2019年05月23日

SBIソーシャルレンディングが実名化の宣言を行っています。



広告
投資成功

 SBIソーシャルレンディング(SBI SL)の話題です。

 オーダーメイドファンド「SBISL不動産担保ローン事業者ファンドNeo 1号」に投資を行いました。
 サーバは少し重い印象を受けましたが、なんとか投資成功です。


 ・SBISL不動産担保ローン事業者ファンドNeo 1号 100万円

  予定利率:6.5%
  期間:12ヶ月
  貸付総額:9億円
  担保:借り手の第三者に対する、抵当権で担保された貸付債権に質権を設定
  LTV:85%以下

    20190519SBI3.png

 この「Neo」ファンドは、SBI SLで始めて借り手が実名化されたファンド。
 金融庁の匿名化解以降、さまざまな事業者が実名化されたファンドを募集してきましたが、ここに来て事実
 上のソシャレン最大手であるSBI SLが実名化したというのは、意義のあることだと考えます。

 これまでの「Plus」ファンドに比べて、LTVが70%から85%に増加(悪化)しているのは今回だけの措置な
 のか、それとも実名化した影響なのかは分かりませんので、もう少し見ていきたいと思います。
 いずれにせよ、今後もこのファンドが人気で有り続けることは間違いないでしょう。

実名化対応に関する宣言

 さて、今回の案件で実名化に踏み切ったSBI SLですが、公式サイトで実名化に関する宣言を出しています。
 端的であり、説得力のある内容でしたので、一部を引用いたします。

 当社は、ソーシャルレンディングが果たす役割とは、自社の関係会社等のための資金調達手段などではなく、世の中に数多ある「お金を借りたいニーズ」と「お金を運用したいニーズ」を「結びつける」ことにあると考えております。そのため、借手が抱える借入ニーズについて、借手自らが資金を必要とする理由等を説明し、これに同意した投資家が資金供給できるプラットフォームを提供するべく、2011年3月の事業開始以前から、借手の開示を前提としたビジネスモデルの検討を進め、関係当局と折衝を行っておりましたが、貸金業法の解釈の観点から借手の匿名化・複数化は必須であるとの結論が示されたため、この前提に立って借手の開拓やファンドの組成を行い、事業を展開してまいりました。

 今般、一定の要件の下ではあるものの、この方針が転換されたことは、当社があるべき姿であると考えるソーシャルレンディングの実現に向けて大きな変化であると同時に、借手にとっても大きな変化であり、商号等の情報が開示されることの意義やメリットについて借手に改めて理解を求め、借手を開示したファンドの組成を順次進めてまいりたいと考えております。併せて、「SBIソーシャルレンディングの顧客中心主義に基づく業務運営方針 」のうち、借手の情報を開示できないことを前提としていた方針4についても改正するとともに、引き続き重要な情報の分かりやすい提供により一層努めてまいります。

  ・ソーシャルレンディングにおける借手開示対応の開始について


 赤字部、私も色々地雷を踏みつけているだけに耳に痛い言葉ですが、要はそういうことなのでしょう。
 ソーシャルレンディングを自社の資金調達に使っている場合、その案件に投資するのであれば十分な理由と
 きちんとした保全手段が必要になると思います。

 ソーシャルレンディングの本来の有り様は「もっともシンプルな金融」である直接金融。
 現行法の下でそれを実現するため、フィンテックの技術を利用するものです。


 今回SBI SLが実名化に踏み切ったことで、ソーシャルレンディング全体に実名化の流れが浸透していくこと
 を期待します。
 それによって全体の利率が落ちたり、一時的に案件数が少なくなったりと副作用は出るかもしれませんが、
 長期的にはソーシャルレンディングが次のステージに上がるために必要なことでしょう。
 今回実名化を行ったSBI SLには、これからも投資を増額していく予定です。


 SBIソーシャルレンディング (アフィリエイトリンク)
 SBIソーシャルレンディング



 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  



posted by SALLOW at 09:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資記録

2019年05月20日

オーナーズブックの案件に投資成功。激戦案件に向けての準備についても紹介します。



広告
何とか滑り込みました

 オーナーズブックの話題です。
 先週に募集になった案件に参戦しました。
 一人当たり上限額40万円、総額4,800万円という激戦区でしたが、何とか投資成功です。


 ・練馬区マンション第2号ファンド第1回  40万円

  予定利率:4.5%
  期間:31ヶ月
  貸付総額:4,800万円(主部分)
  担保:練馬区のマンション1棟に対する抵当権(第2順位)
     評価額2億1,800万円 先順位1億2,600万円
  LTV:79%

  20190517OB1.jpg


  20190517OB2.png


 投資期間は長いのですが、

  ・銀行がシニアローンに入っている(調査はしっかりしているだろうと推定)
  ・貸付先は3期連続純利益計上
  ・返済原資が「事業活動によって稼得されるキャッシュ」であり、売却を前提にしていない


 という理由のため、安定性は高いと判断して投資を行いました。


 オーナーズブック(アフィリエイトリンク)
 OwnersBook

私の準備について

 「激戦の投資をどうやって成功しているのか?」ということについて、時々質問されることがあります。
 まず当たり前の事を否定しておきますと、ブログをやっていることと投資成功は無関係です。
 私は何かの情報を事前に知ることはありませんし、特別な待遇を受けているわけでもありません。

 今回の場合、私が投資前に準備したことと言えば、次のようなものです。

  ・なるべく安定した通信を使う(通信中に場所を移動しない、など)
  ・時間合わせを行う
  ・キャッシュクリア
  ・余計なアプリを終了してメモリを確保する


 これだけやっておいて、最後は「祈る」に尽きます。

 個人的な印象として、通信が安定した状況でどっしり構えられるなら、一部の「本当の激戦区」を除いては
 だいたい狙った投資は成功するように思います。体感、勝率は8割くらいでしょうか。
 (ただ、どう考えても無理な案件には最初から挑戦しないので、もし全案件に勝負していたらもう少し勝率
  は下がるかもしれません)

セミナー情報

 オーナーズブックでは、明後日の5/22にセミナーを予定しています。
 オーナーズブックの経営母体のロードスターキャピタル本社(中央区銀座1丁目)において、初心者向けと
 経験者向けにセミナーが行われます。

 オーナーズブックでの投資に興味がある方で手近な方は、参加を検討されてはいかがでしょうか。
 (私も参加したいのですが、せめて近畿圏で開催いただければ・・・)

  20190517OB3.jpg


 この記事を書いている時点で、初心者向けセミナーはまだ余裕あり。
 経験者向けは残り1名となっています。

  ・セミナー申し込みフォーム(初心者向け)

  ・セミナー申し込みフォーム(経験者向け)

  
 オーナーズブック(アフィリエイトリンク)
 OwnersBook



 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  



posted by SALLOW at 14:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資記録


<ピックアップ広告>
「実名化案件」を扱うSAMURAI
日本保証との提携により、債務保証の
付いた案件も登場!
会員登録方法はこちらをご覧下さい。
SAMURAI_banner.jpg

ソシャレン投資本を書きました。
かんき出版様より発売中。
是非、お手に取って下さい!


ランキング参加しています。
クリックを宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ


広告


プロフィール
SALLOWさんの画像
SALLOW
プロフィール
問い合わせは各記事のコメント、もしくはquantumアットマークsaturn.dti.ne.jpまでどうぞ。

PVアクセスランキング にほんブログ村
検索
カテゴリーアーカイブ
リンク集
最新記事
アフィリエイトリンク(全て、管理人が実際に利用しています)

SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング

クラウドバンク
クラウドバンク

OwnersBook
オーナーズブック


クラウドクレジット

LENDEX
LENDEX

Pocket Funding

s-SAMURAIバナーA.jpg
SAMURAI

CREAL
CREAL

WealthNavi
ウェルスナビ

FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO

楽天証券
楽天証券

さとふる
さとふる


楽天カード


A8.net

最新コメント