広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog


2018年01月23日

追加投資を行いました(1/19その2 SBI SL、LCレンディング)



広告
SBI SLに再投資

 SBI SLのオーダーメイドファンドに参戦しました。
 今回は8億円ほど募集があるから余裕余裕、と何かのフラグを建てながら臨んでしまったのですが、やはり
 お約束は外さなかったようで、かなり苦戦しました。
 それでも何とか、残り募集額1億円程度になったあたりで投資成功しました。

 後から案件ページ見ていたところ、確証はありませんがアクセスが弾かれた原因の一つは複数ウィンドウに
 よる同時アクセスが原因の一つだったように思います。
 (複数のパソコンから、同じアカウントで同時にログインすることはできません、とは書いてあります。
  同様の対策が、同一IPからの多重ログインで取られていても何の不思議もありません)


 ・SBISLメガソーラーブリッジローンファンド9号 50万円

  予定利率:7%
  期間:12ヶ月
  貸付総額:8億5,000万円(主部分)
  担保:借手の出資持分に質権設定、事業用地に抵当権を設定、貸付先の所有土地に抵当権を設定、
     賃料債権に譲渡担保権設定、施工業者の貸付債権に譲渡担保権を設定
     貸付先連帯保証、施工業者連帯保証
     担保合計評価額 8億8,800万円


 おなじみメガソーラーブリッジも数えてみればもう9号。
 今回も8億5,000万円が30分足らずで埋まるという盛況ぶりでした。
 条件やバックの違いなど理由は様々ですが、これだけの金額を瞬時に集められる事業者がいる一方で
 なかなか募集が集まらない事業者もあり、ソーシャルレンディングも明暗が分かれてきたように思います。

 201801SBISL1.png

 条件は今までの太陽光案件と同じ。
 担保が貸付先や施工業者など、数多くのところから差し出されているのが特徴だと思います。
 SBI SLは以前に韓国の財閥グループ会社や大手生保会社と提携を発表しているので、おそらく施工業者も
 この提携先の企業かその関連企業。
 だから、施工業者から担保を差し出させる事ができるのだろうと考えています。

  ・参考:再生可能エネルギー発電所開発案件における協業のお知らせ
   (SBI SL プレスリリース)

 この協業自体が吹き飛ぶくらいのインパクトでなければ元本の全損失はありえず、またSBI SLのこれまでの
 実績も十分と判断したことから、投資を決定しました。


 SBIソーシャルレンディングでの投資をお考えの方は、こちらから検討いただけると嬉しいです。
 (アフィリエイトリンク)

 SBIソーシャルレンディング

LCレンディングに再投資@

 LCレンディングに再投資を行いました。
 こちらは以前からも紹介している案件ですので、簡潔に。


 ・LCセレクトファンド256号 50万円

  予定利率:8%
  期間:12ヶ月
  貸付総額:15億円
  担保:無し

  


 最近良く出てくるLCセレクトファンドです。
 LCホールディングスの関連会社で医療不動産保有という内容から、貸付先はLCパートナーズでしょう。

 単独の決算は不明ですが、以下の2点から業績は問題ないと考えています。

  @LCホールディングス全体が今期の上半期で既に前期の利益額に匹敵するくらい絶好調

  Aその理由が「医療等施設への取り組みが貢献した」とあること


  参考:業績予想の修正に関するお知らせ (LCホールディングス プレスリリース)

 素直に解釈すると、「LCパートナーズのメディカル事業のおかげで本体の決算が絶好調」と読めますので
 LCパートナーズ自身も好調なのでしょう。
 また、医療関係不動産はポーリー・プラス投資法人への売却が決定していますので、この案件についても
 期限前償還の可能性こそあれ、貸付金が焦げ付く可能性は低いと考えています。
 このような理由から、投資を決定しました。

LCレンディングに再投資A

 もう一つ再投資、今度はLCギャランティーファンドです。
 本当は上と同時期に投資したかったのですが、LCGFにも大口さん(数百万〜一千数百万クラス)が参入
 されたようで、なかなか投資できませんでした。


 ・LCGF 312号 35万円

  予定利率:5.75%
  期間:12ヶ月
  貸付総額:1億7,000万円
  担保:対象不動産の信託受益権に質権を設定
     LCホールディングス社の連帯保証付き

  


 対象不動産は福島県双葉郡のホテル。
 福島復興に携わる関係者やボランティアの皆様が主に利用されるホテルです。
 ちなみにホテルは過去の情報から、以下の物件だとほぼ確定しています。

  ・バリュー・ザ・ホテル広野

 クチコミなどを調べますと簡素なホテルらしく、それほど高評価というわけではありませんが、場所が
 場所だけに需要は見込めるでしょう。

 何よりも、LCホールディングスの連帯保証が強いです。
 極論を言えば案件がどうであれ、LCホールディングスが吹き飛ぶ事がなければ元本と直前期までの利息は
 LCホールディングスにより保証されます。
 そしてそのLCホールディングスの経営状態は、上記の通り絶好調です。


 正直なところ、ソーシャルレンディング初心者の方に何かのファンドを勧めろと言われましたら、私は
 LCレンディングのこのLCGFか、もしくはオーナーズブックの稼働済不動産案件を勧めます。
 この二つは利率こそ大人しいですが、よほどの事(天変地異など)が起きなければ安全性は高いファンドと
 言えるのではないでしょうか。経営母体も上場していますし、事業者の意味でも安全です。

 LCレンディングはアフィリエイトがありませんので、代わりになりますがオーナーズブックのリンクを
 貼らせていただきます。興味のある方は、下記リンクをご利用いただければ嬉しいです。


 オーナーズブックでの投資をお考えの方は、下記リンクをご利用いただければ幸いです。
 (アフィリエイトリンク)

 OwnersBook


 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  


posted by SALLOW at 12:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資記録

2018年01月22日

「ガイアの夜明け」を見て、クラウドクレジットへの投資を検討される方に情報提供します



広告
あまり悪く言いたくはないのですが

 こちらの記事の続き、のようなものです。

  ・参考記事:「ガイアの夜明け」放送記念:クラウドクレジットの案件について思うこと

 当ブログではクラウドクレジットのアフィリエイトを扱っています。
 それを抜きにしても、ソーシャルレンディングに投資している身として事業者の事をあまり悪く言いたくは
 ないのですが、それでも必要と考えて記事を書かせていただきます。
 理由は、「ガイアの夜明け」で取り上げられた事で投資を検討される初心者の方も多いと思うからです。

 再三繰り返していますが、ソーシャルレンディング初心者の方にクラウドクレジットは勧められません。
 そして、物議を覚悟で言えば、初心者にクラウドクレジットを勧めるサイトやブログを信用するべきでは
 ない
とさえ思っています。
 なぜなら、現時点でクラウドクレジットは最大のアフィリエイト報酬を提供しているがために、そういった
 サイトやブログはクラウドクレジットのリスクを明記しない可能性が高いからです。


 初心者に勧められない理由の一つは、クラウドクレジットの案件はリスクが高いものが多い、ということ。
 またもう一つは、クラウドクレジットの財務状況や経営姿勢に少しならず疑問を抱いているから、です。

 TV番組の中でそういったネガティブ情報を出さないのは、ある意味当然です。
 しかし、クラウドクレジットはWebサイト上でもそういった情報を積極的には公開しておらず、その姿勢は
 正直なところ、善良な事業者としてあるべき姿とは思えないところがあります。
 リスクがあることを前提とした投資である以上、真っ先に公開するべきはリターンよりリスクです。
 リスクを公開する事でもし選ばれなくなるのなら、所詮それまでの事業者だったというだけです。

 こういった背景もありまして、当記事を書く事にしました。
 内容はあくまでも事実に基づいて作成しているつもりですが、不適切な点があればご指摘下さい。

案件の期待リターンマップ

 まずは、クラウドクレジットの現状を俯瞰するにはこれが一番いいと思います。
 運用状況の中に、期待リターンマップが掲載されています。

  ・案件の期待リターンマップ

 20180122CC1.png
 (拡大してご覧下さい)

 表の見方ですが、簡単に言いますと下記の通りです。

  ・緑:案件募集時の期待利回り通り

  ・黄:案件募集時の期待利回りより低い、利回りゼロもあり得る

  ・赤:元本毀損の恐れもある


 またこれに加えて、日本円以外の案件については為替リスクもあります。
 為替が有利に働けば、期待利回りを大きく超える事もありますが、逆に動けば結果として元本が毀損する
 恐れさえあります。
 これらを見ても、クラウドクレジット案件のリスクが大きい事はお分かりになるかと思います。

カメルーン8号ヘッジ有りの状況

 では一例として、私も投資しているカメルーン8号ヘッジ有りの状況を紹介します。
 なお、上記の期待リターンマップでこの案件は「赤」。つまり元本毀損の可能性あり、です。

 20180122CC2.png

 上図の通り、50万円を投資して満期償還時に戻ってきた元本は約9万5,000円。
 元本の4/5が拘束されている状況です。

 なぜこのような返済遅延が起きたのかについてはクラウドクレジットから説明がありました。
 内容を読んでみますと、目玉が少し飛び出しそうなくらい愉快な事が起きていました。
 (なお、下記の「事業者」というのは、現地におけるクラウドクレジットの提携企業です)


 例1)B社は自動車 4 台を事業者に売却することで代金を得て、後日買い戻す内容の契約を結んだ。
    しかし、B社は売却代金を受け取っていながら、自動車の引き渡しをしていない。
    さらに、売却代金の返済も十分な額ではない。

 例2)D社は事業者に所有不動産を売却し、事業者は売却代金の資金使途をD社の石油及びガス輸送事業に
    必要な運転資金に限定していた。
    ところが、D社は勝手に資金をショッピングモールの建設に使用し、かつ建設計画が遅延。
    さらにD社手元資金はショッピングモール建設で少なくなっており、手元資金で返済できない。


 いずれも日本ではあまり考えられない状況です。
 カメルーンの遵法意識や契約意識は日本とかけ離れているため、このような状況が起きうるのでしょう。
 これは善悪の問題ではなく、常識が異なるというだけの事です。

 私の場合、予定通り戻ってきたらラッキー、くらいの考えで投資をしていました。
 ですが、こんなハイリスク案件を初心者に勧めるわけにはいきません。
 これが、私がソーシャルレンディング初心者の方にクラウドクレジットをお勧めしない最大の理由です。

クラウドクレジットの経営状態

 次に、クラウドクレジットの財務状況です。
 この件は以前にも記事を書いていますので、よろしければ併せてご覧下さい。

  ・参考記事:クラウドクレジットの第5期決算を見て思うこと


 20171124CC1.png

 20171124CC2.png
 (参照元:官報ブログ


 上の第4期(2016年8月末)の時点で、当期純損失が約1.5億円。
 第5期(2017年8月末)で多少は改善したかと思えば、当期純損失は2.7億円とまさかの2倍近くに。

 第5期で資本金の無償減資を行って累積赤字を相殺していますが、赤字体質は変わらないまま。
 その代わり、第5期決算後に追加出資を受けたらしく、2017年12月末の時点での資本金+資本準備金の額は
 11億円まで増えています。

  ・参考:クラウドクレジットのプレスリリース 資本金等の金額について言及があります

 確かに、会社はいくら赤字を垂れ流そうとも、出資者がいる限りは存続できます。
 大出血をしていても、輸血を続けるのなら患者の生存は可能と言うようなものです。
 ただ、資本減資まで行って累積赤字を相殺しても、現時点でクラウドクレジットは黒字転換できる見込みが
 あるのでしょうか。財務状況を見ていると、とてもそうとは思えません。

 クラウドクレジットの安全性を説明するために、フェムトやマネックスが出資しているから大丈夫、という
 論調を使う記事も良く見受けられます。
 ですがそれは裏を返せば、フェムトやマネックスが見限ったら即死する、という意味でもあるでしょう。
 今は増資に応じているので、クラウドクレジットに将来性を感じているということなのでしょうが、それが
 いつまでも続くかは誰にも分かりません。


 クラウドクレジットのメンバーには、そうそうたる経歴の持ち主が多くいます。
 下記の転職・求人サイトによると、クラウドクレジットの社員数は38名。これはソーシャルレンディングの
 事業者としては極めて多い数です(最大手maneoでも、2016年時点の社員数は12名)。
 そうそうたる経歴+社員数が多い=人件費だけで赤字になってないか? とは、誰もが考える事でしょう。

  ・参考:転職・求人サイトGreen

 クラウドクレジットの案件はリスクが高く、利率も最近は低下傾向にあります。
 それはつまり、貸出金額が今後短期で大幅に伸びる可能性は低い、という事を意味します。
 貸出金額が伸びなければ収入も伸びない。なら出費を削るというのは会社経営上当然のことなのですが、
 その姿勢が見えないクラウドクレジットの経営方針には、かなりの疑問を感じています。

クラウドクレジットの特徴とメリット

 と、欠点ばかりをあげつらっていても仕方ないので、特徴とメリットについても挙げておきます。
 そもそも私自身がクラウドクレジットに魅力を感じていなければ、400万円も投資していません。

 クラウドクレジットの特徴は、「グローバルなクラウドファンディング」であるということです。
 ソーシャルレンディングはその大半が国内案件。海外案件もあるにはありますが、アメリカの不動産などが
 メインとなります。
 それ以外の国の案件に投資をしようとすれば、今のところクラウドクレジット案件しかありません。

 ですから、投資先の分散を考えるのであれば、リスクを飲み込んでもクラウドクレジットの案件に投資を
 するメリットはあると考えています。
 しかしこれは裏返せば、クラウドクレジットの案件は既にソーシャルレンディングを始めており、その
 メリットとリスクを十分に理解された方向けだということです。
 ソーシャルレンディングをこれから始めようとする方が、投資先として選ぶべきではありません。

 初心者の方向けに私がお薦めするソーシャルレンディング事業者は、下記の記事をご覧下さい。

  ・参考記事:(2017年12月版)SL初心者にお勧めの事業者

 そして、リスクを正しく認識した上でクラウドクレジットへの投資を検討しようとする方に向けては、
 よろしければ下記リンクより申し込みいただければ幸いです。


 クラウドクレジットでの投資をお考えの方は、こちらをご利用いただければ嬉しいです。
 (アフィリエイトリンクです)

 




 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  


posted by SALLOW at 11:50 | Comment(8) | TrackBack(0) | 投資の話題


<ピックアップ広告>
海外案件ならクラウドクレジット。
分散投資には海外も含めるのが重要です。


(2018/12/19)
ソシャレン投資本を書きました。
かんき出版様より発売中。
是非、お手に取って下さい!


ランキング参加しています。
クリックを宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ


広告


プロフィール
SALLOWさんの画像
SALLOW
プロフィール
問い合わせは各記事のコメント、もしくはquantumアットマークsaturn.dti.ne.jpまでどうぞ。

PVアクセスランキング にほんブログ村
検索
カテゴリーアーカイブ
リンク集
最新記事
アフィリエイトリンク(全て、管理人が実際に利用しています)

SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング

クラウドバンク
クラウドバンク

OwnersBook
オーナーズブック


クラウドクレジット

LENDEX
LENDEX

Pocket Funding

SAMURAI証券 SAMURAI

CREAL
CREAL

WealthNavi
ウェルスナビ

FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO

Funds
Funds

ユニコーン
ユニコーン

COOL
COOL

楽天証券
楽天証券

さとふる
さとふる


楽天カード


A8.net

最新コメント
以下のメディアで掲載されました。

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。