2019年05月22日

ポケットファンディングから2つめの「沖縄以外」案件が登場。



広告
今度は横須賀の土地建物です

 Pocket Funding(ポケットファンディング)の話題です。

 先日、ポケットファンディングはJASDAQ上場のジェイホールディングスと提携しました。
 ポケットファンディング自体は沖縄特化の事業者であり、他の事業者にない特徴を持ってはいるのですが
 やはり沖縄だけでは扱える不動産に限りがあります。

 そこでとった戦略が、大都市圏に強い事業者と提携すること。
 提携する側としても、ポケットファンディングのソーシャルレンディング基盤を流用することができ、自社
 で一から開発するよりも有利であるのは間違いないでしょう。

  ・株式会社ジェイホールディングスとの資本・業務提携について


 この提携により、ポケットファンディングではこれまでの沖縄案件に加え、首都圏など他の地域の不動産を
 担保とする案件も取り扱えるようになりました。
 そして今回、沖縄以外案件としては2つめのファンドが登場しました。


 ・アーバンファンド2号

  予定利率:5.5%
  期間:12ヶ月
  貸付総額:1,000万円(主部分)
  担保:横須賀市の土地建物に対する抵当権 担保評価額1,500万円
  LTV:67%

  20190522PF1.png


 ポケットファンディング(広告リンク)
 

案件紹介

 対象となるのは横須賀市の土地建物。
 資金用途は不動産仕入れ・リフォーム資金であり、この不動産を取得・リフォームして販売するためのつな
 ぎ資金となります。

  20190522PF3.png


 おそらく上物(住宅部分)には価値はないでしょう。
 ただし「土地の不動産価値だけを見ても担保力が十分」という説明がありますので、万が一の場合でも元本
 の大部分は戻ってくるものと期待できます。

 案件説明には
 「横須賀線衣笠駅から徒歩10分」
 「物件の徒歩10分圏内には、幼稚園や高等学校、書店、銀行、郵便局、スーパー、病院などがある」
 とありますので、おそらくは衣笠駅の北側のどこかではないかと推測しています。

 

償還が見られるのは安心です

 そういえば、ポケットファンディングのページを見ていて気付いたのですが。
 トップページの過去案件に、償還済の案件はそう表示されていました。

  20190522PF2.jpg


 ログインしなくても償還済の案件が表示されるのは、投資家目線に立った配慮だと思います。
 伝統的な投資商品と異なり、ソーシャルレンディングの信頼性はまだまだ低いもの。投資を始めようかと考
 える人が一番気にしているのは、「きちんと償還されているのかどうか」という情報だと思うからです。


 ポケットファンディング(広告リンク)
 



 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  



今度は「シンガポールドル建て」案件が登場。投資家の平均利回りについて。



広告
新しい通貨です

 クラウドクレジットの話題です。

 海外向け案件を専門に扱うソーシャルレンディング事業者であるクラウドクレジットから、新しい通貨の案
 件が登場しました。
 今回は珍しく(というと御幣があるかもしれませんが)先進国通貨です。


 ・【シンガポールドル建て】シンガポール広告代理店ベンチャー企業支援ファンド1号

  予定利率:9.0%(SGD建て)
  期間:25ヶ月
  担保:無し

  20190517CC2.jpg


 クラウドクレジットは色々な通貨に投資することができるのですが、多くは新興国通貨。
 新興国通貨が悪いとは言いませんが、基軸通貨や先進国通貨に比べて変動が大きく、ソーシャルレンディン
 グの運用による利率が為替変動で呑み込まれてしまう恐れは強いと思われます。
 (その分、円安にハマった時の利益は大きくなりますが)

 そういった中で、シンガポールドルは比較的レートが安定しています。
 ここ2年の値動きを見ますとだいたい±5%の範囲に留まっており、案件の利率が為替でひっくり返るという
 可能性はあまり高くないと思われます。

  20190517CC3.jpg
  (楽天証券より引用)


 クラウドクレジット (アフィリエイトリンク)
 


案件の仕組み

 案件の仕組みは、クラウドクレジットの通常案件とあまり変わるところはありません。
 クラウドクレジットのエストニア子会社を介して投資を行うスキームになっています。

  20190517CC4.jpg


 エストニアはいわゆる「グレーな意味での」タックスヘイヴンではありません。
 (EU加盟国が世界全体に向けて租税回避地になるなど、色々許されるものではないでしょう)
 ですがIT先進国であるエストニアは、ネットで手続きが完了する「e-Residencyカード」を用いることにより
 エストニアに法人をオンラインで設立することができます。

 エストニアの法人税は、株主に配当するまで利益に対する課税は留保される(配当金のみに税金がかかる)
 仕組みであったり、エストニア国内投資に対する利益は非課税になるなど、税制面では優遇されています。
 日本との間には2019年から租税条約が発効していますが、それでも未だ税制面ではエストニア子会社を介し
 て投資するのが有利である、ということなのでしょう。

  ・エストニアとの租税条約が発効します(財務省)


 租税の減免措置を正しく利用して利益を上げるのは、投資家として当然考えるべきこと。
 (これは、日本での税金を節税するのも同じことですが)
 投資先を日本国内のみから分散させる考えからも、クラウドクレジットでの投資は引き続き行っていきたい
 と思っています。

ところで、本当に儲かるの?

 クラウドクレジットの背景や出資元を考えると、法人としてのクラウドクレジットの信頼性は高く、問題行
 動はないように思います。
 ですが一方でクラウドクレジットの案件のリスクは低くありません。
 投資家として一番の関心事は「で、儲かるの?」ということではないでしょうか。

 クラウドクレジットによれば、現在の投資家の平均利回りは約6%。
 よほど変な分散や集中をかけない限り、おおむねソーシャルレンディングの平均程度の利回りは得ることが
 できる、と考えていいのではないでしょうか。

  20190517CC1.jpg


 ちなみに私の場合、詳細な計算はしていませんがおおむね利率は5〜6%。
 体感的に、上記のデータの信頼性は高いのではないかと考えています。
 (コメントをいただき、追記します。上記の利回りは為替の影響を考慮していないことにご注意下さい)


 クラウドクレジットへの投資を検討されている方は、こちらからどうぞ。
 (アフィリエイトリンク)

 




 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  





<ピックアップ広告>
「実名化案件」を扱うSAMURAI
日本保証との提携により、債務保証の
付いた案件も登場!
会員登録方法はこちらをご覧下さい。
SAMURAI_banner.jpg

ソシャレン投資本を書きました。
かんき出版様より発売中。
是非、お手に取って下さい!


ランキング参加しています。
クリックを宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ


広告


プロフィール
SALLOWさんの画像
SALLOW
プロフィール
問い合わせは各記事のコメント、もしくはquantumアットマークsaturn.dti.ne.jpまでどうぞ。

PVアクセスランキング にほんブログ村
検索
カテゴリーアーカイブ
リンク集
最新記事
アフィリエイトリンク(全て、管理人が実際に利用しています)

SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング

クラウドバンク
クラウドバンク

OwnersBook
オーナーズブック


クラウドクレジット

LENDEX
LENDEX

Pocket Funding

s-SAMURAIバナーA.jpg
SAMURAI

CREAL
CREAL

WealthNavi
ウェルスナビ

FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO

楽天証券
楽天証券

さとふる
さとふる


楽天カード


A8.net

最新コメント