広告

posted by fanblog


2018年06月30日

【所感です】「働き方改革」法案が成立しました



広告
働き方改革法案の成立

 29日午前中の衆院本会議で、働き方改革法案がTPP11法案などと共に成立しました。
 この国の労働習慣や慣行の大きな変更点となる法案です。

 働き方改革法案の柱は以下の3本。

  @残業時間の上限導入(罰則付き)
  A脱時間給制度(いわゆる、高度プロフェッショナル制度)
  B同一労働同一賃金(正規と非正規の格差是正)



 法案については賛否両論が当然あるでしょうし、サッカーの予選リーグ突破にぶつけることでニュース報道
 を抑制させる意図が−、などという意見も目にしました。
 まあ、色々言うのは自由でしょう。ここは、政権批判したら突然逮捕されるような国ではありませんし。

 今回は、この働き方改革に関する感想を書いていこうと思います。
 その前に私のポジションですが、まず労働からは数年で卒業予定のアーリーリタイア志望者。
 また、個人が大勢の変化に抗う事は難しいので、それに一喜一憂するよりも、その変化をどう利用するかを
 考える方がよほど有益だ、という主張を持っています。

働き方改革のお題目と、長時間労働について

 そもそも働き方改革のお題目については、官邸ホームページに掲載されています。

働き方改革は、一億総活躍社会実現に向けた最大のチャレンジ。多様な働き方を可能とするとともに、中間層の厚みを増しつつ、格差の固定化を回避し、成長と分配の好循環を実現するため、働く人の立場・視点で取り組んでいきます。
 (http://www.kantei.go.jp/jp/headline/ichiokusoukatsuyaku/hatarakikata.html より引用)


 「一億総活躍社会」
 人口減少により特に労働者人口の減りが著しく、このままでは国力の減退を招く。
 なので、働き方改革を行う事でこれまで労働市場に参加しにくかった人(女性や高齢者など)が働きやすい
 環境を整え、働き手を増やそうというのがお題目です。

 労働力の減少は直接GDP(国力)に影響しますし、現在の世論では移民も入れにくい。
 とあれば、こういう動きが出てくるのは自明でしょう。


 @の残業抑制については、少し前に世間を賑わせた過労死問題がある事から仕方ないかもしれませんが、
 これにより国民一人一人が、サービスが低下するのは当然、と考える事が重要でしょう。
 (そもそも日本の低価格帯におけるサービスは、世界的に見れば異常です)

 また個人的には、「好きで仕事をしている人間」も一定数いるわけですから、一律で区切るのはちょっと
 思考停止すぎないかな、とは思います(これも、一線を引くという意味では仕方ないでしょうが)。
 どちらかといえば、

  ・残業時の割増率のアップ
  ・残業代不払いは、会社側に証明義務。証明できなければ労働者側の記録を全面採用
  ・過労死/長時間労働に伴う労災などは問答無用で会社の責任+直属上司と役員が刑事告訴


 くらいの縛りを付けておいて、一律の上限を設ける代わりにする方が良かったのではないでしょうか。
 まあ、お役所関係の仕事が増えそう+経団連がぐちぐち言いそうなのでやめたのでしょうが。


 despaired-2261021_960_720.jpg

高プロと格差是正について

 Aの脱時間給制度、いわゆる高度プロフェッショナル制度)については、今後に注目ですね。
 今のところは年収1,075万円以上の専門職(金融ディーラーやコンサルなど)に範囲が限定されていますが、
 おそらくそのうち、冷めてきた頃になし崩し的に範囲拡大を狙う動きが来るでしょう。
 何せ経団連、最初は年収400万円以上を対象にしようとしていたらしいので。

 大事なのは、「もし自分の業務が高プロに該当したらどうするのか」を考えてみることだと思います。
 高プロの範囲拡大などけしからん、と気を吐くのも良いのですが、大勢への影響はありません。
 いざという時に自分はどう動くのか、一度シミュレートするべきではないでしょうか。

 ちなみに私であれば、しかるべきルートを通じて、人事部もしくは相当する部署に対して
 「高プロの範囲となる業務の定義、その範囲の妥当性検証(検証チームは社員を含む)、ルールの明文化」
 を求める事になると思います。


 後は、格差是正。
 これ自体は賛成なのですが、会社側からすると全体の人件費という財布は一定にしたいところです。
 従って、正社員の待遇を削って非正規雇用者の待遇を良くする、という戦術に出る可能性があります。
 自分の財布は傷まない、おまけに正規と非正規で対立させるので会社側に矛先が向かない、と会社としては
 いいことずくめなわけです。

 そういえば早速、日本郵政がやらかしていましたね。
 正社員の住宅手当を段階的に廃止し、非正規社員の一部手当の予算を作り出していました。

  ・日本郵政が「正社員待遇引き下げ」というパンドラの箱を開けた事情 (現代ビジネス)


 おそらくこれからも、こういう状況はあちこちで起きてくるでしょう。
 その際、対立する相手を間違えない事です。対立は労使の間にしかありません。

所感

 日本の人口減少が確定的になっている現状、労働環境がこのまま続くと考えるべきではありません。
 どちらの方向に転がるかは分かりませんが、何らかの変化は起きるでしょう。
 そして、どういう変化が起きても、一部の人は必ず恩恵を受けます。

 ということで、その恩恵を受ける側にどうやって回るかが大事ですよね、という記事でした。
 今回の働き方改革の大きな目的の一つは、「働き方の多様性」
 であれば、自分の今の会社・今の職業・今の業務に固執せず、副業・兼業・あるいは不労所得を追い求める
 というのが、私には正しい方向性のように思えます。


 最後に紹介です。

 私の考える不労所得は、ソーシャルレンディングの雑所得をブログ運営で相殺する方法。
 そのための、初心者お勧めソーシャルレンディング業者と、雑所得の相殺方法を下記の記事で紹介します。
 併せてご覧下さい。
 それと、今回の話題に関係が深い書籍の広告リンクも置いておきます。


  ・(2018年6月版)SL初心者にお勧めの事業者

  ・(2018年3月版)世界中の欲しい物やサービスを「3割引」で入手する方法




 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  


この記事へのコメント
yos 様
確かにそういう人は一定数いますね。
ただ、敢えてそちらの擁護をしますと、頑張ったのに、成果を残したのにそれが十分に報われないのであれば、ゼロサムと考えてしまうのも仕方の無い一面があると思うのです。
会社側の論理はさておき、社員側の論理ではサボる自由も、人の足を引っ張る自由もあります。
だからこそ、それをどう防ぎ、どうやって会社の利益につなげていくかについては、社員ではなく会社側にルールを制定して運用していく責任があるのだと思っています。
まあ、労働者間での対立が無意味と言うことについては全くの同意見。だからこそ、足を引っ張る人がいたのなら、引っ張らないようにすることを「会社に」求めていくべきではないでしょうか。


たくたく 様
とはいえ、これも個人の立場からの意見となりますので、参考に留めておいて下さい。
なおのこと、私はアーリーリタイア志望組ですので、その考えについては世の中の平均とはかけ離れているところがあると思います。
国が自分たちの生活を守ってくれるという幻想が終わった、というのは、まさにその通りだと思います。
例えば現在の学習指導要領は、「グローバル社会の中でどう生き抜くか」というところに主眼を置いており、暗に国の庇護はないよ、と言っているようなものです。
資産運用は若い方ほど学んで欲しいですね。
資産運用にとっては、時間こそ大きな武器です。時間を味方に付けることで、十分な資産の構築が可能になるでしょう。
Posted by SALLOW at 2018年07月01日 10:41
至極ごもっともです。

日本人(特に20代)はすでに国が自分たちの生活を守ってくれるという幻想は終わったことに気がついている人が少なすぎます。
20代でサビ残している人間が多く、その人間の多くが資産運用を学ぼうとしません。

自らを守るという感覚が今後日本人に求められると思います
Posted by たくたく at 2018年07月01日 00:58
実際には、評価が上がりそうな人がいると周りがずるいと騒ぎ出して足を引っ張るぐらい、労働者間で対立したがる人達が多くて困ったもんです。
どうやらそういう人達は全体で一定の金しか存在しないゼロサムゲームだと思っているらしく、自分達で稼ぎを上げるという考えが無いんじゃないかと思ったことがあります。
愚痴です、すいません。
Posted by yos at 2018年06月30日 19:03
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7838258
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


<ピックアップ広告>
海外案件ならクラウドクレジット。
分散投資には海外も含めるのが重要です。


(2018/12/19)
ソシャレン投資本を書きました。
かんき出版様より発売中。
是非、お手に取って下さい!


ランキング参加しています。
クリックを宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ


広告


プロフィール
SALLOWさんの画像
SALLOW
プロフィール
問い合わせは各記事のコメント、もしくはquantumアットマークsaturn.dti.ne.jpまでどうぞ。

PVアクセスランキング にほんブログ村
検索
カテゴリーアーカイブ
リンク集
最新記事
アフィリエイトリンク(全て、管理人が実際に利用しています)

SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング

クラウドバンク
クラウドバンク

OwnersBook
オーナーズブック


クラウドクレジット

LENDEX
LENDEX

Pocket Funding

SAMURAI証券 SAMURAI

CREAL
CREAL

WealthNavi
ウェルスナビ

FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO

Funds
Funds

ユニコーン
ユニコーン

COOL
COOL

楽天証券
楽天証券

さとふる
さとふる


楽天カード


A8.net

最新コメント
以下のメディアで掲載されました。

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。