広告

posted by fanblog


2019年10月08日

2019年9月 資産状況と投資成績の紹介です



広告
9月の投資成績

 9月分の資産状況と投資成績を公開します。

 まずは主力投資のクラウドファンディングから。
 2019年9月は、ようやくFANTAS Fundingでの投資を始めることができたのがニュースでしょうか。

 遅延案件は相変わらず一進一退というところですが、maneoがJトラストやSAMURAI&J PARTNERS(SAJP
 社)と資本提携したというニュースもありますし、気長に待ちたいと思います。
 maneoファミリーの優良事業者だったさくらSLもSAJP社と提携、スマートレンドの香港案件がクラウドバ
 ンクで募集開始するなど、ソーシャルレンディングの世界には再編の動きが活発です。
 こういった動きは、投資家として歓迎したいと思います。

 さて、9月の投資状況は以下の通り。
 9月の利益総額は約20.3万円、集計を始めてからの通算利益は960万円弱になりました。
 実際は集計を始める前に+100万円くらいは利益が出ていたと思います。

 20191008SUM0.png
 *投資成績は損得ともに確定値のみ表示しています。


 「貯蓄から投資へ」を促す動きはクラウドファンディングでもあり、色々な事業者が様々なキャンペーンを
 実施しています。
 そんな中で現在注目されるのは、以下の2事業者のキャンペーンです。
 興味のある方は、投資や会員登録を検討されてはどうでしょうか。


 SAJP社の運営するSAMURAIは、投資登録のみで500円プレゼント中(広告リンク)
 SAMURAI証券


 クラウドクレジットでは新規登録+20万円の投資で、5,000円のプレゼント中(広告リンク)
 

ロボアド投資の状況

 これ以外にロボット投資も行っています。
 9月からこれまでのウェルスナビに加え、THEOでの投資も開始しました。

 THEOには「THEO Color Palette」という、投資額に応じて手数料が安くなる仕組みがあります。
 同様の仕組みはウェルスナビにもありますが、THEOの割引率はウェルスナビを上回るため、現時点におい
 てはTHEOの方が手数料の面では有利と言えると思います。

  20191008SUM1.jpg
  (ウェルスナビの投資状況)

  20191008SUM2.png
  (THEOの投資状況)


 ロボアド投資は長期分散投資。
 値動きは極力小さいようにしていますし、のんびりと投資を続けていきたいと思います。


 THEOはロボアド中、手数料最安。今は入金でキャンペーン中(広告リンク)
 THEO Color Palette


 日本最大のロボアド投資、ウェルスナビもキャンペーン中です(広告リンク)
 WealthNavi

投資信託積立もやっています

 これ以外に、楽天証券での投信積立(クレジット決済)も利用中。
 こちらはクレジット決済による楽天ポイントの入手が主目的ですので、投信の商品は手数料と値動きが極力
 小さくなるよう、国内債券をチョイスしています。

  20191008SUM3.jpg


 クレジット決済とは、樂天証券における投信積立を楽天カードで決済することにより、最大で月あたり500
 ポイント(5万円積立時)の楽天ポイントが付与されるというもの。
 手数料の安い投信を選べば、実質的に手数料がマイナスになる仕組みです。

  20181101RAK1.png


 なお、このポイントバックが受けられるのは「楽天カードのクレジット決済による投信積立」に限ります。
 設定方法については、下記の記事もご覧下さい。
 また、楽天カードや樂天証券をまだ申し込まれていない方は、下記リンクを利用いただければ幸いです。

  ・画期的な楽天カード投信積立の積立方法を説明します。


 楽天カードはなんだかんだいって主力カードです(広告リンク)
 


 楽天証券の投信積立クレジット決済は破格の好条件(広告リンク)
 楽天証券


 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  


この記事へのコメント
sato 様
その中で言えばGIL、CFFと訴訟中のTL案件は厳しいと思いますが、maneo、ガイア、カメルーンは元本の削れこそあれ一部の返済はされると思っています。
損が同年中の雑所得で収まってくれれば確定申告も可能ですし、投資で百戦百勝はあり得ませんので損もまた投資と割り切ることにしています。

それと、記事の累計には加えていませんがクラウドファンディングへの投資は雑所得になりますので、別のブログを運営することで節税を行っています。
この効果も累計しますと100万円くらいになり、クラファン投資をしなければできなかったということで間接的には投資利益と呼べるかもしれません。
Posted by SALLOW at 2019年10月10日 13:17
参考になる回答を頂きまして恐縮です。
事業者によって確かに返済率は変わってくるでしょうね。
私の場合マネオ200ガイア150トラレン130CFF70グリフラ50クラクレカメルーン80ですが、
マネオはまだある程度返ってくると思いますが、
他が絶望的でしょうか?

やっと業者が淘汰され今残っている事業者で続ければ
これほどの期失は出てこないでしょうね。
高い勉強代でしたが前向きに考えていくようにします。

貴重な意見ありがとうございました。
Posted by sato at 2019年10月09日 23:51
sato 様
ご愛読いただきありがとうございます。質問に回答させていただきます。

先ほど調べましたが、期失及び延滞は1,000万円程度あります(通算利益にはみんクレとかラキバンの貸し倒れを相殺しています)。
どのくらいの返済を見込んでいるかという質問は、一般的な質問だと想定して回答いたします。
それは正直どの事業者にどのくらいの投資をしているかポートフォリオによる、としか言えません。

私の場合で答えるのでしたら、(全事業者を合わせて)半分くらいは返ってくると思っています。
ただしそれは事業者から返済される分だけではなく、雑所得の利益を相殺する形で源泉徴収から得られる税金の還付を含んでの話ですが。

もう一つ申し上げますと、私は自分で分散投資を至上と主張していたように、自分自身でもひたすら分散を心がけています。なのでこの程度の損害で済みましたし、だんだんとSLの世界は醸成されてきて事業者ごと吹き飛ぶ可能性は低くなっていると考えています。
ここまでに遅延・貸し倒れが起きる可能性があるのは、投資金額の12%程度。その半分が貸し倒れたとして6%。なら、税引き後3%の投資なら2年で取り返せる、というのが今の考えです。
Posted by SALLOW at 2019年10月09日 22:56
いつも参考に拝見させて頂いております。
利益が960万(+100万)とありますが、そのうち確定していない
期失、延滞はどれくらいありますか?

私も似たような状況でこれまでの利益は700万ありますが、期失、延滞が680万です。さらにラッキーバンクの貸し倒れ分を加えると利益以上となります。
期失案件は1年以上経っても進展がなく、最終的にどうなるのか見当もつきません。

ブロガーの方は待てば半分くらい返ってくるとか言われる方がいらっしゃいますが、
それすらも疑問になってます。

SALLOWさんの見立てでは実際どれくらいの返済を見込んでいますか?
私個人的にはラッキーバンクの3割を下回り、最悪みんなのクレジット並みの
返済率で終わりそうな気がします。
Posted by sato at 2019年10月09日 17:01
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9281557
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


<ピックアップ広告>
海外案件ならクラウドクレジット。
分散投資には海外も含めるのが重要です。


(2018/12/19)
ソシャレン投資本を書きました。
かんき出版様より発売中。
是非、お手に取って下さい!


ランキング参加しています。
クリックを宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ


広告


プロフィール
SALLOWさんの画像
SALLOW
プロフィール
問い合わせは各記事のコメント、もしくはquantumアットマークsaturn.dti.ne.jpまでどうぞ。

PVアクセスランキング にほんブログ村
検索
カテゴリーアーカイブ
リンク集
最新記事
アフィリエイトリンク(全て、管理人が実際に利用しています)

SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング

クラウドバンク
クラウドバンク

OwnersBook
オーナーズブック


クラウドクレジット

LENDEX
LENDEX

Pocket Funding

SAMURAI証券 SAMURAI

CREAL
CREAL

WealthNavi
ウェルスナビ

FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO

Funds
Funds

ユニコーン
ユニコーン

COOL
COOL

楽天証券
楽天証券

さとふる
さとふる


楽天カード


A8.net

最新コメント
以下のメディアで掲載されました。

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。