2018年06月02日

(3)Dイスタンブール考古学博物館観光その2

古代オリエント博物館を出て
考古学博物館へ向かいます

イスタンブール考古学博物館館内図2、考古学博物館.png

P1030661.jpg

中へ入って右側
奇妙な像が迎えてくれます

【ベスの彫像、無限の力を持ち人々を悪魔から守る神、
キプロス、ローマ時代(アーカイック様式のコピー)】↓
P1030665.jpg

棺の展示

奥へ進むと2体の人型の棺

P1030694.jpg

【ギリシア様式の男性の人型の石棺(紀元前470−460年)】↓
P1030669.jpg

P1030667.jpg

【ギリシア様式の女性の人型の石棺(紀元前470−460年)】↓
P1030671.jpg

P1030672.jpg

う、美しい
いつの時代の、どこの棺でしょう???
説明書きを発見

P1030687.jpg

サイダ???

シドン=サイダの地図.png
「サイダとは、レバノン共和国の都市で、古くはフェニキア人の古代都市国家として繁栄し、紀元前19−18世紀頃、古代エジプト王朝の支配下で最盛期を迎えました
17世紀オスマン帝国による支配を受け、1887年、サイダで発掘されたフェニキア王室墓地から出土した棺などがイスタンブールへ持ち出され、展示されています」


オスマン帝国もですが
古代エジプトって、こんなに広範囲に領土拡大してたんだ

何千年も前のものとは思えない程
つるつるした棺ですね

棺の歴史に唸りながら先へ進むと
美しい石棺が登場

【リシュアス(アテネの雄弁家)の石棺(紀元前5世紀末)】↓
P1030680.jpg

P1030682.jpg

P1030683.jpg

美しい石棺もう一つ
【サトラップ(古代ペルシアの地方総督)の石棺(紀元前5世紀後半)】↓
P1030695.jpg

P1030699.jpg

P1030702.jpg

さらに進むと
今にも動き出しそうな彫刻で装飾された石棺が登場

【アレキサンダーの石棺(紀元前4世紀後半)】↓
P1030752.jpg

P1030755.jpg

P1030757.jpg

アレキサンダー大王の石棺と確定はされていないらしい
ですが、かなり高貴な方の棺なのでしょうね

その隣には【嘆き悲しむ女たちの石棺(紀元前4世紀半ば)】↓
P1030760.jpg

P1030762.jpg


棺すごい・・・
何千年も前にこれだけ丁重に埋葬している、
という人間の歴史に安心
どんだけ人間不信なのか^^;;;

もちろん、
高貴な方々限定でしょうが

1階の展示は棺に次ぐ棺
素敵だったのでもう少し載せさせてください


【パイドラ、hyppolite(ギリシア神話の神)の記述のある石棺
トリポリ(ローマ時代、2世紀末)】↓
P1030775.jpg

【Sidamaraの石棺、コンヤ(ローマ時代、3世紀後半)】↓
P1030777.jpg

【モザイクの床、様々な色の石とモルタル(レンガ)
イスタンブル(ローマ時代)】↓
P1030782.jpg

P1030781.jpg

P1030786.jpg

すごかった。。
こんなに棺が美しいとは



1階部分を見終えて、
写真↓とは違う階段を上がって2階へ進みます

P1030784.jpg


古代ギリシア〜ヘレニズム、ローマ時代の展示

薄暗い1階の展示室とはガラリと変わって
展示物に陽がさして素敵です

【ミリナMyrina(ギリシャ)、ヘレニズム、ローマ時代
(紀元前3−1世紀、紀元後1−2世紀)】↓
P1030707.jpg

【ミリナMyrina(ギリシャ)、アーカイック、クラシカル、ヘレニズム時代
(紀元前6−1世紀)」↓
P1030708.jpg

P1030709.jpg

【プリエネPriene(トルコ)、ヘレニズム時代、
(紀元前4−1世紀)】↓
P1030710.jpg


良い物があり過ぎてへとへとですが
展示はまだ続きます^^;;;

2度と来られないかもしれないので
この目でしっかり見ておかなくては
という気持ち


読んでいただきありがとうございました!
続きは次回、イスタンブール考古学博物館観光その3で書きます☆

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7702501
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
ブログプロフィール背景空.png
あこ
35歳、東京在住
のんびりノロノロマイペースな性格。何カ国も一人海外旅行を経験しているバーのマスターに「一人でも大丈夫だよ!」と背中を押され、一人旅を経験してきました。一緒に旅した気分になれるようなブログを書けたらと思っております。よろしくお願い致します。

カテゴリー
遺跡観光
博物館・美術館観光

スポンサーリンク
ランキングに参加しています

キャンプブログ始めました
キャンプブログ

キャンプブログ

スポンサーリンク
旅行先(海外)
ドイツ、ベルリン(8)
ポーランド、アウシュビッツ(1)
チェコ、プラハ(3)
トルコ、イスタンブール(9)
トルコ、エフェス(3)
ギリシャ、アテネ(6)
ギリシャ、ポロス島(1)
ギリシャ、イドラ島(1)
ギリシャ、エギナ島(2)
イタリア、ローマ(9)
イタリア、フィレンツェ(5)
イタリア、ミラノ(1)
イタリア、ヴェネチア(4)
タイ、バンコク(7)
タイ、アユタヤ(6)
エジプト、カイロ(4)
エジプト、カイロ郊外(3)
エジプト、ギザ(2)
エジプト、ルクソール(5)
エジプト、アブシンベル(1)
エジプト、アスワン(2)
エジプト、コムオンボ(1)
エジプト、エドフ(1)
フランス、パリ(10)

旅行先(国内)
沖縄、石垣島(1)
沖縄、竹富島(2)
沖縄、由布島(2)
沖縄、西表島(2)
沖縄、小浜島(2)

スポンサーリンク