2017年10月31日

みんなのクレジット 10月償還+最近のアフィリエイト事情(LENDEXとPocket Funding)



広告
月末の定例報告

 さて、みんクレが吹き飛ぶまで続く月末の定例報告です。
 これまでの記事は当ブログでも検索いただければ出てきますが、直近では以下の記事があります。


  ・みんクレ9月分・利金は正常+追加投資を行いました(9/26 クラウドバンク、アップルバンク)

  ・【追記あり】9/21 みんなのクレジットからのメール内容+PeXでソーシャルレンディング投資

  ・みんなのクレジット 決算公告の公開とその中身


 さて、気になる今月の状況ですが、あまり変化はありません。
 今月分については先月と同様、利金は正常支払い、もちろん元本の支払いは無しでした。

 20171031MC1.png

 拘束中の金額は、未償還分を合わせて144万円と変化ありません。
 みんなのクレジットと、主要貸付先であるブルーウォールジャパンの間の債務回収に関する次回の調停は
 11/8に開かれます
ので、そのあたりにはまた記事を書けそうです。


 正直、個人としてはみんなのクレジット問題への興味は薄れて来ています。
 このままで行くと100万円以上が毀損するのはほぼ確実ですが、そのくらいの傷であればリーマンやら
 何やらで受けた傷の方がよほど深いです。
 (悪意の有無は重要ですが、リーマンだって人災みたいなものですし)。

 また、みんなのクレジットに対する行政処分が明らかになったのは今年3月の事でしたが、そこから半年で
 ソーシャルレンディングの累積利益は188万円になっており、みんクレ損失分をカバーし終えています。
 半年で治る傷なのですから、良い勉強だったと思う事にしています。

 もちろんこの分は、みんクレが無ければその分増えていたはずの資産です。
 とは言え、みんクレからのインカムゲインは私のポートフォリオ内で大した割合を占めていませんので
 インカムゲインでアーリーリタイアを目論む私としては、重大な問題ではないという訳です。


 その一方、ソーシャルレンディングのブログを運営し、みんクレ問題の爆心地近くにいた投資家としては
 最後まで顛末を記事にする事が必要だろうと思っています。
 怒りの気持ちがない訳ではありませんが、私の本件に関するスタンスはこんなところです。
 (応報ならどうせ誰かがするでしょうし)

最近のアフィリエイト情報@:LENDEX

 もう一つはアフィリエイト情報です。
 こちらの記事の続編のようなものです。

  ・投資記録(SBI SL+キャッシュフローファイナンス)+LENDEXの話題

 上記記事では、

  ・LENDEXがアフィリエイトを開始したこと

  ・本ブログ管理人もLENDEXに投資をしているため、紹介された人との利害関係は一致するため
   アフィリエイト提携を始めたこと


 を書きました。
 その後ブログランキングの新着記事を眺めていましたが、明らかにLENDEXの話題が増えてきています。

 それらの記事には真っ当な物が多いのですが、一部にアフィリエイト狙いの記事があるのも確かです。
 LENDEXは東急リバブルと提携し、確度の高い不動産査定を行っているというプラス面だけではなく
 ネガティブな情報もありますので、両面を良くご検討下さい。

  ・LENDEXに関する追加情報(ネガティブ情報を含みます)

 もちろん、当ブログもアフィリエイト提携しているサイトの一つです。
 従って、当ブログの内容もポジショントークを含む可能性がありますので、十分に疑ってかかることを
 お勧めいたします。


 LENDEXでの投資をお考えの方は、こちらから検討いただけると嬉しいです。
 (アフィリエイトリンク)

 LENDEX

最近のアフィリエイト情報A:Pocket Funding

 さて、アフィリエイトの件ですが、もう一つ話題があります。
 沖縄発のソーシャルレンディング業者、Pocket Fundingとも提携を開始しました。
 (報酬は規約で公開できませんが、金額はソーシャルレンディング業者としては一般的です)

 こちらはご縁ありましてお声がけいただき提携したクローズド案件なので、一般では公開されていません。
 ブログランキングの新着記事にも、ほとんど現れていない業者です。
 同時期にアフィリエイトを開始した2つの業者のうち、オープン案件のLENDEXは新着記事が増え
 クローズド案件のPocket Fundingは新着記事が増えていないのは、非常に分かりやすい構図です。



 Pocket Fundingの案件は沖縄の不動産を中心としており、LTVは低めで堅い印象です。
 特徴の一つとして、Pocket Fundingの案件は経営母体である財全ソリューションが既に審査を行っており
 問題がないと判断した案件だということです。

 20171031PF2.png

 財全ソリューションがの既貸付案件に対してファンドを組成するわけですので、投資家にとっては

  ・資金振込から投資実行までの待機期間が短い

  ・事業者との間で利害関係が一致する
   (もし資金が集まりきらなかった場合、事業者の資金持ち出しが発生するので)

 という利点が発生します。
 加えて、今年中であれば新規投資家登録だけで1,500円が受け取れますので、投資するかどうかは
 後で考えるとして、とりあえず投資家登録+1,500円ゲットはいかがでしょうか。

 20171031PF1.png

 20171031PF3.png

 私もPocket Fundingには30万円を投資していますので、何も無責任に勧めているわけではありません。
 少額の投資先として、沖縄の不動産に分散するのは検討に値すると思っています。


 Pocket Fundingでの投資をお考えの方は、こちらから検討いただけると嬉しいです。
 (アフィリエイトリンク)

 




 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  



posted by SALLOW at 10:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資の話題

2017年10月30日

アップルバンク給与前払い 法的にはグレーという記事(ロドスタさんのブログより)



広告
ロドスタさんのブログより

 興味深い記事がありましたので、紹介させてもらいます。

  ・アップルバンクの給与前借システム 評判は? 違法!?
   (ロドスタのソーシャルレンディングブログ)

 当ブログでもリンクさせていただいている、ロドスタさんのブログです。
 大本の記事は日経で、アップルバンクの行っている給与前払いシステムが法的にはかなり黒に近いグレー
 ではないか、との内容です。

 アップルバンクの高橋代表が立ち上げた給与前払いシステムというと、「アド給」です。

  ・アド給

 20171030APB1.png

 給与前払いを申し込んだ労働者側から手数料を徴収するビジネスモデルです。
 導入企業側に金銭的・事務的負担をかけず、かつ労働者側には給料日を待たずに給与が受け取れるという
 Win-Winの関係を見込んだシステムだと思います。


 (私の主義とは違いますが)新自由主義的な観点から言えば、
 「どう考えても弱者からの搾取だけど、お互いが納得しているフェアトレードならOK」
 というところでしょうか。

 しかしこのシステムですが、日本の法律的にはかなり黒に近いグレーなようです。

抵触する可能性のある法律

 具体的にどんな法律に抵触するかを一覧にすると、以下のような内容になると思います。

  @労働基準法
   中間搾取を防ぐため、給与はその全額を、本人に直接支払わなければならない
   →給与を企業がプールして労働者に支払うなら問題ない。
    前払い業者が給与を立て替え、後で精算する方法だと、企業が前払い業者に給与を払う形となり
    法的にグレー。

  A出資法
   給与前払いが「前借り」と見なされれば、前払いサービスを提供する会社は貸金業登録が必要。
   →現在は「貸付ではなく、あくまでも立替」というスタンス。

  B利息制限法
   貸金に対する利息は、いかなる形であれ実質が伴えば全て利息と見なされる。
   手数料などの名目でも利息扱い。
   →前払いシステムの手数料が利息になる場合、年利は上限利率を遙かに超える事になる。
    (10万円以下の貸付に対する上限利率は20%)


 money-965587_960_720.jpg


 似たようなシステムはアメリカにもあり、こちらはペイデイローンと言われています。
 次にもらう給与を担保にして貸付を行うもので、担保は脆弱と言わざるをえません。
 そのため貸付利率を相当に高くしなければビジネスモデルとして成立しえないのですが、アメリカには
 日本と同じように貸付の上限利率があります。

 これを回避するために、ペイデイローンの会社では貸付を行う際、以下のような方法を取っています。

  ・100ドルを借りる
   →100ドルと、20ドルの商品券が渡される
   →返済日には120ドルを返す


 この一緒に付いて来る商品券ですが、「実は使い道がない」というのがミソです。
 要は、商品券と言いながらその実質は「こども銀行券」みたいなものです。
 もちろんこれは、法の抜け道を利用した超高利貸しであり、実際にアメリカのいくつかの州では
 ペイデイローンは違法となっているようです。

私の意見

 紹介元のロドスタさんは、

 「給与前借システムが違法か合法かを決めたいわけでも議論したいわけでもないです。
  法律なんかしょせん解釈論でしかないので、話す事じたい無意味でしょう」


 と感想を述べていますが、私もおおよそ同意です。
 解釈論のついでに、「法律なんかしょせんご都合主義」とも付け加えておきます。


 実際、中間搾取が悪なら派遣業界とか建築業界の下請孫請けはどうなるんだという問題もあります。
 もちろんそれらは合法と見なされているのでしょうが、中間搾取という本質から考えれば、明らかな
 ダブルスタンダードでしょう。

 また、こういった前払いシステムの利用層は、クレジットスコアが相当に低い事が予想されます。
 となると、前払いサービスが無くなった場合、これらの層の一部はヤミ金に流れる懸念がありますので
 それを防ぐ意味で、前払いシステムはセーフティネットとして機能している一面があると思います。
 (本来は企業側が手間と手数料を負担して前払いシステムを作るべきなのですが、その義務がない以上
  監督官庁からの指導があっても、企業側の動きは鈍いでしょう)



 結果、違法合法の話題は些末な事で、問題はそこにニーズがあるかどうかだと私は考えます。
 ニーズがあるから前払いシステムが存在するのであり、いくら法律で縛ったとしても、また品を変えた
 別のサービスが生まれるだけのモグラたたきです。


 今後、監督官庁がどのような動きを取るかは注目したいところですが、現時点で既に前払いサービスを
 扱っている会社が約20社ある以上、単純な取り締まりは難しいのではないかと思います。
 単純に取り締まれば、それはクレジットスコアの低い層を労働市場から放逐する結果となりかねず、
 現政権の掲げる「一億総活躍」とも矛盾してしまう、というのが理由です。

 とは言え、現時点で黒に近いグレーであり、しかも業者数が増加し続けていのも見過ごせないでしょう。
 日本の現状からすれば、監督官庁は指導を行って体面を保った形にして、その実は前払い業者がうまく
 存続できるような結果となる気がします。

 (派遣業界ほど業界規模が大きくないので、合法化はしないのではないかと予想)


 以上、法律面や実運用面から考えた給与前払いシステムの問題です。
 一方でソーシャルレンディングの観点から考えた場合、給与前払いシステム案件のリスクが高まった事は
 間違いないでしょう。

 不動産など別の担保が付いているのならともかく、給与前払いシステムの収益に対する受益権だけが
 担保であるような案件は、今後の情勢が不透明な状態では投資を慎重に考えた方が良さそうです。


 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  



posted by SALLOW at 12:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | 投資の話題


<ピックアップ広告>
「実名化案件」を扱うSAMURAI
日本保証との提携により、債務保証の
付いた案件も登場!
会員登録方法はこちらをご覧下さい。
SAMURAI_banner.jpg

ソシャレン投資本を書きました。
かんき出版様より発売中。
是非、お手に取って下さい!


ランキング参加しています。
クリックを宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ


広告


プロフィール
SALLOWさんの画像
SALLOW
プロフィール
問い合わせは各記事のコメント、もしくはquantumアットマークsaturn.dti.ne.jpまでどうぞ。

PVアクセスランキング にほんブログ村
検索
カテゴリーアーカイブ
リンク集
最新記事
アフィリエイトリンク(全て、管理人が実際に利用しています)

SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング

クラウドバンク
クラウドバンク

OwnersBook
オーナーズブック


クラウドクレジット

LENDEX
LENDEX

Pocket Funding

s-SAMURAIバナーA.jpg
SAMURAI

CREAL
CREAL

WealthNavi
ウェルスナビ

FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO

楽天証券
楽天証券

さとふる
さとふる


楽天カード


A8.net

最新コメント