広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog


2018年01月25日

「銀行窓口で絶対に聞いてはいけない「3つのNG質問」」を読みました:銀行はどこに行くのかというお話



広告
マネーの達人の記事から

 マネーの達人に、なんとなく懐かしい記事がありました。

  ・銀行窓口で絶対に聞いてはいけない「3つのNG質問」

 NG質問を3つ、と言われて「3つ?」とちょっと考え込んでしまったのですが、答えを見てみますと私の
 考えた答えは、NG質問2つ分を合わせたものでした。
 ちなみに私の考えたNG質問は、「どんな商品を買うのが有利でしょうか?」でした。


 こちらの記事における答えは、以下の3つだそうです。
 ちなみに私の考え付いた答えは、@とBを合わせたもの、と解釈できると思います。

  @「おすすめの(金融)商品はなんですか?」

  A「固定金利と変動金利のどちらがおすすめですか?」

  B「どんな投資商品を選ぶとお得ですか?」


情報の非対称性は利益の源泉

 これら一つ一つについては、反対する余地がありません。
 銀行は金融商品のプロではなく、金融商品を売るプロだ、というのは散々言われてきた事です。

 フィデューシャリー・デューティー(*)という、普通に考えればあたりまえのように思える概念が
 金融機関のあり方を根元から揺さぶっている事でも分かります通り、現在の日本においては金融機関と
 顧客の利害関係は一致どころか、むしろ相反しています。
  *受託者責任。金融機関などは、資産を預けた人の利益を最大化する義務があり、
   それに反した行動を取ってはならない、とするもの。日本再興戦略として進められている。


  ・当ブログ参考記事:「受託者責任原則」が確定したという話


 金融機関の利益最大化のためなら、顧客をカモにすることも厭わない。
 高手数料投資信託の買い換えを促す手数料ビジネスなどは、まさにその典型例です。
 もちろん、全ての金融機関でこんな事が行われているわけではないでしょうが、一事が万事と思われても
 仕方のないところはあると思います。
 (ソーシャルレンディングでも、某事業者のみで行われた悪質なスキームが全体の評判を下げるために
  印象操作として使われている記事は、探せば数多く見つける事ができます)


 最初は@とBがどう違うか少し悩んだのですが、記事では@の例を「カードローン付きキャッシュカード」
 と書いてありましたので、違いが分かりました。
 カードローンは銀行における重要な利益ソースですから、銀行はこれをゴリ押ししてくるでしょう。
 Aについても有名な例ですね。変動金利と固定金利のどちらが有利かは、誰にも分かりません。
 となると、銀行の都合でどちらが良いのかをお勧めされることになります。


 @〜Bの全てに共通することは、情報弱者から利益を巻き上げようとする行為であるということ。
 言い換えれば、「情報の非対称性」を利用して利益を上げようとする、会社としては当然の行動です。
 情報の非対称性は、情報を持っている側が持っていない側に情報を提供する「シグナリング」か、あるいは
 情報を持っていない側による開示請求、「スクリーニング」によって解消することができます。

 LBI_R3.jpg

 ただ、そもそも日本人は金融教育をまともに受けていないので、開示請求すら難しいでしょう。
 「何を知らないか分からない」状況では、何を開示請求すれば良いのかさえ理解できないからです。
 こういった状況を利用して利益を稼いできた金融機関ですから、フィデユーシャリー・デューティーを
 徹底するように、と政府に言われただけで激震が走るという羽目に陥るわけです。


 money-1604921_960_720.jpg

なぜ今この記事なのか?

 この記事の内容については、特に反対意見はありません。真っ当な事を書いてあると思います。

 記事を読んだ当初、私の正直な感想は「なんで今頃この記事?」でした。
 そしてその後で、「今だからこそ、この記事なのかな?」と思い直しました。
 去年のニュースですが、3メガバンクにさえリストラの嵐が吹き荒れ、予定者は3万人を超えるとか。

  ・参考記事:「銀行が消える日」がやってくる (日経ビジネス)

  ・参考記事:メガバンク3行が大リストラ。銀行業界は「構造不況業種」になってしまった
        (HUFFPOST)

 各行ともに「リストラではなく、より創造的な業務へと異動する動き」と出張していますが、超低金利の
 このご時世、銀行の利益が激減している事は誰でも知っています。
 そもそも、数字を使うオフィスワーク一筋の人が「明日から営業な」など言われても対応できずはずも
 なく、リストラではないと強弁するのは結構ですが信用されるかは別の話でしょう。

 *あと、個人的にはこの人員整理の手段となったAIやRPA(Robotic Process Automation)についても
  色々書きたい事がありますので、そのうちネタにするかもしれません。



 メガバンクさえ大変な事になっているこの状況、地方銀行などはもっと深刻な状況でしょう。
 かつての花形職業、高収入職業の代表例であった銀行の凋落が見えて来た今、この記事は「今向け」と
 言えるかもしれません。


 savings-2789112_960_720.jpg

銀行の行く末

 最近、フィンテックに総称されるように、金融に関する話題はとても豊作です。
 当ブログで取り上げているソーシャルレンディングを初めとして、ブロックチェーン技術、仮想通貨、
 スマートペイによる購買情報のビッグデータ取り込みなどなど。

 そんな中、日本の銀行はこれらに関して、少しでも関与してきたでしょうか。
 ここのところ銀行がやってきたことと言えば、まだまだ使い勝手が良いとは言えない銀行/証券の連携や
 個人向けローンなどへの参入くらいしか、ぱっとしたものはないように思えます。
 (その個人向けローンでさえ、最近は規制の動きがかかってきています)

 ここ最近のニュースを見ると、銀行は口座管理手数料の導入を考えているとの情報もありました。
 海外では当然の制度、と銀行側は主張しているようですが、ここは日本です。
 こんなものを現状で導入したら、なおさら首を絞める結果になるような気がします。


 日本のメガバンクは「Too Big To Fail」と言われる、「大きすぎて潰せない」銀行です。
 上記のような対応に終始するなら銀行の未来は暗いような気もしますが、かと言って潰すこともできない。
 銀行の行く末はどうなるのか、これからも見ていきたいと思います。

 なお私が一番恐れるのは、銀行が一念発起、かつてのノンバンクや商工中金の領域に乗り込むことです。
 そこは今やソーシャルレンディングのステージですので、そこに銀行ほどの巨大資本が参入してしまうと
 既存の事業者などあっけなく薙ぎ払われ、個人が参戦できなくなってしまう可能性が高い
です。
 今のところそんな動きはありませんが、これも注意深く観察していくつもりです。


 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  


2018年01月24日

追加投資を行いました(1/23 maneo、クラウドバンク)



広告
maneoに追加投資@

 maneoに新規資金を投入、追加投資を行いました。
 ちょうど募集していた下記の2件に投資です。


 ・ガイアファンディングセレクトファンド109号 20万円

  予定利率:8%
  期間:9ヶ月
  貸付総額:1億860万円
  担保:無し
     ガイアファンディング側では担保設定あり 評価額29億1,200万円、先順位6億6,000万円

  


 そういえばmaneoにはいつのまにか、オープニングでやらかしたプレリートファンドのセレクトファンドも
 募集していました。プレリート案件は売れ行きは良くないようですが、自業自得でもあります。
 何となく可哀想なのでこちらにしようかとも思ったのですが、既にプレリート本体で投資しているものと
 案件が被っているため却下、代わりにガイアファンディングのセレクトに投資しました。

 20180124MN1.png

 案件説明には、「販売期間延長に伴う借り換え」とあります。要は当初期間中に売れなかったようです。
 こういうお代わり案件はあまり続くと売れ残りリスクが怖いのですが、調べて見た限りではこの案件は
 1回くらいしか借換を行っていないようですので、まだ大丈夫か? と思っています。

 同じく案件説明に、「担保物件の完成後の予定評価額」と言う一文があることから、物件はまだ完成して
 いないと見るべきでしょう。従ってLTVは計算していません。
 もっとも、完成後予定評価額から先順位を引いた金額が22.5億円ほどあり、貸付総額に対して十分に
 大きい事から、おそらく安全ではないかと判断しました。

 なお、maneoで他事業者のファンドを募集するときは、基本「売れ残り」か「追加枠募集」です。
 ですので私は、もう一度同物件のお代わり案件が来たら、今度は投資しないつもりです。

maneoに追加投資A

 もう一つmaneoに投資しました。こちらは国内不動産案件です。


 ・不動産担保付きローンファンド1030号 50万円

  予定利率:5.95%
  期間:15ヶ月
  貸付総額:2億5,000万円
  担保:宝塚市土地に対する第一順位根抵当権 評価額3億4,910万円 極度額3億円
     公正証書による契約
  LTV:86%(極度額基準)、72%(貸付総額基準)

  


 オーソドックスな不動産担保付き案件です。
 5.95%という数字に、企業努力というかギリギリ高利率を出そうとする姿勢が窺えて好印象でした。

 20180124MN2.png

 土地評価額は3億4,910万円、貸付総額を基準としたLTVは72%ですが、根抵当の極度額が3億円に設定されて
 いますので、追加で同第一順位で5,000万円までは案件募集の可能性があります。
 従ってLTVは極度額基準で判定する方が、リスク分析という視点では妥当ではないかと考えています。

 極度額基準のLTVは86%。
 宝塚の土地ということを考えると少し高いようにも思えますが、今まで私の投資案件の中には宝塚市案件や
 EH社案件がなかったため、リスク分散を考えて投資することにしました。

 この案件、集まりがイマイチ良くないのは利率が地味なせいなのか、それとも首都圏の担保でないからか、
 もしかしたら15ヶ月というそれなりに長い投資期間のためなのかもしれません。
 個人的に投資期間については、どうせ期限前償還する、とか思っていたりしますが。

クラウドバンクに再投資

 クラウドバンクから今月2回目の償還を受けましたので、追加投資を行いました。
 クラウドバンクは少し前から、月初に1回目の償還(元利金)、月半ばに2回目の償還(元本のみ)と
 一月に2回の償還を行うようになっている
ようです。
 クラウドバンクに投資される方は参考にして下さい。釈迦に説法な方には申し訳ありません。


 ・風力発電ファンド80号 2.4万円

  予定利率:6.7%
  期間:7ヶ月
  貸付総額:3,990万円
  担保:合同会社持分への質権設定
     経済産業省ID及び電力会社契約地位の譲渡予約

  


 今回は少額のチリツモ投資ですので、あまり内容については吟味していませんが、いつもの風力発電案件と
 おそらく同様ではないかと推定しています。

 この案件で注目すべき点は、下記の2点でしょう。


 @クラウドバンク案件で、投資対象電力のFIT買い取り価格が明記された。

  20180124CB2.png

  今までやっていなかった事に若干ツッコみたいですが、ともあれ情報公開を行ったということについては
  素直に評価したいと思います。
  良い対応に対して「なんで今までやらなかった」などとクレームを飛ばしては、物事は改善しません。


 A貸付先がクラウドバンク100%支配権を持つ合同会社である事が公開されている。

  20180124CB1.png

  こちらについては、以下の記事で詳細に取り上げましたので、併せてご覧下さい。

  ・参考記事:クラウドバンクの案件説明に重要な変更(情報追加)がありました


 最近のクラウドバンクは、上記のように重要な情報をきちんと公開する対応を取っており、個人的には
 なかなか好印象を抱いています(なので、もっと頑張って欲しいです)。
 以前に行政処分を食らった過去は消えませんが、そこから再起して人気事業者の一つになっているという
 経緯があることからも、投資先として検討される価値はあると思います。


 クラウドバンクでの投資をお考えのお考えの方は、こちらから検討いただけると嬉しいです。
 (アフィリエイトリンク)

 クラウドバンク


 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  


posted by SALLOW at 12:10 | Comment(4) | TrackBack(0) | 投資記録


<ピックアップ広告>
海外案件ならクラウドクレジット。
分散投資には海外も含めるのが重要です。


(2018/12/19)
ソシャレン投資本を書きました。
かんき出版様より発売中。
是非、お手に取って下さい!


ランキング参加しています。
クリックを宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ


広告


プロフィール
SALLOWさんの画像
SALLOW
プロフィール
問い合わせは各記事のコメント、もしくはquantumアットマークsaturn.dti.ne.jpまでどうぞ。

PVアクセスランキング にほんブログ村
検索
カテゴリーアーカイブ
リンク集
最新記事
アフィリエイトリンク(全て、管理人が実際に利用しています)

SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング

クラウドバンク
クラウドバンク

OwnersBook
オーナーズブック


クラウドクレジット

LENDEX
LENDEX

Pocket Funding

SAMURAI証券 SAMURAI

CREAL
CREAL

WealthNavi
ウェルスナビ

FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO

Funds
Funds

ユニコーン
ユニコーン

COOL
COOL

楽天証券
楽天証券

さとふる
さとふる


楽天カード


A8.net

最新コメント
以下のメディアで掲載されました。

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。