりました。
 その発信源がどこだったかは分かりませんが、会社の上位層なことだけは間違いなかったと思います。
 これらの本は2冊とも読んでみましたが、少なくとも日本の会社の上位層が部下に対して勧めるべき本では
 ない、というのが私の印象です。



 「ライフ・シフト」の中身をざっくりと要約すると、以下のような感じでした。

 人生100年時代においては、これまでの伝統的な考え方である現3ステージの人生(教育・就業・老後)という考え方を改め、マルチステージの人生を歩むことが必要になる。
 このような人生では、資産だけではなくスキルや健康、人間関係という『見えない資産』をいかに育み利用していくかという問題に直面する。
 今後、これまでのロールモデルではない新しい生き方の実験が活発になるだろう。
 そしてまた今後は、生涯を通じて変わり続け、適応し続ける覚悟が必要になると思われる。

 この本では、人生100年世代に基づく生き方の模索、有形/無形資産の重要性、取り組むべき課題について
 書かれています。
 特に「取り組むべき課題」については、企業にも変革と痛みを要求し、「人生100年時代」を生きる社員に
 必要な手助けと広範な働き方の機会を提供するよう
、提言を行っています。
 
 特に日本企業は傾向的に、社員には会社に依存してもらいたいものです。
 だと言うのに、こんな内容の本を社員に読ませたら逆効果でしょう。
 「ワーク・シフト」の方はまだ仕事よりの内容ですが、それにしても「一つの会社に固執する働き方は、
 今後無くなっていく」
という根本の考え方には変わりがありません。


 (参考&宣伝リンク)


お金は交換用のアイテム

 閑話休題、失礼しました。本題に戻ります。

 さて、上記のPRESIDENT ONLINEの記事ですが、リンダ・グラットン教授の言葉として
 「幸せになるためには、お金を目的としない職業人生にシフトする必要がある」
 という内容を取り上げています。

 記事の中から一部を抜粋します。

私たちはモノやサービスを購入することを通じて、自分の人間としての価値を立証しようとする。世界の多くの社会では、お金が社会的地位の証として最も強力な要素になっている。そこで、私たちはお金を稼ぐために懸命になる。

問題は、誰もがほかの人との比較を通じて自分の地位を証明しようとすると、競争が生まれて、達成すべき基準がどんどん高くなっていくことだ。こうして、私たちは、ライバル以上に稼がなくてはならないと強く思うようになり、お金と仕事の結びつきがひときわ強化される可能性がある。

 まさにその通りだと思います。

 お金は現在の世界において最大の流動性を誇るアイテムです。
 まさか世界がもう一度物々交換の時代に戻るとは考えにくいですし、今後もそれは変わらないでしょう。
 ですから、人生を円滑に進めるため、必要十分量のアイテムを保持しようとするのは全くの道理です。
 例え使わなくとも、ラストエリクサーはボス戦に持っておきたいですし。

 ただ問題なのは、このお金にアイテムとしての価値以上のものを感じる人が多いことでしょう。
 もちろん私もその一人ではありますが、物欲が薄い分こういう感覚は人よりは少ないと思います。

 お金が最強の流動性を持つアイテムとしてだけではなく、地位や人格と結び付いているのが現代です。
 ある意味自然な、仕方ない事とは言え、どこかでそのラットレースからはおさらばしたいものです。
 特に、「消費するために稼ぐ」などという不毛な連鎖からは。


 business-3371372_960_720.jpg

ワークシフトよりライフシフト

 とは言え、何もお金が要らないと言っているわけではありません。
 生きていくためにはもちろんお金は必要です。
 ですが、生きるために必要な物が揃っている場合、「これ以上良い暮らし」は本当に必要でしょうか?

 「ワーク・シフト」の中でも、先進国の多くの人たちにとって
 「所得がこれ以上増えても満足感や幸福感が高まらない」
 という事が言及されています。

 「そんな事はないよ、贅沢な生活をすれば満足も幸福も高まるよ」という意見もあるでしょう。
 ですが、贅沢な暮らしはいずれ慣れます。
 そして慣れた時には、生活レベルを元に戻す事が苦痛に感じるという麻薬でもあります。
 (昔、少しだけそんな生活をしていた頃がありました。その時の実体験です)


 現在の資本主義において社会とお金は切り離せませんので、お金(それがフローであれストックであれ)が
 社会的地位を表現してしまうという事は、残念ながら決して無くならないでしょう。
 人は分かりやすいものが好きです。そしてお金は、非常に分かりやすく定量化できる指標です。

 ならばせめて、社会的地位と人間の価値とは分けて考えるべきでしょう。
 社会的地位は高くとも本質は・・・という人間もいるでしょうし。


 ということで、この記事には概ね賛同するのですが、一点どうも首をひねってしまうところもあります。
 記事の中で、仕事に関する約束事を書き換える時が来た、という部分があります。
 
〈第三のシフト〉を推し進める舞台は整った。産業革命以降、仕事に関する古い約束事のもと、お金と消費が仕事の中核をなしてきたが、それを次のように書き換えることが可能になりつつある。

私が働くのは、充実した経験をするため。それが私の幸せの土台だ。

 確かにその通りだとは思うのですが、なぜ「働く」事が大前提になっているのかが疑問です。
 「働かない」という選択肢はないのでしょうか?
 著者がロンドンのビジネススクール教授である以上、そんな選択肢はないのかもしれませんが。


 「ワーク・シフト」の中では、組織にしがみつくのではなく多様な働き方へシフトしていくべきだ、という
 未来に向けての提言がなされています。
 なら、その多様性の中に「働かない(もしくは好きなときだけ働く)」という選択肢もあるはずです。

 ワークシフト、ライフシフトという名前を比べた場合、ワークはライフの一部分に過ぎません。
 なら私は、働き方を変えるより、生き方を変える方を目指して進んでいきたいと思うのです。


 (参考&宣伝リンク)



 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  



2018年05月21日

追加投資を行いました(5/18 トラストレンディング)+案件の推定など



広告
トラストレンディングに追加投資

 トラストレンディングに追加投資を行いました。
 (トラストレンディングは預託金口座がないため、全ての投資は追加投資となります)


 ・債権担保付ローンファンド139号 20万円

  予定利率:12%
  期間:12ヶ月
  貸付総額:2億円
  担保:債権譲渡担保

  


 内容は、原発事故被災地の除染事業です。
 ガチガチの公共事業で、天下りの方々が役員のほとんどを占めるトラストレンディングとしては大得意の
 案件、ということになるでしょうか。
 大本の復興庁は東日本大震災からの復興を目的として期間を定めて設置された機関で、「庁」という名前
 は付いていますが、上位組織は内閣しかありませんので実質は「省」同等の権限を持ちます。

 20180519TR1.png

 ちなみにこの案件、第一弾の5,000万円はSBI SLを彷彿とさせる速度で溶けました。
 トラストレンディングで、サーバが過負荷で凍っている間に案件が溶けたのは初めての経験です。
 その数十分後に募集を開始された第二弾には、何とか投資できました。

案件の調査

 ため池やダムなどの除染を行うために、汚染物質の吸着素材をヘリから散布する事業とのことです。
 案件説明に、この除染方法は「政府の基本方針に沿った内容で、且つ新たに提言された画期的な技術」
 ありますので、おそらく特許か実用新案でも取っているのだろうと予想されます。

 周囲の物質を積極的に吸着する素材、というと最初に思いつくのは活性炭ではないでしょうか。
 ただ活性炭では吸着はできても、水底に層を形成することは難しいです(活性炭の場合、粒子がある意味
 「サラサラ」しているので、水流が起これば水中で舞い上がってしまいます)。

 それ以外の素材を探すのに「放射性物質 吸着」で検索を行うと、ゼオライトが引っかかってきました。
 ゼオライトは酸化ケイ素と酸化アルミニウムを主成分としているので、要は土のようなもの。
 水を含めば膨れあがり、水底に粘土のような層を構成することができます。

  ・参考:天然ゼオライトについて (新東北化学工業株式会社)


 次に、「ゼオライト 空中散布」で検索。
 即出てきたのは、今回の件と非常に親和性の高い資料でした。

  ・参考資料:「福島県内、ため池に関する環境改善の提案」

目的:ため池の底にゼオライトの層を構築及び出口にフィルターを形成することにより、セシウム等に汚染された水の流出を完全に阻止

散布物:天然ゼオライト 5〜10mm程度の粒子

散布方法:ヘリコプターにより空中から散布する

 ゼオライト使用、ヘリ散布というのは今回の件と同じです。
 さらに、その後にも親和性の高い表現がありました。

(上記使用より)
公益法人原子力バックエンド推進センターにおける考察と実証実験により有効性を確認(農水省、復興庁に提出)

(トラストレンディングの案件説明より)
放射性廃棄物の処分・処理に関する専門機関(原子力系の公益財団法人)によってその有効性と実現性が充分に検証された方式

 ここまで表現が一致していれば、およそ決めつけても問題ないと思います。
 「原子力系の公益財団法人」=「原子力バックエンド推進センター」でしょう。


 次に、なぜか先の資料のトップページは死んでいたので、特許公開番号から追う事にしました。
 参考資料内に、「特開2015-111100」と記載がありますので、簡単に追う事ができます。

  ・特開2015-111100 (特許情報プラットフォーム)

 出願人は三者。
 その中で実質的な元締めなのは、おそらく地方再生支援機構株式会社でしょう。
 国土災害管理財団は活動内容がさっぱり分からないのでパス、もう一つの出願人であるNSI株式会社は
 地方再生支援機構(株)の関連会社です。

 地方再生支援機構(株)は自衛隊のOBが数多く所属している、ある意味こちらも天下り会社。
 役員の大半が天下りのトラストレンディングとの親和性も高いと予想されます。
 おそらくは、案件紹介における「事業統括業者」=「地方再生支援機構(株)」ではないでしょうか。


 もちろん、状況証拠がメインですので間違いはあるかもしれません。
 Webから手に入る情報に基づく限り、蓋然性はこれが一番高いと考え、紹介させてもらいました。
 何せコチコチの公共事業。高い利率には高いリスクが隠れていますので全力投資は少し越が引けますが、
 少額を投資するには向いていると考え、投資を実施しました。


 トラストレンディングでの投資をお考えの方は、こちらから検討いただけると嬉しいです。
 (アフィリエイトリンク)

 



トラストレンディングにも聞いてみました

 もう一つの話題です。
 以前の記事でLENDEXにも同じ問いかけをしましたが、トラストレンディングも外部資本が入っていない
 という事情は同じですので、こちらにも問い合わせをしてみることにしました。

  【質問内容】
  ・貸付先とトラストレンディングとの間に人的・資本・業務提携その他の関係はあるか?
  ・もしある場合、それは明記されているか?


 午後4時頃にメールで質問を行い、その日の午後7時過ぎに回答を受け取りました。

(一部抜粋)貸付先との関係性とその明記について、
貸付先が関係会社である場合は、その内容をファンド詳細ページの【借入人の概要】と【スキーム図】に
記載しております。


**様からのご質問内容を察するに、他社行政処分例にみる事業者リスクについて懸念されているものと思慮します。

当社は豊富な知識、経験、人脈及び専門性の高い知見をもつ人材を採用するために、年明けからすでに2名の取締役に迎え入れました。
当社取締役は公共事業プロジェクトの事業主と人脈や交友関係はありますが、貸付先との間には**様のお問合せにあるような関係性は一切ありません。

また、借入人の審査やファンド募集など業務執行の意思決定等を行う取締役会と業務執行を監査する監査役を設置することでコーポレート・ガバナンスをより強化しております。

 こちらもさすがに、最近の事件は気にかけている様子です。
 文書でこのような返答をもらいましたので、まずはこれを呑み込む事にします。

 取締役となった元役人の人脈で、公共事業案件を集める事ができ、それに対するローンファンドを組成する
 ことができるというスキームはなかなか魅力的です。
 (さらに言えば、天下り役人の方々の保身能力と逃げ足の早さは信頼できます)
 今後も分散投資先の一つとして、投資を続けていこうと思います。

最後に、キャンペーンの紹介

 トラストレンディングは現在、新規会員向けのキャンペーンを行っています。

 

 会員登録とメルマガ購読だけなら、手間は少しかかりますがリスクはありません。
 ノーリスクで1,500円がもらえるキャンペーンですので、興味がある方は検討されてはいかがでしょう。
 その際は、できれば下記のリンクをご利用いただければ幸いです。


 トラストレンディングでの投資をお考えの方は、こちらから検討いただけると嬉しいです。
 (アフィリエイトリンク)

 




 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  



posted by SALLOW at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資記録


<ピックアップ広告>
「実名化案件」を扱うSAMURAI
日本保証との提携により、債務保証の
付いた案件も登場!
会員登録方法はこちらをご覧下さい。
SAMURAI_banner.jpg

ソシャレン投資本を書きました。
かんき出版様より発売中。
是非、お手に取って下さい!


ランキング参加しています。
クリックを宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ


広告


プロフィール
SALLOWさんの画像
SALLOW
プロフィール
問い合わせは各記事のコメント、もしくはquantumアットマークsaturn.dti.ne.jpまでどうぞ。

PVアクセスランキング にほんブログ村
検索
カテゴリーアーカイブ
リンク集
最新記事
アフィリエイトリンク(全て、管理人が実際に利用しています)

SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング

クラウドバンク
クラウドバンク

OwnersBook
オーナーズブック


クラウドクレジット

LENDEX
LENDEX

Pocket Funding

s-SAMURAIバナーA.jpg
SAMURAI

CREAL
CREAL

WealthNavi
ウェルスナビ

FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO

楽天証券
楽天証券

さとふる
さとふる


楽天カード


A8.net

最新コメント