2019年07月17日

「SBISL不動産担保ローン事業者ファンドNeo 3号」登場。20億円の大型ファンド!



広告
新型ファンドはリスクがわかるようになりました

 SBIソーシャルレンディング(SBI SL)から、新しいオーダーメイドファンドが登場します。
 大人気の不動産担保ローン事業者ファンド、その実名化版「Neo」の3号ファンドです。


 ・SBISL不動産担保ローン事業者ファンドNeo 3号

  募集開始:7/18 10:00〜
  予定利率:6%
  期間:12ヶ月
  貸付総額:20億円
  担保:抵当権で担保された貸付債権に質権を設定
  LTV:85%以下

  20190717SBI1.jpg


 さてこの新型ファンドですが、個人的な意見としては匿名だったころの「Plus」ファンドと比べて、リスク
 が見えやすくなっていると評価しています。
 (ただし後述しますが、リスクそのものは増大しているとも考えています)

案件紹介

 これまでに募集している同種の案件と同様、仕組みはシンプルです。
 「不動産を担保に貸付を行っている事業者」に対し、その貸付債権に質権を設定してお金を貸す。
 つまり、事業者が貸し出すための資金を融通するということです。

  20190717SBI2.png

 SBI SLの手数料を含めた貸付利率は7%で、これは決して高いものではありません。
 不動産を担保にしているとは言え、事業用の貸付となればその実行利率(手数料などを含めた利率)は10%
 を超えることはごく普通にあるからです。
 (「不動産担保ローン」で検索して大きく表示されるのは、たいてい事務手数料抜きの利率です)

オーダーメイドローンファンドのリスクは?

 一方で、オーダーメイドローンファンドではない不動産担保ローン事業者ファンド(通称:無印)と比べた
 場合、以下の2点のリスクが挙げられます。

  @貸付先が集中している
  ALTVが高い


 それぞれについて、少し説明します。
 @について、無印のローンファンドは通常2〜5社に分散投資されます。
 (下記の赤枠、カッコ内が借手の件数)

  20190717SBI3.jpg

 一方で、「Neo」ファンドについてはこれまでのところ借手は分散されていない様子。
 借手が集中するというのはそれだけで一つのリスクだと考えられます。


 Aは単純で、無印ローンファンドのLTVは70%以下。
 これに対して「Neo」は85%以下という違いがあります。
 この領域での15%差はかなり大きく、万が一の場合に元本がわずかなり損害を受ける可能性はあると考えて
 おくべきでしょう。もっとも、投資とはそういうものですが。

 今回、私は「無印」に資金を投入しましたので、多分見送りになると思います。


 SBIソーシャルレンディングの会員登録はこちらからどうぞ(広告リンク)
 SBIソーシャルレンディング



 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  



この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8980761
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


<ピックアップ広告>
CMにスマホアプリと好調の事業者
クラウドバンクはデフォルトゼロ。
私のメイン投資先の一つです。
CrowdBank_Banner.png

(2019/6/29)
電子書籍を書きました。
こちらもよろしくお願いします!

  3wari.jpg
世界中のモノを「3割引き」で買う技:
一生使える知恵袋 お金の勉強


(2018/12/19)
ソシャレン投資本を書きました。
かんき出版様より発売中。
是非、お手に取って下さい!


ランキング参加しています。
クリックを宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ


広告


プロフィール
SALLOWさんの画像
SALLOW
プロフィール
問い合わせは各記事のコメント、もしくはquantumアットマークsaturn.dti.ne.jpまでどうぞ。

PVアクセスランキング にほんブログ村
検索
カテゴリーアーカイブ
リンク集
最新記事
アフィリエイトリンク(全て、管理人が実際に利用しています)

SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング

クラウドバンク
クラウドバンク

OwnersBook
オーナーズブック


クラウドクレジット

LENDEX
LENDEX

Pocket Funding

s-SAMURAIバナーA.jpg
SAMURAI

CREAL
CREAL

WealthNavi
ウェルスナビ

FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO

Funds
Funds

ユニコーン
ユニコーン

COOL
COOL

楽天証券
楽天証券

さとふる
さとふる


楽天カード


A8.net

最新コメント
以下のメディアで掲載されました。