2018年05月24日

追加投資を行いました(5/22 SBIソーシャルレンディングに合計300万円)



広告
SBI SL メガソーラーに追加投資

 SBIソーシャルレンディングはこのところ、募集予定ファンドを公開しています。
 投資の計画が立てられるので、投資家にとっては嬉しい措置だと思います。

 ちなみに今月の募集総額は約39.7億円。これに常時募集型の不動産担保ローンファンドもありますので、
 実際は40億円を超える募集をしていることになります。
 (これは、日本のソーシャルレンディング事業者で2位です。1位はmaneo)

 さて、今回はSBI SLに大型の投資を行いました。まずはメガソーラー。


 ・SBISLメガソーラーブリッジローンファンド15号 200万円

  予定利率:7%
  期間:12ヶ月
  貸付総額:20億円
  担保:@太陽光発電事業者に対する出資持分に質権設定
     A太陽光発電事業の事業用地に抵当権設定
     B発電設備一式に譲渡担保権設定
     *@及びAの評価額で26.8億円(LTV換算 75%)
     太陽光発電事業者、関連会社、協力企業の三者で互いに連帯保証


 資金用途は、太陽光発電事業者の運転費用となります。
 太陽光発電の権利確保、設備の設置を行い太陽光発電所を立ち上げた上、別のファンドに売却することで
 Exitとなります。その間のつなぎ資金を貸し付けるというローンファンドです。

 20180523SBI3.png

 「かけはし」シリーズと銘打たれた、玄海インベストメントアドバイザーと協業しているファンドです。
 これまでの貸付実績は135億円以上、返済遅延及び貸し倒れは無し。

 太陽光を始めとした再生可能エネルギーは、近い将来には補助金頼みのビジネスから、健全で厳しい競争の
 世界に放り込まれる事になりそうです。
 ですが、現時点で買い取り価格が決まっている案件であれば、一定期間はそれが覆る事がありません。
 本件は36円/kWhというかなりのお宝案件ですので、売却によるExitが不調になるという
 事は考えにくいと思います。

 また、担保についても流動性は微妙ですが、LTVは75%程度と少し余裕があります。
 関連するプレイヤーが全て連帯保証していますので、ある程度強固と言えるでしょう。
 そして、これまでの実績を合わせて考えると、それなりに安定性はあると判断しています。

 以上のような理由から、ちょっと多いですが200万円の追加投資を行いました。
 原資は他のソーシャルレンディング事業者からの資金です。
 ソーシャルレンディング事業者の選択と集中を進めようとする動きの一環で、SBI SLには今後も引き続き
 資金を集中させていくことになると思います。


 SBIソーシャルレンディングでの投資をお考えの方は、こちらから検討いただけると嬉しいです。
 (アフィリエイトリンク)

 SBIソーシャルレンディング

SBI 不動産バイヤーズローンファンドに追加投資

 もう一つは不動産バイヤーズローンファンドです。

 こちら、その前に募集されたメガソーラー20億円で資金を打ち尽くしたのか、それとも24ヶ月・6.5%という
 微妙な条件を嫌ったのかは分かりませんが、資金の集まりはあまり良くないようです。
 開始24時間後でもこんな感じでした。

 20180523SBI2.png
 

 ・SBISL不動産バイヤーズローンファンド23号 100万円

  予定利率:6.5%
  期間:24ヶ月
  貸付総額:8億7,000万円
  担保:複数の不動産への抵当権設定
     合計評価額 11億4,800万円
  LTV:76%


 複数の不動産業者、宅建業者が貸付先となるローンファンドです。
 資金用途は転売用不動産の購入費用であり、転売することでExitとなります。
 ということは、売れたものから順次、期限前返済される可能性があるということでしょう。

 20180523SBI4.png

 スキームはシンプルです。
 要は、複数の不動産ローンファンドを束ねて一つの案件として組成したものです。

 20180523SBI5.png

 LTVは約76%となっていますが、一つだけ気になることが。
 このLTVは貸付総額を全担保不動産の評価額で割った総平均です。
 複数の貸付先がそれぞれLTV76%以下というわけではないと思いますので、中にはLTVが平均よりも高い
 貸付先が含まれている可能性はあると推定します。

 (もしかすると、各貸付先の担保不動産に比例した額を貸し付けている可能性もありますが、それにしては
  LTVが中途半端な値なので、おそらくこの考えは違うと思います)

 なので最悪の場合、LTVが相当高い貸付先が混じっている可能性もあります。
 ただSBI SLの性格上、まさかLTV100%オーバーという事はないでしょう。
 当てずっぽうですが、おそらくはLTV 80% MAX等の条件で貸し付けているのではないでしょうか。


 以上のような事情から安定性は高いと考え、100万円を投資しました。
 これで私のSBI SLの投資額は、1,000万円を超えました。
 SBI SLは事業者リスクが小さいと判断しており、今後アーリーリタイアを視野に入れる上において、私の
 主力投資先の一つになってくると思います。


 SBIソーシャルレンディングでの投資をお考えの方は、こちらから検討いただけると嬉しいです。
 (アフィリエイトリンク)

 SBIソーシャルレンディング



 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  



posted by SALLOW at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資記録

2018年05月23日

TATERU FUNDINGから届いた契約書類の紹介



広告

 追記:

 ここで書かれている内容は古い情報となります。
 TATERU Fundingでは2018/8/1より、実書類のやりとりがなくなり、電子交付となりました。
 詳細については、こちらの記事をご覧下さい。

TATERU FUNDINGからの書類

 TATERU FUNDINGの紹介です。

 前回、そうとはしらずに最激戦区に参戦してしまい、幸運にも投資することができました。

  ・参考記事:TATERU FUNDINGに初投資(キャピタル重視型 第18号)

 その後、TATERU FUNDINGから書類が送付されてきましたので、その話題を取り上げたいと思います。
 (記録と消印を見る限り、出資額が確定した翌日には発送されていたようです)


 DSC02611.jpg

 レターパックライト・転送不要で届きました。
 持って見るとかなりずっしりとした重さがありました。


 DSC02612.jpg

 中身は以下の通りです。

  @重要事項説明陽DVD 1枚
  A契約成立前書面 確認書 2部
  B匿名組合契約書 2部
  CTATERU 財務諸表 1部
  D返信用レターパック 1部
  E契約解除通知書 1部


 @のDVDを確認した後、AとBに署名捺印を行い、1部ずつをTATERUに返送します。
 並行して、振込口座に出資金の振込を行います。

 私の場合、5/28までと約2週間の期限になっていました。

内容物の紹介

 DSC02613.jpg

 契約成立前書面と匿名組合契約書。
 これらに署名捺印後、1部ずつをTATERUに返送します。


 DSC02615.jpg

 それぞれの書面の裏側。
 ここに署名捺印を行います。


 DSC02614.jpg

 手続きの案内文書と、TATERUの財務諸表。
 財務諸表は過去3期分がついていました。
 (Webサイトでも公開されています。財務ハイライトはこちらのページから)

 TATERUの自己資本比率は安定的に40%を超えており、現金同等物は100億円弱を保有しています。
 よほどの手ひどいクラッシュがない限り、まず潰れるような事はないと考えられます。


 DSC02616.jpg

 DVDと返信用レターパック。
 DVDは、契約成立前書面と匿名組合契約書の中身を説明する形となっていました。
 おおよそ10分ほどの内容です。

所感

 ソーシャルレンディングにしても不動産クラウドファンディングにしても、通常こういった書面については
 オンライン上で完結させています。
 それをわざわざ郵送にするあたりは、やはりきっちりした会社と言うことなのでしょうか。

 ただ、やはり気になるのは、オンラインで完結しない事によるコスト増です。
 DVDや書面は無視しても、往復のレターパックライト代だけで720円がかかっています。
 さらにTATERU FUNDINGでは、最小出資が1万円からなので、なおのこと少額では影響が大きくなります。

 こう考えると、TATERU FUNDINGが行っている「優先出資枠(ただし100万円から)」とか、「出資金の
 スライド手続き」
なども当然の戦術と言えるでしょう。
 もちろん、投資家の立場としては「オンライン化してその分利率に還元してくれ」とは思うわけですが。


 TATERU FUNDINGは利率こそ寂しいですが、経営母体は東証一部上場、安全性は極めて高いと思われます。
 今回の投資は100万円ですが、順次他の事業者からの資金を振り分け、とりあえず500万円ほどまで投資を
 増やしていくつもりでいます(うまく投資できたら、の話ですが)。

 TATERUの事業者紹介、案件紹介については、それぞれ下記の参考記事もご覧下さい。


  ・TATERU FUNDINGの特徴、メリット、デメリットなどを紹介します (事業者紹介)

  ・案件紹介(TATERU FUNDING キャピタル重視19〜22号)


 TATERU FUNDINGでの投資をお考えの方は、こちらから検討いただけると嬉しいです。
 (アフィリエイトリンク)

 TATERU FUNDING



 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  



posted by SALLOW at 10:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 投資の話題


<ピックアップ広告>
「実名化案件」を扱うSAMURAI
日本保証との提携により、債務保証の
付いた案件も登場!
会員登録方法はこちらをご覧下さい。
SAMURAI_banner.jpg

ソシャレン投資本を書きました。
かんき出版様より発売中。
是非、お手に取って下さい!


ランキング参加しています。
クリックを宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ


広告


プロフィール
SALLOWさんの画像
SALLOW
プロフィール
問い合わせは各記事のコメント、もしくはquantumアットマークsaturn.dti.ne.jpまでどうぞ。

PVアクセスランキング にほんブログ村
検索
カテゴリーアーカイブ
リンク集
最新記事
アフィリエイトリンク(全て、管理人が実際に利用しています)

SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング

クラウドバンク
クラウドバンク

OwnersBook
オーナーズブック


クラウドクレジット

LENDEX
LENDEX

Pocket Funding

s-SAMURAIバナーA.jpg
SAMURAI

CREAL
CREAL

WealthNavi
ウェルスナビ

FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO

楽天証券
楽天証券

さとふる
さとふる


楽天カード


A8.net

最新コメント