2018年01月31日

案件紹介(オーナーズブック、スマートレンド、Pocket Funding)



広告
オーナーズブックから本日、新案件募集開始

 オーナーズブックが新案件の募集を開始します。今回はかなり大型案件です。
 1案件数千万円後半が多いオーナーズブックにあって、3億円超えの案件。過去最高額ではありませんが、
 最大級の案件であることは間違いありません。


 ・杉並区新築マンション第2号ファンド第1回

  予定利率:4.5%
  期間:14ヶ月
  貸付総額:3億1,000万円(主部分)
  担保:対象物件に対する第一順位抵当権 評価額3億9,100万円
  LTV:79%

  


 杉並区の新築マンション(今年3月竣工予定)を対象とする案件です。
 西荻南にあるとのことで新築マンションのデータをさらってみたのですが、残念ながらそれっぽい案件は
 見つかりませんでした。

 20180131OB1.png

 稼働率がリスクグレード最高になっていますが、これは竣工前なので当たり前です。
 また、貸付先の不動産会社は設立3年以上、過去3期にわたって経常利益を計上しているとのことで、将来は
 どうなるかわかりませんが、足下の経営は順調のようです。
 正直、これは銀行でも借り入れ可能な案件じゃないか? と思いました。それとも、銀行への申請はすでに
 行っており、その繋ぎ資金をソーシャルレンディングで借りようとしているのかもしれません。
 (銀行借入の場合、期限前返済は違約金が発生するので不利になるケースもあります)

 財務構造としては安定のシニアローン。杉並区西荻窪でLTV 80%は良い条件でしょう。
 その分利率は4.5%と控えめですが、この条件なら天変地異かゴジラでもない限りは担保価値がおかしくなる
 事はないと思われますので、安定志向の方に向く案件ではないでしょうか。


 私見ですが、利率5%はソーシャルレンディングにおける投資家の心理的壁になっていると思います。
 (5%を割ると出資速度はかなり鈍る傾向があるように思います)
 さらにこの案件は募集総額が多く、投資競争はそれほど激しくないのではないか、と予想します。
 余剰資金のある方は、投資を検討されてはいかがでしょうか。


 オーナーズブックでの投資をお考えの方は、下記リンクをご利用いただければ幸いです。
 (アフィリエイトリンク)

 OwnersBook

スマートレンドから特別金利案件

 次に、スマートレンドの話題です。

 香港の消費者金融会社(スマートレンドの資本関係から考えて、Finance One Limitedと推定されます)への
 貸付案件はスマートレンド当初からの案件ですが、今回この特別案件が募集されるようです。


 ・スマートレンド2周年記念 海外(香港)事業支援型ローンファンド

  募集開始:2/1(木) 11:00〜
  予定利率:10%/11%/12%
  期間:12ヶ月/15ヶ月/18ヶ月
  貸付総額:各案件ともに1,500万円ずつ(総額4,500万円)
  担保:小口貸付債券(推定)


 通常、香港の事業支援ローンファンドは3ヶ月が6%、6ヶ月が6.5%ですので、この利率は破格です。
 スマートレンド側の2周年記念だから、という理由で利率を上げても貸付先には何のメリットもありません
 ので、おそらくはスマートレンド本体の事業者利益を削ってこの利率を出していると推定されます。

 貸付総額は全体で4,500万円と多くないので、瞬間蒸発するでしょう。
 興味のある方はデポジットをお忘れなく。
 ちなみにスマートレンドのデポジットが一日のうち始めに反映されるのは午前11時。
 案件募集開始と同時ですので、確実を見込む場合は前日のデポジットが良いと思われます。

 なお私は、資金調達が間に合いそうもないので今回は見送りです。
 どうにもスマートレンドの特別金利案件とはタイミングが合わないようです。

Pocket Funding案件紹介+投資単位見直し

 最後はPocket Fundingです。
 沖縄発のクラウドファンディング会社で、経営母体は財全グループです。
 調べた限りでは、代表者周囲にネガティブな情報はありませんでした。
 経営母体が明らかになっていると、少し安心します。他のいくつかのソーシャルレンディング事業者に
 ついても、このあたりは是非情報開示をお願いしたいところです。


 ・Pocket Fundingファンド6号

  予定利率:7%
  期間:13ヶ月
  貸付総額:704万円(主部分)
  担保:対象物件に対する第一順位抵当権 評価額4,360万円
  LTV:16%

  20180131PF2.png


 建売住宅建築のための資金貸付案件です。
 既に土地は購入されており、かつ建売住宅については既に購入候補者と調整中とのこと。
 一時的な繋ぎ資金と思われますので、貸付期間は13ヶ月ですが繰上返済の可能性は十分あるでしょう。

 この案件の特徴は、何と言っても圧倒的なLTVの低さ。
 16%は驚きの数値です。
 何でこれで銀行融資が通らないのか、何か理由があるのでは、と勘ぐってしまうほどです。

 20180131PF1.png

 Pocket Fundingの特徴の一つは、ソーシャルレンディングで投資家を募集する以前に、貸付先に対しては
 財全グループの会社が貸付を行っている、というものがあります。
 この案件の場合、去年の2月には既に貸付が行われているとの説明があります。
 つまり約1年の期間、貸付のリスクは財全側が負ってきた事になり、従って貸付先に対するアセスメントは
 きちんと行っているだろう
、と推測することができます。


 話題をもう一つ。
 Pocket Fundingではもともと1万円から投資が可能でしたが、今回投資単位の見直しがありました。
 最小投資金額は変わりませんが、1万円以上、1千円単位での投資が可能となるようです。
 (案件によってはこれ以外の投資単位もあるとのこと)

  ・新サービス: 追加投資単位の少額化サービス

 私の知る限り、この金額単位で投資ができる業者は他にクラウドバンクしかありません。
 投資単位の見直しにより投資の効率が高まるので、他の事業者にも是非追随してもらいたいところです。

 Pocket Fundingは将来的には融資型のソーシャルレンディングだけではなく、株式投資型や購入型などの
 クラウドファンディングにも参入予定とのことで、個人的に今後が楽しみな業者です。
 募集金額の実績はまだ小粒ですが、適切な情報開示や魅力的な案件による発展を願っています。


 Pocket Fundingでの投資をお考えの方は、こちらから検討いただけると嬉しいです。
 (アフィリエイトリンク)

 



 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  



2018年01月30日

ブログ1周年:初心の振り返りと今後の展望



広告
当ブログは1周年を迎えました

 早いもので、当ブログもこの1/30で1周年を迎えました。
 幸いにも多くの方に閲覧いただき、感想なども色々と頂戴することができています。
 読者の方からは概ね良い評判をいただけているようで、大変嬉しく思います。

 今回はブログ2年目に向けて、これまでの振り返りや方針の再確認、今後の展望をまとめたいと思います。
 初心を忘れないための、私的な備忘録でもあります。
 自分語りが入ってしまいます事はご了承いただきたく。


 train-820321_960_720.jpg

ソーシャルレンディングを始めたきっかけ

 ソーシャルレンディング投資を始めて6年、本格的投資を行っているのはここ2年ほどです。
 最初のきっかけは、SBI証券のメールマガジンでSBIソーシャルレンディングを紹介されたことでした。

 その頃は今よりも全体的な利率は抑えめでしたが、それでも円建てで数パーセントの利率というのは
 国債などと比べて破格の利回りであり、いったいどういうからくりなのだろうと訝しんだ覚えがあります。
 ですが調べていくにつれ、もともとこのような貸金領域はノンバンクや商工中金が活躍していたところで
 それらが法改正で退場したところをソーシャルレンディングが入り込んだのだと分かりました。

 もし事業領域自体が怪しいのであれば、ノンバンクなどがこの事業領域に手を出そうと思ったでしょうか。
 手を出したのは儲かっていたからだ、という状況証拠もあるでしょう。
 個人向けの案件はデフォルトが連発して今やソーシャルレンディングの黒歴史となってしまっていますが
 担保や保全を取った法人向け融資であれば、それほど問題はないだろうと判断しました。
 ここから私のソーシャルレンディング投資が始まったわけです。

ブログを始めたきっかけ

 ブログを始めたきっかけは、ソーシャルレンディングがリタイアを視野に入れた資産運用を考える際に
 インカムゲイン投資として優秀であるという考えに至り、本格的投資を始めたためです。

 どうせ本格的投資を始めるのなら、情報発信もしていこう。
 そこから色々な繋がりが増えるかもしれないし、と思いつきました。
 それにこの業界はまだ始まったばかり、情報発信役はまだ足りなかろうと考えたのが始まりです。
 (もちろん、広告収入が入ればラッキー、という助平心が働いた事も言うまでもありません)

 結果としては、今のところ思った以上の成果です。
 ソーシャルレンディングに全力投資している投資家というのはよほど珍しいのか、色々とお声がけを頂き
 投資家として以外のお仕事もやらせていただいております。
 
広告やアフィリエイトに関する考え方

 ブログを収益化することは最初から考えていました。
 投資の目的はお金を殖やす事です。ブログを収益化する目的も同じです。
 従って、投資することとブログを収益化することの間に、根本的な違いはないと思っています。
 要は両者ともに「金儲け」。
 金儲けにどんな感想を抱くかはその人次第ですが、それらは全て同列に扱うべきでしょう。

 収益化に際し、最初から考えていたポリシーは「どうせやるならダイレクトマーケティング」でした。
 金儲けは悪いものではないと考えていますが、金儲けのために人を騙すとなれば話は別です。
 せっかくソーシャルレンディングには、投資家同士があまり競争関係にないという特徴があるのですから
 ステルスマーケティングで読者を騙してまで、収益化を図るつもりはありません。
 
 良い情報も悪い情報も客観的に扱い、事実と自分の意見を分けること。
 もし宣伝をするなら、堂々とダイレクトマーケティングを実施すること。
 アフィリエイトリンクは必ず明示すること。
 以上のようなポリシーは今後も変わらず、ブログ運営を行っていきたいと思います。
 古くさいと言われようが、読者と事業者と私の「三方良し」こそが大事だと、私は信じています。

働き方とアーリーリタイア

 管理者はプロフィールの通り、某製造業で働いています。
 技術部門の支援的な立場で仕事をしつつ、たまに最前線(量産現場)へ突撃したりもします。

 仕事は嫌いではありませんが、仕事しない方が好きですので、アーリーリタイア志望です。

 おそらくこのままなら数年でアーリーリタイアを達成することになると思いますが、自分の感覚では既に
 会社の仕事はロスタイムに入っているので、もしかすると突発的に会社辞めてくるかもしれません。

 その場合はどうぞ、生温かい拍手でも送ってやって下さい。

 もっともアーリーリタイアと言え、今お声掛けいただいている仕事などはそのまま継続するつもりです。
 ですので、正確には「早期退社」の方が正しいのかもしれません。
 いずれにせよ、そろそろ会社勤めは飽きましたので、次のステージへ行きたいところです。

今後の展望

 基本はこれまで通りです。何も変えるつもりはありません。

 今年もソーシャルレンディングに全力で投資をし続ける事には変わりありませんので、私の資産運用が
 成功するためにも、ソーシャルレンディング業界には健全に発展してもらわなければなりません。
 その一助となるよう、有用な記事を提供し続けられればと思います。
 もし何か不適切な点がありましたら、お手数ですが指摘いただければ幸いです。

 指摘以外にもご要望、ご意見、はたまたお仕事の依頼(?)などございましたら、各記事のコメント欄や
 プロフィールにありますメールアドレスまでご連絡をお願いいたします。
 全てにお応えできるとは保証しかねますが、可能な限り対応するようにいたします。
 (ただし、ステルスマーケティングのご依頼は丁重にお断りさせていただきますが)

 1年間、沢山のご訪問やお声掛けをいただき、誠にありがとうございました。
 2年目もどうぞ、変わらぬご贔屓のほど、よろしくお願いいたします。
 今後ともご訪問、ご愛読、また興味がありましたら広告やサービスの利用などいただければ幸いです。


 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  





<ピックアップ広告>
「実名化案件」を扱うSAMURAI
日本保証との提携により、債務保証の
付いた案件も登場!
会員登録方法はこちらをご覧下さい。
SAMURAI_banner.jpg

ソシャレン投資本を書きました。
かんき出版様より発売中。
是非、お手に取って下さい!


ランキング参加しています。
クリックを宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ


広告


プロフィール
SALLOWさんの画像
SALLOW
プロフィール
問い合わせは各記事のコメント、もしくはquantumアットマークsaturn.dti.ne.jpまでどうぞ。

PVアクセスランキング にほんブログ村
検索
カテゴリーアーカイブ
リンク集
最新記事
アフィリエイトリンク(全て、管理人が実際に利用しています)

SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング

クラウドバンク
クラウドバンク

OwnersBook
オーナーズブック


クラウドクレジット

LENDEX
LENDEX

Pocket Funding

s-SAMURAIバナーA.jpg
SAMURAI

CREAL
CREAL

WealthNavi
ウェルスナビ

FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO

楽天証券
楽天証券

さとふる
さとふる


楽天カード


A8.net

最新コメント