2019年05月25日

サラリーマンが一度は退職を考えるべきだと思う理由。



広告
2枚目の名刺に思うこと

 最近のことですが、2枚目の名刺を作ることにしました。
 会社員としての名刺は当然会社から与えられていますが、もう一つの名刺です。
 肩書きは「投資家・ブロガー」で作ってみました。また変わるかもしれませんが。


 クラウドファンディングの運営事業者の所在地やセミナーの開催地、はたまたブロガー諸兄のお住まいにつ
 いても首都圏であることが多く、近畿圏在住の私は出不精真っ盛り。
 そんなわけで2枚目の名刺を配るチャンスがあるかどうか分かりませんが、まあとりあえずということで作
 ってみることにした次第です。

 「2枚目の名刺」って誰かがもう使ってそうなフレーズだな、と思って検索したら、使っているどころかそ
 のものズバリの名前のNPO法人までありました。

  ・NPO法人 二枚目の名刺


 私の持つ2枚目の名刺は自分を社会に役立たせるためでなく、単にアーリーリタイアをしたいためという
 理由なのですが、「パラレルキャリア」という考え方には大いに賛同するところです。
 (強弁すれば、投資という行為で社会に関与していると言えなくもないですが)

 このNPOの理念、私とは異なりますが共感できるところも多々あります。
 そのうち、記事にしてみたいと思います。


  s-business-card-1680781_960_720.jpg

退職を考える効用

 さて、NPOの名前ではない「2枚目の名刺」の話題に戻ります。

 私はまだ会社勤めを続けていますが、少し前からソーシャルレンディングを中心にした投資を始め、かつこ
 のようなブログを通して副業を始めることになりました。
 投資も副業と見なせば、履いている草鞋は3足か4足になります。


 そういった中から気付いたこと。
 それはサラリーマンであれば誰しもが一度は退職を考えるべきだ、と言うことです。
 今の仕事が順調な時はそんなことを考え付きもしないかもしれませんが、順調な時だからこそ「退職」をイ
 メージしてみることは重要だ、と考えます。

 これは何も、実際に退職するということではありません。
 もし何か起きて職を失ったら、どう対応するのかをシミュレーションするだけです。
 再就職するのか、起業するのか、どちらにせよそのアテはあるのか。
 再就職をするにしろ、起業するにしろ、今の資産は安定するまでの生活を支えられるのか。
 そういったリスク分析とストレステストを行うのが目的です。

 もしも、突然の失職に対して十分なバックアッププランが描けなければ。
 その時はどう対応するかの計画を立て、それを実践する必要があるということになります。


 s-man-792821_960_720.jpg

考えて、考えて、考える

 バックアッププランが不足しているなら、どう対応すればいいのか。
 各自の立場、事情によってパターンは様々であり、万人に対する最適解はないと思います。
 ただ、考え方としては次の3種類に収束するのではないでしょうか。


  @稼ぎを増やす
   現在の職場でのスキルアップによる収入増加、あるいは転職、副業

  A支出を減らす
   固定費や流動費の削減、ポイントやクーポンの利用、優遇税制やふるさと納税の利用

  B運用する
   貯蓄や投資運用、iDeCoの利用など


 細かく言えばキリがないですが、結局はこの3種類を全て考え抜くことが大事だと思います。
 濡れ手に粟の一攫千金はいつの世も魅力的ですが、再現性のないものに信頼をおくべきではありません。
 人生ギャンブルと割り切っている人はそれでもいいかもしれませんが、それこそ万人受けするやり方とは
 言えないと思います。

 考え抜くだけの材料や知識がなかったら?
 その時は学習するだけです。勉強は学校で終わりではないでしょう。
 私もがんばらなければな、と思っています。

退職を考えたら、退職が遠のいた

 私も以前、「今もしも退職したら?」とイメージしたことがあります。
 その結果十分なバックアッププランがないことに気付き、投資や副業を始めたわけです。

 副業を始めたことで、明らかに私の世界は広くなりました。
 と同時に会社への依存度は下がり、私たちの家計の強靱さは上がったと思います。

 今は退職という後戻りのできない行動をしても、そこそこ十分なバックアッププランはできました。
 しかしそういったバックアッププランを会社での仕事にも適用した結果、職場においては「成果さえ上げて
 いれば普段の業務に何も言われない」
立場も手に入れました。
 結果として、「すぐには退職しなくてもいい」という状況になったわけです。

 退職をイメージして行動した結果、退職が遠のくというのは皮肉なのか僥倖なのか。
 私の行動と結果が万人に適用できるものではないと思いますが、会社勤めにしろ何にしろ今の収入基盤が
 消え去ったらどうするのか
をイメージし、対応策を練るのは悪いことではないと思います。



 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  



2019年05月21日

アーリーリタイア計画の進捗状況(2019年4月時点)



広告
そういえば、忘れていました

 アーリーリタイアの進捗計画、本来は今年の4月に行うべきだったのですが、忘れていました。
 4月分のデータは残っていましたので、それでここ半年を振り返ってみることにします。

 この半年間、クラウドファンディング業界の話題と言えば、次のようなものでしょうか。

  ・maneo(+多くのファミリー)の凋落
  ・匿名化解除と実名化案件の登場、新たな事業者の登場
  ・不動産投資型クラウドファンディングの発展


 大きく捉えれば、クラウドファンディングがより「身近な/多くの人が参加する」投資商品として変わるた
 めの、良い変化も悪い変化もあった時期なのかなと思います。
 2018年に起こったいくつかの事業者における悪意の事件、その影響から脱しているわけではありませんが、
 クラウドファンディングの業界はまだまだ成長していくでしょう。

 日々の値動きのないインカムゲイン投資が私に合っていたという理由もありますし、個人が金貸しになれる
 というソーシャルレンディングのモデルに魅力を感じたこともあります。
 いずれにせよ私はこの投資商品に将来と魅力を感じているので、そこそこ大金を投資しているわけです。

アーリーリタイア計画

 さて、現在の資金状況は下記のようになっています。

 20190521SUM0.png
 (青線がリタイア目標資金額赤棒が各時期の目標額緑棒が実績額


 ソーシャルレンディングのいくつかの案件では遅延が起きていますが、その案件が全て全損する可能性は低
 いと考えていますし、万が一全損したとしてもリタイアに対する影響は重大ではありません。
 このあたり、分散投資の重要性を身に沁みて理解することになりました。

 何か大事件が起きた方が(ブロガーとしては)ネタになるのでしょうが、自分自身に資産運用の責任を負っ
 ている身としてはたまったものではないので、順調な現状にまずは安堵しています。

収入や支出、今後の展望

 この半期の収入や支出の状況は、以下のようになりました。


 @給与収入:ほぼ横ばい
  給与はほとんど変化無し。
  もう一つ職位が上がれば収入はそこそこ上がりますが、あくまでも「そこそこ」の域です。
  それよりも現状、「結果さえ出していれば、業務時間や内容の裁量は管理職並かそれ以上」という立場を
  ほぼ固めましたので、この状況を有効に利用していくことが重要と考えています。


 A消費支出:ほぼ横ばい
  こちらについてもあまり変化はありません。
  ミニマリストというわけではないので、そこそこの出費はしています。
  もう少し抑えたいところですが、まあ無理をせず、という感じで進めていこうと思っています。


 B投資利益:半年で+40万円ほど
  投資については事業者ごと吹っ飛んだ案件がありましたので、その分が影響しています。
  確定申告による所得税還付と月々の利益で相殺して、なんとか黒字に持っていったというところです。


 最後に今後の展望です。

 アーリーリタイアに必要な資産には、あと1年少しあれば手が届く予定です。
 もしかしたらそれまでに投資で損失が出るかもしれませんが、そうなれば資産を貯めるのに必要な期間が 
 1年ではなく2年、ともすると3年になるだけですので、大きな影響はありません。

 会社生活の上で有利な立場(結果さえ出せば誰も口を出してこない)を手に入れたことで、アーリーリタイ
 アの熱は相対的に冷めています。
 この立場を脅かす事があれば、その時は「退職」のカードをちら付かせて会社と交渉することになります。
 それで退職となっても、元々の予定通りということになるでしょう。

 会社に対して有利な立場を維持しつつ、その恩恵を享受する。
 経団連の会長が終身雇用を諦める発言をするような現状、それが会社員としての正しい身の振り方ではない
 かと思うわけです。



 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  





<ピックアップ広告>
「実名化案件」を扱うSAMURAI
日本保証との提携により、債務保証の
付いた案件も登場!
会員登録方法はこちらをご覧下さい。
SAMURAI_banner.jpg

ソシャレン投資本を書きました。
かんき出版様より発売中。
是非、お手に取って下さい!


ランキング参加しています。
クリックを宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ


広告


プロフィール
SALLOWさんの画像
SALLOW
プロフィール
問い合わせは各記事のコメント、もしくはquantumアットマークsaturn.dti.ne.jpまでどうぞ。

PVアクセスランキング にほんブログ村
検索
カテゴリーアーカイブ
リンク集
最新記事
アフィリエイトリンク(全て、管理人が実際に利用しています)

SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング

クラウドバンク
クラウドバンク

OwnersBook
オーナーズブック


クラウドクレジット

LENDEX
LENDEX

Pocket Funding

s-SAMURAIバナーA.jpg
SAMURAI

CREAL
CREAL

WealthNavi
ウェルスナビ

FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO

楽天証券
楽天証券

さとふる
さとふる


楽天カード


A8.net

最新コメント