2018年05月28日

追加投資を行いました(5/24 maneo)+LENDEXからのメール



広告
maneoへの追加投資とDM社への疑問

 maneoから償還を受け、全額を再投資しました。
 今回は少しリスクが高めの案件を選んでいます。


 ・事業性資金支援ローンファンド1048号 40万円

  ステータス:ダイアモンド・プラチナ限定
  予定利率:8.8%
  期間:5ヶ月
  貸付総額:15億円
  担保:無し
     手形受入で保全

  


 リース業者への貸付です。
 店舗設備の割賦販売も行っていると説明にありますが、おそらくはパチンコ関連と思われます。
 パチンコ関連は今年2月のみなし規制を始め、今後も色々な規制が入る事はまちがいなく、将来については
 今のところ楽観できるような材料はありません。

 20180525MN1.png

 本件についても、15億円の貸付に対して保全は手形預かりのみ。
 手形は経営を継続することが前提なら返済のプレッシャーになりますが、事業が吹き飛んでしまうような
 状況であれば紙切れ同然です。

 ただ、国内で2,000億円規模ならパチンコチェーンとしては大きめ(トップ10に入ります)であること。
 既にその相手先との売却が決まっていることから、リスクは限定的だと考えました。
 あと、高ステージ限定案件を吹き飛ばしたら高額投資家の撤退を招きかねないため、そうさせないように
 maneoも何らかの手を打っているだろう
、という推測(当てずっぽう)も入っています。


 あと、一つ気になることが。
 本件の貸付先はDM社となっているのですが、下記案件の貸付先も同じDM社でした。

  ・参考:1,200億円突破記念ローンファンド【第3弾】

 maneoのルール的には、同じアルファベットは同じ貸付先を示すはずなのです。
 しかし、この案件のDM社は「リース業、店舗設備の割賦販売」。1,200億円突破ファンドの方は不動産業。
 もちろん兼業ということも考えられますが、ちょっと首をひねってしまいます。

 この疑問については問合せ中です。分かればまた記事にします。

瀧本社長のブログ内容

 maneoの瀧本社長のブログに、以下のように書かれていました。

プラットフォーム提供元のmaneoマーケット社として、
この11プラットフォーム全ての、

・案件の中身(ただし、案件の確実性の審査は限定的です)
・資金の流れ
・募集画面との不一致がないかどうか

について、今まで以上に注視して参ります。
すでに注視を行う人材も補充しました。

各プラットフォームの営業者の判断で融資は行われます。
今は、(上記のmaneoの虎を除いて)投資家に影響する延滞・デフォルトは起きていませんが、
今後も永遠にこのままというわけではないでしょう。

投資家もリスクをご承知の上で投資をしていただいているスタイルですが、
上記の注視を行うことで、変なカタチで信用を失い、
業界に迷惑をかけることの無いよう、誠実に業務を推進させていただきます。
 (http://www.takimotokenji.com/2018/05/post_402.html より引用)


 おそらくはラッキーバンクの事件を受けてのことでしょう。
 maneoの収益源はソーシャルレンディングの事業者利益と、maneoプラットフォームの使用料。
 いずれもソーシャルレンディングに立脚するビジネスモデルだけに、業界自体がシュリンクするという事は
 何としても避けたいでしょうから、妥当な対応だと思います。

 そして、ソーシャルレンディングに投資利益のほとんどを依存している私とも利害が一致します。
 今後も引き続き、maneoでの投資を行っていこうと思っています。
 (ただ、maneo+maneoファミリーに日本のSLが寡占される状況というのも問題でしょう。
  そのため私は、少額ではありますが各種の事業者に投資は続けたいと考えています)


LENDEXからのメール

 もう一つの話題はLENDEXです。

 私は現在、LENDEXで3つのファンド(12号、17号、20号)に投資をしていますが、このうち12号と17号に
 ついて、現在の状況が写真付きでメールされてきました。

 ・12号(京都市山科区)
  現状:工事完了・保健所検査中

  20180525LEN1.jpg


 ・17号(京都市北区)
  現状:工事中

  20180525LEN2.jpg


 この写真が本当に対象物件のものなのか、疑い出せばキリはないので一旦呑み込む事にしたいと思います。
 本当に物件の現状を撮影したものだ、という前提で言うのなら、ソーシャルレンディングの匿名性の枠内で
 このようにして情報展開をしていただけるのはありがたいと思います。


 LENDEXについては独立系業者ですが、以前に身内貸しはしていないという回答をもらっています。

  ・参考記事:追加投資を行いました(5/16 LENDEX)+LENDEXに貸付先を聞いてみました

 みんクレ、ラッキーバンクともに、問題の根っこにあったのは身内への貸付です。
 これをしていないというのなら、東急リバブルが査定をしているLENDEXの担保価値はそれなりに信用が
 おけるものであり、一部資金を振り分ける先として検討に値すると考えています。
 (東急リバブルがLENDEXに肩入れして有利な査定を出す、ということは考えにくいため)


 LENDEXでの投資をお考えのお考えの方は、こちらから検討いただけると嬉しいです。
 (アフィリエイトリンク)

 LENDEX



 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  



posted by SALLOW at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資記録

2018年05月27日

副業解禁に関する所感:会社側の建前や私の考え



広告
副業に関する事実

 今回は個人的にかなり注目している、副業(兼業)の話題です。
 ちょうど先日、国会でも大筋合意となったニュースがありました。

  ・働き方法案修正で合意 自公維希、21日夕にも正式決定 (日経新聞)


 まず事実として、日本政府は副業を推進しようとしています。
 その証拠の一つが、就業規則のガイドラインの変更。

 「会社の許可なく起業し、または他社の業務に従事しないこと」
 という就業規則のモデルが、
 「勤務時間外であれば、他社の業務に従事することができる」
 と変わりました。

 このモデル就業規則の変更で、政府としては「企業で副業を容認しているのは15%」という現状が変わる
 ことを期待しているようですが、一筋縄ではいかないでしょう。
 当たり前ですが、会社の本音は副業なんてやってほしくないからです。

 20180521ETC1.png
 (http://www.chusho.meti.go.jp/koukai/nyusatsu/2016/161128kengyo1.pdf より引用)

会社側の建前と私の意見

 本音はともかく、会社側が副業を肯定しようとしない建前は以下のようなものがある、と思っています。
 (他にも何かあるかもしれませんが・・・)

  @本業が疎かになる

  A情報が漏洩する恐れがある

  B長時間労働に繋がる



 このうち@は、そもそも会社の管理能力の無さを露呈している言い訳です。
 本業が疎かになれば、その分評価を下げ、給与を下げればいいだけのことでしょう。
 ただし、給与を下げるというのはそれ相応の証拠が求められます。
 しかしそれは、労務管理や目標成果管理をきっちりやっていれば可能なことのはずです。

 労務管理や目標成果管理は会社側の問題であり、労働者の自発的な取り組みを求めるものではありません。
 これらの事がマトモにできていない会社が、その責任を「本業を疎かにしないこと」という曖昧なルールで
 社員に転嫁しているに過ぎないわけです。

 極言、懲戒や処分と引き替えにするのなら、社員には「仕事をサボる」という選択肢があります。
 そして、仕事をサボってもバレない状態、もしくはバレてもろくな懲罰がない状態においては、当然ながら
 「仕事をサボる」という選択肢は最適解となってしまいます。
 これをどう防ぐかは、会社側が自らの責任と負担で考えるべきものでしょう。


 Aはもっと簡単です。
 「副業しようがしまいが、情報漏洩のリスクはある」で終わりでしょう。
 私見ですが、日本の多くの会社では「情報漏洩はどうしたって起こる」という見地が欠けています。

 「情報漏洩をしないように」などと呼びかけても、リスクリターンの天秤が傾けば情報を売る人はいます。
 「ペナルティと引き替えに、社員には情報漏洩する選択肢がある」のです。
 漏洩を防ぐ仕組みや抑止する方策が重要なのですが、これらは会社側の負担になることなので、できれば
 そんな費用や工数はかけたくない。
 だから、「情報漏洩をするな」とただ精神論で呼びかけるだけなのだと思います。


 最後にBについて。
 これは確かにその通りですが、そもそも会社側が考えることでもないでしょう。
 また、残業代を確実に支払っているのならともかく、少しでもサービス残業を社員に強いている会社が
 こんな事を言っても、「お前が言うな」で終わりです。

 確かに、複数の会社に雇用されるケースでは、残業管理や労災などの法整備が未熟です。
 これについては今後、きっちり協議していく必要があるでしょう。
 ただ、「副業をしない」という選択肢が常にある以上、長時間労働に伴う弊害は労働者側の責任です。


 ということで、Bについては労働者側の問題ですが、@とAは単なる会社側の甘えです。

 (業種にもよりますが)例えば私の勤めている製造業の会社では、国際競争に打ち勝つため、という名目で
 全く余裕のないヒト・モノ・カネの配備をしています。
 そんな状況では副業など言語道断と経営層が考えるのは当然で、また、そういう考えは会社の風土や空気に
 如実に反映されることになります。

 それは必ずしも悪いとは言えないかもしれません。
 ですが、そういった考え方は、人間である前に会社人である事を強いる考え方です。
 それは、「時間と金の交換作業」という仕事の本質を忘れた、ただの傲慢でしかありません。


 handshake-36806_960_720.png

副業に対する考え方

 副業解禁に揺れているのは、会社だけではありません。
 ネット上にある各種の記事も賛否両論。
 投資関連のコラムニストの記事を読んでいると、その当人のスタンスが良く分かって面白いです。
 
 確かに、副業をするかしないかは各個人に委ねられています。
 しかし、国がこの方針を打ち出した以上、世の中はこちらに進んでいく可能性が高いでしょう。
 となれば、副業・兼業が推進されると仮定して戦術を練った方が、勝率は高くなるということです。

  ・日本全体で人手不足が言われる中、人的資源の活用
  ・本業の給与が伸びない中、貧困による国家予算とセーフティネットの消耗を防ぐ
  ・日本経済発展の手段、(+税制アップの手段)
  ・年金の後ろ倒しによる無収入期間への対応策


 副業・兼業を推進する理由(建前と本音が混ざっていますが)は、ちょっと考えてもこれだけあります。
 また会社員の立場からしても、今勤めている会社が10年後どうなっているかわからない以上、会社に対し
 過度に依存するのは危険です。
 もしくは会社はあったとしても、今の業務が10年後に無くなっている可能性は高いでしょう。
 そうなってから始めて対応策を考えても、うまくいくとは限りません。


 何か副業推進セミナーの講師のような内容ですが、以上が副業肯定派としての私の考えです。
 付け加えるなら、どうせ副業をするのなら、本業とは違う雇用形態がいいのではないかと思います。
 本業で雇われて、副業でも雇われているのでは面白くないでしょう。

 雇われではどうしても責任がありますし、時間的拘束もあります。副業として選ぶなら、自分の好き勝手に
 できる自営業、もしくはフリーランサーの働き方がいいのではないか、と思います。


 私自身は、ソーシャルレンディングが雑所得である事を逆に利用して、他のブログを立ち上げることで
 投資収入とブログ費用を相殺する
、という方法を使っています。
 初心者にお勧めのソーシャルレンディング事業者と、ブログによる費用相殺の方法につきましては、下記の
 参照記事も併せてご覧いただければと思います。


  ・(2018年3月版)SL初心者にお勧めの事業者

  ・世界中の欲しい物やサービスを「3割引」で入手する方法

  ・SL投資の節税策C:ブログと広告とアフィリエイト



 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  





<ピックアップ広告>
「実名化案件」を扱うSAMURAI
日本保証との提携により、債務保証の
付いた案件も登場!
会員登録方法はこちらをご覧下さい。
SAMURAI_banner.jpg

ソシャレン投資本を書きました。
かんき出版様より発売中。
是非、お手に取って下さい!


ランキング参加しています。
クリックを宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ


広告


プロフィール
SALLOWさんの画像
SALLOW
プロフィール
問い合わせは各記事のコメント、もしくはquantumアットマークsaturn.dti.ne.jpまでどうぞ。

PVアクセスランキング にほんブログ村
検索
カテゴリーアーカイブ
リンク集
最新記事
アフィリエイトリンク(全て、管理人が実際に利用しています)

SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング

クラウドバンク
クラウドバンク

OwnersBook
オーナーズブック


クラウドクレジット

LENDEX
LENDEX

Pocket Funding

s-SAMURAIバナーA.jpg
SAMURAI

CREAL
CREAL

WealthNavi
ウェルスナビ

FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO

楽天証券
楽天証券

さとふる
さとふる


楽天カード


A8.net

最新コメント