広告

posted by fanblog


2019年01月08日

画期的な貸し付けファンド「Funds(ファンズ)」、いよいよサービス開始です。



広告
いよいよサービス開始です

 「貸付ファンドのオンラインマーケット」を掲げる「Funds(ファンズ)」がサービスを開始しました。

 運営会社はクラウドポート。
 ソーシャルレンディングの比較サイトを手がける会社が、満を持してサービスに参入です。

  ・(関連記事)新しい事業者が新春に参入予定。第二種金商登録完了!


 クラウドポートの社長である藤田氏はもともと、クラウドバンクの設立に携わっていた人物。
 ソーシャルレンディングサービスの経験は十分に持っているでしょう。


  20190108FNS1.jpg


 Fundsでの口座開設は、こちらからどうぞ(アフィリエイトリンク)
 Funds


Fundsのポイント

 さて、Fundsのポイントをいくつか紹介します。

 まずはFundsが提唱する、「貸付投資」という単語について。
 株式に投資するのが株式投資。債券に投資するのは債券投資。
 それと同様に、貸し付けを行う案件への投資として、「貸付投資」という商品を提唱しているようです。

  20190108FNS2.jpg


 要はソーシャルレンディング)なのですが、これまでのサービスとは異なる点があります。
 一つはその貸付先でしょう。

  20190108FNS3.jpg

 貸付先が明示されています。
 貸金業法に伴う匿名化要請とどのように調整を付けるかは分かりませんが、どんな相手に貸しているのかが
 分かるというのは、ソーシャルレンディング投資家にとっては願ったり叶ったりです。

 しかも一番左、東証一部上場のアイフルって、もちろんあのアイフルですよね。
 そこの貸付事業に投資できるってことは、つまり日本の小口向け案件に投資できるというわけで。
 以前から「ソーシャルレンディングは個人が金貸しになれる最短距離の方法」と言ってきた私としては、
 かなり楽しみな案件です。

極めて重要なポイント

 そして、極めて重要な特徴がこれ。

 20190108FNS4.jpg

 Fundsでは、「関係会社貸し付けスキーム」を採用しています。
 これは、ファンドを作っている企業と、最終的な貸付先が関係会社の立ち位置にあるというもの。
 匿名化の縛りは「最終貸付先」にしか及びませんので、ファンドを作っている企業の名前は公開されます。

 そしてこれ以上に重要な点は、
 「関係会社が損失を出しても、その損失分とは関係なく金額を返済する義務がある」という点です。

 最終貸付先がデフォルトを起こしても、その借金は関係会社が返済する義務を負う。
 (ほぼありませんが)関係会社まで吹き飛んだら、グループ全体の評判にも関わる。
 ですから例えば、ファンドを作っている企業が上場企業だとしたら、実質的にその上場企業の連帯保証が
 付いているのに準じる安定性がある
と言えるでしょう。


 Fundsでの口座開設は、こちらからどうぞ(アフィリエイトリンク)
 Funds

監査役会も充実しています

 そのFundsは最近、アドバイザリーボード(監査役会)の設置を発表しました。
 昨今のソーシャルレンディングにおける一連の問題を受けて、という側面もあるでしょう。

  ・クラウドポート、アドバイザリーボードを創設


 東大の元教授で経済財政諮問会議メンバーの伊藤氏、元財務事務次官の佐藤氏など、そうそうたるメンバー
 が揃っている監査役会。
 クラウドポートがFundsにかける意気込みが分かります。


 もちろん、私もFundsに投資します。
 最初の案件開始は1/23の予定。それまでに資金の都合を付けておこうと思います。
 Fundsのサービスが持つその他の特徴や利点、Fundsへの口座開設方法などは別途、実際に調査や手続きを
 行った上で記事にしたいと思います。


 2018年、ソーシャルレンディングは色々な問題が起きました。
 このタイミングでサービスを開始するのは、当然ながらそれなりの自信があるのでしょう。

 個人的には現時点で最も注目のサービス。もちろん私も会員登録を行い、投資する気満々です。


 Funds(アフィリエイトリンク)
 Funds



 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  


posted by SALLOW at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資の話題
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8450265
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


<ピックアップ広告>
海外案件ならクラウドクレジット。
分散投資には海外も含めるのが重要です。


(2018/12/19)
ソシャレン投資本を書きました。
かんき出版様より発売中。
是非、お手に取って下さい!


ランキング参加しています。
クリックを宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ


広告


プロフィール
SALLOWさんの画像
SALLOW
プロフィール
問い合わせは各記事のコメント、もしくはquantumアットマークsaturn.dti.ne.jpまでどうぞ。

PVアクセスランキング にほんブログ村
検索
カテゴリーアーカイブ
リンク集
最新記事
アフィリエイトリンク(全て、管理人が実際に利用しています)

SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング

クラウドバンク
クラウドバンク

OwnersBook
オーナーズブック


クラウドクレジット

LENDEX
LENDEX

Pocket Funding

SAMURAI証券 SAMURAI

CREAL
CREAL

WealthNavi
ウェルスナビ

FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO

Funds
Funds

ユニコーン
ユニコーン

COOL
COOL

楽天証券
楽天証券

さとふる
さとふる


楽天カード


A8.net

最新コメント
以下のメディアで掲載されました。

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。