2019年06月13日

LCレンディングへの再投資と、LCHDの経営計画の所感



広告
今月のLCレンディング

 LCレンディングから償還があり、再投資を行いました。

 現在、私のLCレンディングへの投資額は約1,000万円。追加の資金投入は行わず、償還された資金をそのま
 ま再投資している形になります。
 今月の利益は¥40,259。税引き前約6%ですので、だいたい平均くらいの利率です。

  20190611LC1.png

再投資を実施@

 今月は元本と利息で120万円近くの償還があり、そのまま再投資に回しました。
 以下2件の案件に分散して投資です。


 ・LCハイブリッドファンド60号 42万円

  予定利率:6%
  期間:3ヶ月
  貸付総額:3,000万円
  担保:無し

  20190611LC2.jpg


 「海外不動産&医療案件のハイブリッド」という紹介ですが、実際は海外不動産の案件が大部分です。
 その海外不動産も担保というわけではなく、あくまでも投資対象。
 融資という形は取っていますが、実質的には不動産投資型のクラウドファンディングに近いのではないでし
 ょうか(事業者の劣後出資がないのは大きいですが)。

 今回は他の案件の貸付期間とのバランスも取って、3ヶ月案件に投資しました。
 このタイプの案件で3ヶ月というのはそうとう短く、後述しますがLCホールディングスが名称を変え、メデ
 ィカル案件に注力しようとしているこ
とも無関係ではないのかもしれません。

再投資を実施A

 ・LCGF597号 6か月運用型 87万円

  予定利率:6%
  期間:6ヶ月
  貸付総額:1,500万円(案件単独)
  担保:東海地方にある複合商業施設の第二位信託受益権(賃料収入2,200万円/月)
     評価額29.02億円、先順位16.38億円、案件合計貸付額12.53億円
     LCホールディングスの連帯保証付き
  LTV:99.6%

  20190611LC3.jpg


 こちらは毎度恒例のLCギャランティーファンド。
 信託受益権第二位+LCHDの連帯保証が付いているローンです。

 実質的にLCHDが吹き飛ばない限りは安全性は高く、社債のようなものと考えることができます。
 その上に信託受益権がありますので、元本の保全性は社債そのものより高いかもしれません。

LCHDの中期経営計画に思うこと

 LCレンディングの経営母体であるLCホールディングスは先月、中期経営計画を発表しました。
 足下の経営数字は良好で一安心なのですが、今後LCレンディングの案件募集方針にも関わる可能性がある
 内容についても言及されています。

  ・中期経営計画策定に関するお知らせ (LCホールディングス)


 この内容によると、まずLCグループは実質的な名称を変える予定とのこと。
 実際、LCの名前はロジコム由来ですし、そのロジコムを切り離したのですから名称変更は妥当でしょう。

  ・グローム・コネクト社:医療従事者職業紹介、検診サービス、人間ドック事業など
  ・グローム・プラス社:病院不動産のプロパティマネジメント
  ・グローム・ステイ社:訪問看護ステーション事業


 さらに、今後のLCレンディングの募集案件に影響がありそうなのは、以下の部分でしょう。
 中期経営計画からの引用です。

当社グループが保有する物流・商業施設不動産の物件売却につきましては、既に本事業年度には、米国子会社が保有していた 11 物件中 7 物件は既に売却が完了しており、残存する物件も本事業年度中に売却される予定です。

また、当社が保有する倉庫は 6 月下旬に売却が予定されております。本事業年度中にほぼ全ての物流・商業施設不動産の売却を完了する予定です。

 「本事業年度で物流・商業施設・倉庫についてほとんどが売却完了する見込み」ということは、当然ですが
 それらに関するソーシャルレンディング案件は出てこなくなるということを意味します。
 LCレンディングの経営は安定的ですので投資は続けたいですし、メディカル不動産にも将来性はあると思っ
 ています。ただし単一種類の不動産に投資が偏るのは、分散の考え方からは望ましくありません。
 
 実際は今後を見なければいけませんが、もしLCレンディングで医療用案件しか募集されないようになれば、
 少し投資額を抑えることになるかもしれない、というのが私の意見です。
 その場合、余った資金は実名化案件を取り扱う以下のような事業者に振り分けることを考えています。


 貸付投資のFundsは、「全て実名化案件」で募集中(広告リンク)
 Funds


 SAMURAIも、原則として全案件を実名化しています(広告リンク)
 SAMURAI_banner3.jpg



 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  



posted by SALLOW at 09:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 投資記録
この記事へのコメント
LC投資家 様
これはただの予想ですが、おそらくLCGFとLCセレクトファンドの2本柱で、利率を変えて募集されるのではないかと思っています。
他のLCGFが償還に向かう中、LCHDが保証すべき金額はだんだん減っています。そう考えれば、メディカル案件をLCGFで募集するのは可能ではないでしょうか。
Posted by SALLOW at 2019年06月13日 19:09
メディカル案件がLCGFとして出るかどうかですね。
LCGFの場合極端に言えば投資先の中身は関係無いと言ってもいいですから。
Posted by LC投資家 at 2019年06月13日 10:48
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8879732
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


<ピックアップ広告>
「実名化案件」を扱うSAMURAI
日本保証との提携により、債務保証の
付いた案件も登場!
会員登録方法はこちらをご覧下さい。
SAMURAI_banner.jpg

ソシャレン投資本を書きました。
かんき出版様より発売中。
是非、お手に取って下さい!


ランキング参加しています。
クリックを宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ


広告


プロフィール
SALLOWさんの画像
SALLOW
プロフィール
問い合わせは各記事のコメント、もしくはquantumアットマークsaturn.dti.ne.jpまでどうぞ。

PVアクセスランキング にほんブログ村
検索
カテゴリーアーカイブ
リンク集
最新記事
アフィリエイトリンク(全て、管理人が実際に利用しています)

SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング

クラウドバンク
クラウドバンク

OwnersBook
オーナーズブック


クラウドクレジット

LENDEX
LENDEX

Pocket Funding

s-SAMURAIバナーA.jpg
SAMURAI

CREAL
CREAL

WealthNavi
ウェルスナビ

FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO

楽天証券
楽天証券

さとふる
さとふる


楽天カード


A8.net

最新コメント