広告

posted by fanblog


2019年11月01日

SAMURAIの新ファンドなど、お知らせの内容の解説



広告
新案件はまもなく募集の予定

 本日夕刻以降、SAMURAIから新案件が登場となる予定です。

  ・新ファンドの募集予告について

 以前はいきなり募集が始まっていたSAMURAIですが、最近はこうやって前日くらいにはお知らせが発表さ
 れるようになりました。
 改善と言えば改善なのですが、しかし案件の詳細については相変わらず募集開始時でないと分かりません。

 SAMURAIの案件の内容から考えて、事前に発表ができない理由があるとは考えにくいです。
 このあたりは今後の課題ということで、改善を期待したいと思います。


 クラウドファンディングサイト「SAMURAI」はこちら(広告リンク)
 SAMURAI証券

499人?

 もう一つのお知らせについても紹介します。

ファンドの申込期間中にお客様により払い込まれた金額及び他の匿名組合契約に基づき有効に払込口座に払い込まれた資金の合計額が出資募集金額の総額に到達したとき又は匿名組合契約を締結されるお客様が499名となったときは、ファンドの営業者は、その裁量により、申込期間を前倒しで終了することができます。

  ・【重要】ファンドの申込期間について

 499人というのは何か意味があるのかと思って、少し調べました。
 私は金融の専門家ではないため、誤りがあるかもしれません。その場合は指摘いただければ幸いです。

 融資型や投資型クラウドファンディングは、匿名組合契約を結んで出資を行います。
(「匿名」となっているのは、その出資した事業に出資者の名前が出てこないという意味です)
 この匿名組合契約は、金融商品取引法(金商法)上では「第二項有価証券」の扱いを受けます。

 第二項有価証券については、新しい有価証券の勧誘(クラウドファンディングで言うところの案件募集)に
 申し込む投資家が「相当程度多数」になる場合は募集(公募)になり、少なければ私募になります。
 この「相当程度多数」というのが500人以上という運用になっているようです。


 私募ではなく募集(公募)になると何が違うかというと、調べた限りでは金商法における開示規制が適用
 されるかどうか
、ということでした。
 開示規制が適用されると有価証券届出書を提出したり、目論見書を作成したりする義務が生じ、手間もお金
 もかかります。

 数億円を超えるようなファンドであればともかく、SAMURAIが扱っている数千万円単位のファンドの場合
 メリットよりもデメリットが上回るので、投資家の数を制限しているのだと思います。
(SAMURAIのみならず、他の事業者でも最低投資金額が決められている場合は同じ理由かもしれません)


  s-accountant-1238598_960_720.jpg

セミナー情報

 SAMURAIは11月、個人投資家向けのセミナーを開催します。

【日   時】 2019年11月13日(水)19:00〜20:00(受付18:30〜)
【場   所】 東京証券会館 第1・第2会議室
【住   所】 東京都中央区日本橋茅場町 1-5-8 地図
【参 加 費】 無料
【定   員】 先着50名

  ・セミナー申し込みフォーム

 ・SAMURAI証券概要
 ・当社の強みと募集商品の方向性
 ・募集商品の特徴
 ・SAMURAIが目指すもの



 について説明が行われる予定とのこと。
 SAMURAIでの投資に興味があり、近くで時間がある方は、投資の前に一度聞いておいてもいいのではない
 でしょうか(基本的には、投資未経験者を対象としているようです)


 SAMURAIへの会員登録は、こちらからどうぞ(広告リンク)
 SAMURAI証券


 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  


この記事へのコメント
あああ 様
そうですね。せめて募集ファンドのジャンルと予定利率、期間くらいはあらかじめ公開しても問題ないのでは、と思っています。
SBIなどの大きなファンドでは、確か目論見書が出ていたと思います。
ソーシャルレンディングでも匿名組合を組む以上は金商法のルールから逃れられるわけがないので、後は工数と費用に見合うかどうかで判断しているのではないかと考えています。
Posted by SALLOW at 2019年11月02日 18:32
インドネシア第3弾でした
前回入れたので今回はパス
予め分かっていれば裸待機していなかったものを
SAMURAIの方は文句のメールを送りまくりましょう

先のオナブのアメリカも500人弱で締切、そのために下限50万だかだったんですかね
SBIなんかは2k人くらい集めてますがどうなんでしょう
Posted by あああ at 2019年11月01日 18:16
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9370135
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


<ピックアップ広告>
海外案件ならクラウドクレジット。
分散投資には海外も含めるのが重要です。


(2018/12/19)
ソシャレン投資本を書きました。
かんき出版様より発売中。
是非、お手に取って下さい!


ランキング参加しています。
クリックを宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ


広告


プロフィール
SALLOWさんの画像
SALLOW
プロフィール
問い合わせは各記事のコメント、もしくはquantumアットマークsaturn.dti.ne.jpまでどうぞ。

PVアクセスランキング にほんブログ村
検索
カテゴリーアーカイブ
リンク集
最新記事
アフィリエイトリンク(全て、管理人が実際に利用しています)

SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング

クラウドバンク
クラウドバンク

OwnersBook
オーナーズブック


クラウドクレジット

LENDEX
LENDEX

Pocket Funding

SAMURAI証券 SAMURAI

CREAL
CREAL

WealthNavi
ウェルスナビ

FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO

Funds
Funds

ユニコーン
ユニコーン

COOL
COOL

楽天証券
楽天証券

さとふる
さとふる


楽天カード


A8.net

最新コメント
以下のメディアで掲載されました。

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。