2018年05月31日

案件紹介(トラストレンディング、5/31募集開始10%案件)



広告
トラストレンディングから新ファンド登場

 トラストレンディングから、新しいファンドが登場となりました。
 本日5/31の17:00から募集開始です。

 トラストレンディングは役員の大半が財務省や国土交通省出身の役人という、ソーシャルレンディングの
 事業者の中では異色の構成となっています。
 最近は官公庁の公共事業絡みの案件募集が多いのも、その関係でしょう。


 ・Trust Lendingセレクトファンド147号

  募集開始:5/31(金) 17:00〜
  予定利率:10%
  期間:14ヶ月
  貸付総額:2億4,000万円
  担保:債権譲渡担保

  


 貸付先はコンサルティングサービス会社。
 依頼元の事業者から、複数の公共事業に関する、プロジェクト横断型のコンサルティングサービスについて
 指名依頼をされています。
 そのさらに元発注者は地方自治体・各府省です。

 20180531TL1.png

 既に予算化が行われ、「プロジェクトの注文請書」「コンサルティング業務委託契約書」も資料として提出
 されているとのことですので、計画が立ち消えになる可能性は低いと思われます。
 
 案件説明には「様々な分野の公共事業をコンサルティング」とありますが、下記画像の左上には原子力と
 思しき絵、下には港湾関係と思しき絵があります。

 もしかすると、今までトラストレンディングで資金募集をしてきた案件を横断するコンサルティングとして
 契約されたものなのかもしれません。

 20180531TL2.png

 国と地方自治体がバックにあり、かつ既に指名契約を結んでいる事から、投資を行う予定です。
 といっても数十万円ですが、これから資金のやりくりをします。


 トラストレンディングでの投資をお考えの方は、こちらから検討いただけると嬉しいです。
 (アフィリエイトリンク)

 



トラストレンディングへの問い合わせと回答

 ちなみに、最近立て続けに起こった「身内貸し」による事件を受けて、トラストレンディングにも質問を
 ぶつけてみることにしました。

  【質問内容】
  ・貸付先とトラストレンディングとの間に人的・資本・業務提携その他の関係はあるか?
  ・もしある場合、それは明記されているか?


 質問から回答までの時間は3時間、素早い対応だと思います。

(一部抜粋)貸付先との関係性とその明記について、
貸付先が関係会社である場合は、その内容をファンド詳細ページの【借入人の概要】と【スキーム図】に
記載しております。

**様からのご質問内容を察するに、他社行政処分例にみる事業者リスクについて懸念されているものと思慮します。

当社は豊富な知識、経験、人脈及び専門性の高い知見をもつ人材を採用するために、年明けからすでに2名の取締役に迎え入れました。
当社取締役は公共事業プロジェクトの事業主と人脈や交友関係はありますが、貸付先との間には**様のお問合せにあるような関係性は一切ありません。

 証拠に残る文書という形での回答ですので、まずは内容を呑み込みます。
 取締役=元役人ですので、その人脈で公共事業案件に関するローンファンドを組成することができるなら
 なかなか魅力的なスキームだと思います。
 (少なくとも、他のソーシャルレンディング事業者では募集していない案件です)

 公共事業をバラマキだのと批判するのは自由ですが、批判したところで懐が温かくなるはずもなく。
 投資家としては、その公共事業で動く巨額の資金をどうやって自分の利益に役立てるかを考えるべきでは
 ないでしょうか。

キャンペーンの紹介

 トラストレンディングは現在、新規会員向けのキャンペーンを行っています。
 今回行われているのは沖縄支店開店キャンペーンとなっており、6/29(金)までの期限です。
 (何となく、7月からは別の名前のキャンペーンが始まりそうな気もしていますが)

 

  @会員登録とメルマガ購読 → 1,500円
  A@+10万円以上投資 → 3,500円

 となり、最大で5,000円のキャッシュバックが得られることになります。
 ノーリスクで1,500円がもらえるキャンペーンですので、興味がある方は検討されてはいかがでしょう。
 その際は、できれば下記のリンクをご利用いただければ幸いです。


 トラストレンディングでの投資をお考えの方は、こちらから検討いただけると嬉しいです。
 (アフィリエイトリンク)

 




 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  



2018年05月29日

リスクプレミアム差から考える、クラウドクレジットの実質利率



広告
クラウドクレジットのおさらい

 今回はクラウドクレジットの案件です。
 海外の個人や事業者への融資を通じ、「資金の需給ギャップを埋める」という旗印を掲げている事業者で、
 ソーシャルレンディングの中でも特徴のある事業者となります。


 当ブログのクラウドクレジットに関する評価は、何回か切り替わっています。
 第5期の大赤字決算を見た時は、「ちょっと待て」とかなりツッコミを入れた記事を書いていました。

  ・クラウドクレジットの第5期決算を見て思うこと

 この時は、対前期で貸付金がほとんど変わらないにも関わらず、当期純損失が対前期で倍近くまで膨らんで
 いました
ので、ツッコミを入れるのも当然でしょう。
 (そのままなら、あと1期で債務超過でした。
  貸金業法の制約があり、債務超過の事業者は貸金業者としての登録を剥奪されます)

 その後、「ガイアの夜明け」に取り上げられた事により投資額が急増。
 貸付総額も大きく伸び、そこから得られる手数料も増えました。
 正確には次の決算を見なければわかりませんが、黒字化の目処は付いたのではないかと思います。

  ・クラウドクレジット 黒字化の見込み?

  ・クラウドクレジットが100億円目前


 財務状況がある程度安定化していれば、クラウドクレジットの事業者リスクは低いと思います。
 今年ソーシャルレンディングで立て続けに起きた2件の事件は、そのいずれも問題の根っこには、内部の
 抑止力が働いていない事がありました。
 (うち1件は明らかな悪意ですが)

 その点クラウドクレジットにおいては、伊藤忠やマネックスなどの外部資本が入っています。
 外部資本が入っている=何かあっても守ってくれる、と言うことではありません。
 (伊藤忠やマネックスにとって、出資しているお金などはした金でしょう)
 しかし、内部でよからぬ事をやろうとした時の抑止力にはなります。

 実際、こちらのページを見ればわかる通り、クラウドクレジットの現在のスタッフには、創業当時のメンバー
 以外が相当数入っているようです。
 彼らはおそらく、出資元から送り込まれたメンバーだと思われます。


 彼らが内部抑止力として働く限り、クラウドクレジットのビジネスそのものが詐欺である可能性はかなり
 低い
、というのが私の結論です。
 一方で財務的な問題は残りますが、それも昨今の状況からすると改善に向かうと期待しています。


 クラウドクレジットへの投資をお考えの方は、こちらから検討いただけると嬉しいです。
 (アフィリエイトリンク)

 



リスクプレミアムを考える

 しかし一方で、私はクラウドクレジットの案件に諸手を挙げて賛同しているわけではありません。
 特に、クラウドクレジットに多い外貨建て案件に関してはかなり懐疑的な立場です。

 クラウドクレジットの案件には、様々なリスクがあります。

  @事業者の倒産リスク
  A貸付先の貸し倒れリスク
  B為替リスク


 このうち、@については前述の通りリスクは少ないと思われますが、Aのリスクは無視できません。
 そして世の中には、@とAのリスクがあまりなく、Bのリスクがほとんどを占める金融商品があります。
 要は外貨預金とFXです。
 (FXについてはレバレッジがなければ、リスクは外貨預金と変わらないでしょう)


 クラウドクレジットの案件は、外貨預金に比べAのリスクがかかっています。
 ということはもちろん、外貨預金以上のリターンがあってしかるべきでしょう。
 既存のクラウドクレジットの案件と、外貨預金(政策金利)との利率差を調べた結果は下記の通りです。

 20180529CC1.png

 表の一番右の「金利差」が、外貨預金に上乗せされているリスクプレミアム。
 つまり、外貨預金をするより上乗せされる利率となります。
 見てわかる通り、表面上の金利とはかなり異なりますので、案件選びの際には注意が必要です。
 新登場のメキシコ女性起業家支援ファンドに至っては、リスクプレミアムがマイナスになっています。


 statistics-3338106_960_720.jpg

まとめ

 上記の表で、「金利差」が多いものほどプレミアムが乗っており、有利な条件となります。
 しかし、気を付けなければならないことがもう一つ。
 クラウドクレジットには外貨預かり口座がないので、償還時に為替リスクが固定化されてしまいます。

 これが外貨預金なら、いつでも円貨との切り替えができます。
 その選択肢が狭められるクラウドクレジットの外貨建て案件の場合、実際に見えている以上のリスクが
 乗っていると考えるべきです。


 そう考えますと、私のお勧めはやはり円ヘッジ付き案件。
 クラウドクレジットは分散投資先の一つとして、これからも投資を続けていくつもりですが、以上のような
 理由から、主には円建て案件に投資していく予定です。


 クラウドクレジットへの投資をお考えの方は、こちらから検討いただけると嬉しいです。
 (アフィリエイトリンク)

 




 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  





<ピックアップ広告>
「実名化案件」を扱うSAMURAI
日本保証との提携により、債務保証の
付いた案件も登場!
会員登録方法はこちらをご覧下さい。
SAMURAI_banner.jpg

ソシャレン投資本を書きました。
かんき出版様より発売中。
是非、お手に取って下さい!


ランキング参加しています。
クリックを宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ


広告


プロフィール
SALLOWさんの画像
SALLOW
プロフィール
問い合わせは各記事のコメント、もしくはquantumアットマークsaturn.dti.ne.jpまでどうぞ。

PVアクセスランキング にほんブログ村
検索
カテゴリーアーカイブ
リンク集
最新記事
アフィリエイトリンク(全て、管理人が実際に利用しています)

SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング

クラウドバンク
クラウドバンク

OwnersBook
オーナーズブック


クラウドクレジット

LENDEX
LENDEX

Pocket Funding

s-SAMURAIバナーA.jpg
SAMURAI

CREAL
CREAL

WealthNavi
ウェルスナビ

FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO

楽天証券
楽天証券

さとふる
さとふる


楽天カード


A8.net

最新コメント