広告

posted by fanblog


2019年02月07日

maneoで延滞中の案件状況(太陽光案件、川崎市案件)



広告
maneoに関する所感

 さて、今回は最近騒がしいmaneoの話題です。

 ファミリーも含め多くのファンドが延滞を起こしており、その理由はおそらくリファイナンスの厳格化。
 GIL社の問題を皮切りに、maneoマーケットが行政処分を受けたことでリファイナンス基準(もしくは、
 maneoマーケット内部のファンド組成基準)が厳格化され、結果として組替ができなくなったファンドが
 多くの延滞を引き起こしている、と推測しています。

 適切ではない基準は見直さなければいけませんが、問題は状況が急激に変わりすぎたこと。
 maneoマーケットは行政処分お代わりを恐れて忖度するのではなく、例え当局とやり合うことになっても
 激変を緩和して、軟着陸する方法を探していくべきではなかったでしょうか。


 金融業は規制業界だけに、当局の権力を恐れてしまうのは仕方ありません。
 私がもし同じ状況なら恐れてしまうでしょうから、自分を棚に上げて他者を一方的には責められません。
 ただソーシャルレンディング最大手という立場と責任は重く、maneo(+マーケット)はこの問題について
 どれだけの労力をかけても落着させるべきでしょう。
 (もちろん、maneoが詐欺業者ではないという前提付きでの話ですけど)

太陽光案件は極少額ですが、償還あり

 一つめは太陽光案件。関連情報はこちらです。

  ・【延滞発生に関するご報告】 (maneo)

  ・不動産担保付きローンファンド630号 (ファンド情報)


 こちらの案件については今月、わずかながら元本の償還がありました。
 特に何もお知らせはなかったように思うのですが、私が見逃していただけでしょうか。

  20190206MN2.png


 対象案件はTAS評価で23億7,900万円、先順位は画像では17億円ですが現状は12億1,800万円とのこと。
 貸付額2億3,000万円を加えて、現状のLTVは61%となります。

  20190206MN3.jpg


 おそらく対象不動産は「普通に使える」物件なので、競売するとしたらだいたい3割引。
 LTV61%から考えて、競売がまともに成立するなら元本は返ってくるという期待ができます。
 (もっとも物件が大きいため、競売となれば1年単位での期間は必要でしょうが)

 もしくはサービサーへの債権売却ですが、ラキバンの件と異なり「使える」物件であるなら、LTV61%を
 毀損しない範囲での売却も不可能ではないでしょう。
 いずれにせよ時間が必要で、こちらは長期戦になりそうです。

川崎市案件は難しそうです

 もう一つは川崎市の案件です。参考リンクは以下の通り。

  ・【延滞発生に関するご報告】不動産事業者CU社向け案件 (maneo)

  ・1,000億円突破記念ローンファンド【第2弾】 (対象ファンド)

 この案件については、先日maneoから情報が来ていました。

1.回収活動状況について
本件融資の担保対象となる不動産は、神奈川県川崎市内の土地及び建物です。

前回までにご報告いたしました東京都内の大手不動産会社の系列企業、医業経営コンサルタント会社より紹介された医療法人、医療福祉事業者が引き続き購入を検討中であり、2月中旬に学校法人からの買付提示を予定しております。
1月23日以降の状況としましては、医業経営コンサルタント会社より紹介を受けた医療法人より新たに現地案内依頼が来ております。
なお、本件売却活動とは別に、対象不動産に対する競売の申立てを行っており、開始決定通知書を受領いたしました。

引き続き、投資家の皆様に少しでも多くの配当を一刻でも早く実現できますよう、事業者C社から定期的な回収活動の報告を受けるとともに、協力してまいります。

 このファンド、物件は川崎市山中にある診療所の跡地。
 周囲は市街化調整区域に設定されているので、開発許可無しに勝手な建て替えは難しいです。

  


 これで16億円の評価を付けること自体が無茶な気もしますし、詐欺だと言う方の主張にも一理あります。
 医療福祉事業者や医療法人が購入したとしても、半額にもなるかどうか。
 競売ならもしかしたら1/4くらいの価格で買いたたかれてしまうかもしれません。

 競売の開始決定通知書が届いたということは、入札までおおよそ6ヶ月くらい。
 そのあたりまでに話が動くのか、引き続き注視していきます。



 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  


posted by SALLOW at 10:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 投資の話題
この記事へのコメント
ここ 様
本来であれば一度も延滞を起こしていないところはともかく、全ての新規ファンド募集を止めて取捨選択すべきだと思うのですが、リファイナンスを前提としているとそれも難しいのでしょう。
結局のところ、現状のmaneo関連については、匿名性の解除を待たなければならないのかもしれません。そうなれば景色は開けるのではないか? と思っています。
投資をしている以上元本が多少ダメージを受けるのは仕方ありませんが、長期戦になってもいいのでできるかぎり投資家の利益になるような方法を取ってもらいたいものですね。
私も自己判断で、始末は自分で付ける前提で、これからも投資を続けていこうと思います。


ルチノー 様
そうですね。残念ながら失墜しています。
復活の芽が無いわけではありませんが、ここからはなかなか難しいでしょうし、時間もかかるでしょう。最大手の意地を見せてもらいたいものです。
汚い大人のやり口と思ってはいませんが(私も大人ですので、その表現は転嫁しすぎと思っています)、リスクの評価が匿名性により難しくなっているのは確か。この点はそろそろ解除してもらいたいものだと思います。
Posted by SALLOW at 2019年02月08日 11:07
いつも有益な情報をありがとうございます。
残念ながらmaneoとマネオマーケットの信頼は失墜しましたね。
SLのリーディングカンパニーとしてはあまりにずさんで投資家を軽視しています。
担保の査定に関してはもはや詐欺です。
レオパレスやTATERUの改ざん問題にも似ていますね。
汚い大人達です。二度と投資することはないでしょう
Posted by ルチノー at 2019年02月07日 15:55
こんにちは。

現在拘束されているお金は1千万超えです。特にクラリスが7割方、なんとか武谷社長には頑張ってもらいたいです。
どちらにしても長期戦は避けられないと思っています。
ある元銀行員さんのブログを読みますと、一件のデフォルトの対応でもかなりの時間と多くの人間が処理しなければならないそうで、今回の立て続けの期失も推して知るべしですね(涙)
今はネットでいろんな人がいろんな意見を言っていますが、もうここに至っては静観して推移を見守るしかありません。
昨日maneoから30万ほど償還金がありました。
迷いはありましたが、そのまま分散して投資しました。
私はいろんな方のブログを参考にしながら、自分で事業者の判断はしていこうとおもいます。


Posted by ここ at 2019年02月07日 13:13
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8537522
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


<ピックアップ広告>
海外案件ならクラウドクレジット。
分散投資には海外も含めるのが重要です。


(2018/12/19)
ソシャレン投資本を書きました。
かんき出版様より発売中。
是非、お手に取って下さい!


ランキング参加しています。
クリックを宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ


広告


プロフィール
SALLOWさんの画像
SALLOW
プロフィール
問い合わせは各記事のコメント、もしくはquantumアットマークsaturn.dti.ne.jpまでどうぞ。

PVアクセスランキング にほんブログ村
検索
カテゴリーアーカイブ
リンク集
最新記事
アフィリエイトリンク(全て、管理人が実際に利用しています)

SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング

クラウドバンク
クラウドバンク

OwnersBook
オーナーズブック


クラウドクレジット

LENDEX
LENDEX

Pocket Funding

SAMURAI証券 SAMURAI

CREAL
CREAL

WealthNavi
ウェルスナビ

FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO

Funds
Funds

ユニコーン
ユニコーン

COOL
COOL

楽天証券
楽天証券

さとふる
さとふる


楽天カード


A8.net

最新コメント
以下のメディアで掲載されました。

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。