広告

posted by fanblog


2018年07月25日

管官房長官発言「パチンコのギャンブル性を無いような形にする」の影響



広告
パチンコ業界に激震?

 7/23、管官房長官がBSフジのプライムニュースでパチンコに関する発言をしています。

 「パチンコの規模は23兆円」
 「どこにでも、すぐ近くにお店がある(依存しやすい状況にある)」
 「ギャンブル性を無いような形にする」


 カジノ法案に絡めた発言なのですが、やはりというか一部では話題になっているようです。

  ・参考:Share News Japan


 管官房長官の発言は、カジノ法案に絡めてのものだけに色々な解釈ができます。
 「ギャンブル性を無くす」というのは、完全に換金を禁止するという意味にも捉えられますが、その一方で
 「(カジノなどと比べて)射幸心を煽らないような程度までギャンブル性を減らす」とも取れそうです。

 というか、パチンコがギャンブルだと国家中枢の人間が認めたというのも大きいですね。


 yahtzee-1132533_960_720.jpg

色々考えたこと

 しかし、カジノ法案が通ってすぐのこの発言。
 カジノという受け皿が作られたことで、パチンコに遠慮する必要もなくなったということでしょうか。
 それとも最初からパチンコ潰しが目的の一つだったのかもしれません。


 中には、ギャンブル依存症対策が不十分だ、と主張する人もいるようです。
 ですが、そもそも日本は公営ギャンブル以外は認めていません。
 そして公営ギャンブルは、日本でそれほど多くの人に浸透しているというわけではないでしょう。
 にも関わらず多くのギャンブル依存症の人が存在している、という事がそもそも異常なわけで、ギャンブル
 依存症対策がまずその根本原因を潰す方向に進むのは自然な事だと思います。
 ギャンブルができる場所を少なくして、敷居を上げてやれば、少なくとも依存症は減るでしょう。
 (代わりに、ボラティリティが高い投資やスマホゲームにのめり込む人が増えるかもしれませんが)

 一昔前なら、パチンコ業界の労働力が職を失う、という論調もありました。
 ですが現在は労働人口不足。職種は変わるかもしれませんが、雇用の受け皿は用意されています。
 パチンコの労働力を開放することで、多少なりとも人不足の解消に繋がる業界もでてきそうです。

 あとは、警察の天下り先の問題でしょうか。
 しかし、今年2月のみなし機規制や出玉の新規制などで分かるように、最近は警察によるパチンコ店の保護
 (あるいは共生?)も限界を迎えているようです。
 それと、警察のパチンコ業界への公的な天下りは、決して多くないというデータもあります(下記)。
 ただし個人レベルの癒着は別ですし、それは警察組織にとっても排除すべき対象です。
 結論として、天下り先についても大きな問題ではなさそうです。

  ・参考:国家公務員の再就職状況 (内閣官房)
   (該当箇所:上記PDFファイルのP.121〜P.124)


 日本では公営ギャンブル以外は原則として違法ですので、できれば「換金は公営ギャンブルに限る」という
 ところまで踏み込んでいけばベストなのですが、各所の抵抗は激しいものとなるでしょう。
 (党派を超えて、パチンコと深い繋がりがある議員もいますし)
ソーシャルレンディングに関して

 私はパチンコをやらないので、個人的にはパチンコ店が無くなっても何の問題もありません。
 また、カジノを含む公営ギャンブルの存在については、それを国が認めている以上、日本国民である私が
 許すとか許さないとかいう問題ではないと思います。
 (自分には関係ないだけに、なおのこと)

 しかし、ソーシャルレンディングの投資家としては重要な情報です。
 ソーシャルレンディングの中でパチンコ絡みというと、まずはクラウドリースでしょう。
 また、maneoでもパチンコ絡みと思われる案件が募集されることがあります。


 官房長官の言う「ギャンブル性を無いような形にする」というのが、さてどの程度の水準なのか。
 キツい方に考えれば、パチンコ業界は致命傷を受けるでしょう。
 パチンコと思われる案件に投資を考える際には、こういう背景にも注意が必要になりそうです。



 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  


この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7929248
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


<ピックアップ広告>
海外案件ならクラウドクレジット。
分散投資には海外も含めるのが重要です。


(2018/12/19)
ソシャレン投資本を書きました。
かんき出版様より発売中。
是非、お手に取って下さい!


ランキング参加しています。
クリックを宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ


広告


プロフィール
SALLOWさんの画像
SALLOW
プロフィール
問い合わせは各記事のコメント、もしくはquantumアットマークsaturn.dti.ne.jpまでどうぞ。

PVアクセスランキング にほんブログ村
検索
カテゴリーアーカイブ
リンク集
最新記事
アフィリエイトリンク(全て、管理人が実際に利用しています)

SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング

クラウドバンク
クラウドバンク

OwnersBook
オーナーズブック


クラウドクレジット

LENDEX
LENDEX

Pocket Funding

SAMURAI証券 SAMURAI

CREAL
CREAL

WealthNavi
ウェルスナビ

FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO

Funds
Funds

ユニコーン
ユニコーン

COOL
COOL

楽天証券
楽天証券

さとふる
さとふる


楽天カード


A8.net

最新コメント
以下のメディアで掲載されました。

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。