広告

posted by fanblog


2017年12月05日

クラウドバンク キャンペーン情報+クラウドクレジットが増資と電通グループとの提携を発表



広告
はじめに

 現在、11月分の投資状況をまとめていますが、もう少しだけお待ち下さい。
 とある事情により、今月はまたスクリーンショットによる投資状況の記事になってしまうため、作成に
 時間がかかっています。

クラウドバンク クリスマスキャンペーン

 クラウドバンクから新しいキャンペーンのお知らせがありました。
 今度はクリスマスキャンペーンとのことです。

 20171205CB1.png

 実施期間は12/4〜12/25。
 キャンペーン期間中の投資金額に応じ、Amazonギフト券が配られるという仕組みです。
 金額は以下の通りとなっています。

  ・投資金額 50万円以上100万円未満  → Amazonギフト券1,000円
  ・100万円以上500万円未満      → Amazonギフト券2,000円
  ・500万円以上1,000万円未満     → Amazonギフト券10,000円
  ・1,000万円以上5,000万円未満    → Amazonギフト券20,000円
  ・5,000万円以上1億円未満      → Amazonギフト券100,000円
  ・1億円以上             → Amazonギフト券200,000円


 1億円を投資できるのは個人レベルの資金力ではないような気もしますが、それはともかく。

 最も効率が良い投資金額でのキャッシュバック率は、0.2%となっています。
 クラウドバンクはかなりキャンペーンを頻繁に行っている印象があり、それ自体は良いことなのですが
 あまり高い利率のキャンペーンはキナ臭い匂いがしてしまいます。
 今回は0.2%程度ですので、それほど問題ではないでしょう。
 (個人的には、キャンペーンを連発するくらいなら事業者の赤字を減らして欲しいとは思いますが) 

 注意点として、キャンペーン期間中に投資した案件をキャンペーン期間後にキャンセルした場合、
 その分の金額はキャンペーンの投資金額にはカウントされない、という事があります。
 下記の図のCがこれに相当しますので、みすみすキャッシュバックを逃さないようご注意下さい。

 20171205CB2.png


 最低金額が50万円と少し高めですが、投資を検討されている方はこの機会にいかがでしょうか。
 また、これもキャンペーンの一環かもしれませんが、今現在クラウドバンクで募集されている案件の利率は
 7%台と、通常のクラウドバンク案件より1%ほど高め
なのも注目点だと思います。


 クラウドバンクでの投資をお考えの方は、こちらから検討いただけると嬉しいです。
 (アフィリエイトリンクです)

 クラウドバンク

クラウドクレジット増資+電通グループと提携

 次の話題はクラウドクレジットです。
 前回の記事で、クラウドクレジットが累計損失を相殺するための無償減資を行った事を書きました。

  ・参考記事:クラウドクレジットの第5期決算を見て思うこと

 この減資からほとんど時間が経っていませんが、今度は増資の話です。
 それにしても、資本金がジェットオースターのように変わる会社です。会社である以上資本金の増減は
 付きものなのですが、ここまで激しい変化が起きていると少し疑問を持ってしまいます。

クラウドクレジット株式会社【本社:東京都中央区、代表取締役社長:杉山 智行、以下「当社」】は、このたび総額約4億円の資金調達を実施いたしました。また、株式会社電通【本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:山本 敏博、以下「電通」】グループと当社サービスの革新に関する包括的な業務提携を開始いたしましたのでお知らせいたします。当社は電通グループが企画する戦略的施策を通じ、経営基盤を強化するとともに、投資家の皆様に向けたサービスのイノベーションを実現、これを通じた成長の加速と企業価値の最大化を図っていく所存です。

 引用元:クラウドクレジットのお知らせ

 上記の引用部分には書いていませんが、4億円の増資引受先と電通との提携は別の話です。
 4億円の増資引受先は、新生銀行がリード投資家であるフェムトグロースファンド2.0です。

 クラウドクレジットは既にフェムトグロースキャピタルフェムト・スタートアップからも出資を受けて
 いるので、フェムト関連からはこれが3カ所目の出資となります。
 フェムトとの太いパイプがあるのか、それともクラウドクレジットの事業に対して魅力を感じている
 出資者がすぐに見つかるほどの状態なのか、このあたりは不明です。

 ともかく、フェムトグロースファンド2.0を引受として4億円を増資したとのことで、クラウドクレジットの
 財務状況は(出資を引き上げなければ、という但し書き付きで)安定方向に向かったと言えるでしょう。
 気になる点は以下二つ。

  @そもそも、身の丈にあった支出をする方の改善は進んでいるのか?

  A上記のクラウドクレジットお知らせで、資本金等の額は10億5,091.7万円となっている。
   これは減資前、11/21のお知らせの額と完全に一致しているが、偶然か、ミスか?



 一方で、電通グループとの提携に関しては、お知らせの中で

電通ストラテジック・パートナーズ株式会社とパートナー契約を締結し、顧客目線でのサービスの最適化とこれらを通じた成長の加速と企業価値の最大化を目指します。

 と説明されていますが、今のところ具体的な動きは不明です。
 電通ストラテジックが他の契約を締結している会社での動きを見れば何か分かるかも知れませんが、
 今はまだ調べていません。


 クラウドクレジットは海外小口案件を取り扱う、特徴のあるソーシャルレンディング事業者です。
 最近は利率の低下や返済遅延などあまり良くないニュースもありますが、この増資や提携を切っ掛けに
 改善が進み、より魅力的な案件が募集されることを期待したいと思います。


 クラウドクレジットでの投資をお考えの方は、こちらから検討いただけると嬉しいです。
 (アフィリエイトリンクです)

 


 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  


posted by SALLOW at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資の話題
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7056774
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


<ピックアップ広告>
海外案件ならクラウドクレジット。
分散投資には海外も含めるのが重要です。


(2018/12/19)
ソシャレン投資本を書きました。
かんき出版様より発売中。
是非、お手に取って下さい!


ランキング参加しています。
クリックを宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ


広告


プロフィール
SALLOWさんの画像
SALLOW
プロフィール
問い合わせは各記事のコメント、もしくはquantumアットマークsaturn.dti.ne.jpまでどうぞ。

PVアクセスランキング にほんブログ村
検索
カテゴリーアーカイブ
リンク集
最新記事
アフィリエイトリンク(全て、管理人が実際に利用しています)

SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング

クラウドバンク
クラウドバンク

OwnersBook
オーナーズブック


クラウドクレジット

LENDEX
LENDEX

Pocket Funding

SAMURAI証券 SAMURAI

CREAL
CREAL

WealthNavi
ウェルスナビ

FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO

Funds
Funds

ユニコーン
ユニコーン

COOL
COOL

楽天証券
楽天証券

さとふる
さとふる


楽天カード


A8.net

最新コメント
以下のメディアで掲載されました。

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。