2019年05月18日

ふるさと納税を巡る対立と騒動は一旦終了。次のステージを模索しましょうか。



広告
これで決着のようです

 ふるさと納税に関する話題です。

 「返礼品は3割以下」「地場産品を」と総務省が再三始動していたにも関わらず、いくつかの自治体ではそ
 れを無視した返礼品で寄付金を集め、自治体間での不公平が高まっていた今回の問題。

  ・ふるさと納税 新制度で対応迫られる自治体も (MSN)


 結局のところ、以下の自治体を6/1からふるさと納税の制度から外すことになったようです。
 *正式な決定は5月中旬?
 以下の自治体では、6/1以降寄付を行っても節税はできなくなりますのでご注意下さい。

  ・静岡県小山町
  ・大阪府泉佐野市
  ・和歌山県高野町
  ・佐賀県みやき町


 これら自治体も納得しているところばかりではなく、また今回対象から外された自治体が復活することはあ
 るのか、「欠格期間」はどのくらいになるのかなど、まだまだ問題は山積しています。
 *さらに言えば泉佐野市は今回の措置に納得していないようで、5/31のギリギリまで寄付金を受け付ける
  キャンンペーンを開催したり、総務相に質問状を投げたりしています。


  ・300億円限定キャンペーン (泉佐野市)

  ・石田総務相宛てに質問状送付へ=ふるさと納税除外で−大阪府泉佐野市 (時事通信)


 ですが、ひとまずこれで一つの決着。
 ふるさと納税の過熱は無くなるでしょうが、未だ「やった方が絶対お得な合法節税カタログショッピング」
 であることに変わりはありません。

 総務省が「従わなければ対象から外す」という強硬措置を発動したことで、今後総務省の方針に逆らうよう
 な返礼品はほぼ出てこなくなるでしょう。
 ふるさと納税は当初開始がステージ1、節税枠が拡大し手続きが簡単になって過熱した頃をステージ2とす
 ると、新たなステージ3に突入したことになります。

 このステージでの最適な行動を模索していく時期になった、ということではないでしょうか。
 もちろん私は、まだまだ限度枠一杯で寄付を行うつもりです。

ふるなびでのAmazonギフト券

 まずは「ふるなび」の話題。
 ふるなびでは、Amazonギフト券の追加キャンペーンが実施中です。

 プレゼントの率は最大4%ですが、これには条件があります。
 4%は「ふるなびクラウドファンディング」から寄付した場合に限っており、通常のふるさと納税については
 3%の還元率になります。

  20190403FNV3.jpg


 ふるさと納税におけるAmazonのポイント付与も、総務省が問題視しているものの一つ。
 今はこういうキャンペーンがあっても、今後はどうなるか分かりません。気になる返礼品があれば、今のう
 ちに寄付をしておいた方がいいと思います。

  ふるなび(広告リンク)
  

楽天ふるさと納税も同じ還元率

 この還元率は、楽天でも似たようなものになります。
 条件は必要ですが、楽天SPU(スーパーポイントアップ)のキャンペーンを利用することで、ふるさと納税
 についても楽天ポイントが多くもらえる方法があります。

 ちなみにSPUのうち、投資家的なお勧めは「楽天証券取引でのポイントアップ」。
 月500ポイント以上の投資で、楽天市場のポイントがいつでも+1倍加算されます。
 「月500ポイントもたまらないよ」という人は、下記の記事をご覧下さい。クレジット決済の積立投信投資
 を行うことによって、ポイントがもらえる
というサービスが利用できるというものです。

  ・積立投資→ポイントもらう→ポイントで投資→ポイントが増える、のループはオススメです。


 上記のAmazonギフトが消える時は、もしかすると楽天のポイント付与も消えるかもしれません。
 何にせよふるさと納税はお早めに、ということになりそうです。


  楽天ふるさと納税 (広告リンク)
  

さとふるは返礼品の発送が速い

 さとふるは私も使っていますが、返礼品の発送の速さではここがダントツだと思います。
 ふるさと納税のポータルサイトで返礼品の納期が違うというのも不思議な気がしますが、ここから納税した
 場合の返礼品は明らかに迅速に届きます。
 そういう意味でもお勧めできるサイトだと思います。


  さとふる (広告リンク)
  さとふる



 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  



2019年05月14日

ビットコインが急上昇しているので、久しぶりに口座をのぞいてみました。



広告
ビットコインは急上昇

 ビットコインの話題です。

 先日ひょんなきっかけからごく少量のビットコインホルダーとなりました。
 数千円のビットコインなので換金してもしかたないし、それなら情報感度を保つためにもホールドしておこ
 うと考え、ずっと眠らせること9ヶ月ほど。

 ビットコインをホールドしようと思ったすぐ後から相場が下がっていくのを見た時は、さすが私持ってる
 (ダメな意味で)
と思ったものですが、ここにきて相場が急上昇しています。

  20190514DMM2.png


 40万円台になったこともあるビットコインですが、現在は倍の80万円台。
 きっかけとなったのは、米中の貿易摩擦で間違いないでしょう。

 発端は確か、5/5のトランプ大統領のツイッター。
 約2,000億ドルの中国輸入品に課している追加関税10%を、10日から25%に引き上げると表明。
 米中の関係者が協議したものの溝は埋まらず、この追加関税が発動。

 これに対して中国政府は5/13に、米国輸入品約600億ドル分への追加関税率引き上げを発表。
 さらにアメリカは、現在対象外となっている中国製品(3,250億ドル相当)についても追加関税を課す方針を
 明らかにしています。関税という剣を使っての国同士の殴り合いです。

 これがどういう結末になるか分かりませんが、世界経済にとってプラスではないでしょう。
 そして既存通貨(特に人民元)にとっても同じことです。
 そういった資金の一部が仮想通貨に流れ込んできたことに加え、一説では50〜60万円と言われるビットコイ
 ンマイニングの損益分岐点を超えたことから、マイニングがさらに活発になった影響もあると思います。


 中国政府か仮想通貨を厳しく管理しようとしていますが、取り締まれば取り締まるほど魅力的に見えてくる
 のは人のサガ。禁断の果実ほど甘いものです。
 そういえば、中国政府自体が人民元を仮想通貨化しようとしている、という噂もありました。

  ・中国人民元が仮想通貨になる? (COINTEREGRAPH)

なぜか黒字になっていました

 ということで久々に口座を見てみたところ、なんとプラスになっていました。
 (ビットコイン入手時の日本円価値は2,000円でした)

  20190514DMM1.png


 ここ数ヶ月で2倍近くになったビットコイン。
 一攫千金の夢に惹かれないと言えば嘘になりますが、私がそういうものに手を出すとだいたいロクなことに
 なりません
ので、やめておきます。


 私が口座を開設しているDMM Bitcoinでは、現在5月のキャンペーン中。
 4大キャンペーンのうち最初の一つ「新規口座開設で1,000円」については、少しの手間で金銭的にはノーリ
 スクでお金がもらえるキャンペーンとなります。

  20190514DMM3.jpg


  DMM Bitcoin(広告リンク)
  DMM Bitcoin


 またこちらも有名な仮想通貨事業者であるGMOコインでは、口座開設者に20,000satoshi分のビットコイン
 がプレゼントされるキャンペーンが開催中です。
 (ただし20,000satoshi=0.0002BTCなので、こちらのプレゼント額はせいぜい数百円です。
  口座開設キャンペーンという意味では、DMMの方が豪華でしょう)

 仮想通貨投資をしなくとも、仮想通貨ブームに乗って利益を得る方法はあります。
 そういったものを賢く利用していくのが、投資家として必要な行動でしょう。

  20190514GMO1.jpg


  GMOコイン(広告リンク)
  GMOコイン



 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  





<ピックアップ広告>
「実名化案件」を扱うSAMURAI
日本保証との提携により、債務保証の
付いた案件も登場!
会員登録方法はこちらをご覧下さい。
SAMURAI_banner.jpg

ソシャレン投資本を書きました。
かんき出版様より発売中。
是非、お手に取って下さい!


ランキング参加しています。
クリックを宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ


広告


プロフィール
SALLOWさんの画像
SALLOW
プロフィール
問い合わせは各記事のコメント、もしくはquantumアットマークsaturn.dti.ne.jpまでどうぞ。

PVアクセスランキング にほんブログ村
検索
カテゴリーアーカイブ
リンク集
最新記事
アフィリエイトリンク(全て、管理人が実際に利用しています)

SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング

クラウドバンク
クラウドバンク

OwnersBook
オーナーズブック


クラウドクレジット

LENDEX
LENDEX

Pocket Funding

s-SAMURAIバナーA.jpg
SAMURAI

CREAL
CREAL

WealthNavi
ウェルスナビ

FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO

楽天証券
楽天証券

さとふる
さとふる


楽天カード


A8.net

最新コメント