2018年05月27日

(3)Cイスタンブール考古学博物館観光その1

トプカプ宮殿の近くにある
イスタンブール考古学博物館内には、
次の3つの博物館があります

   @古代オリエント博物館
   A考古学博物館
   Bタイル博物館

展示物が素晴らしすぎて
入ったらなかなか出られません^^
  イスタンブール考古学博物館パンフレット.png
それでは中へ入ります
まず初めに入った建物は古代オリエント博物館です

閲覧注意:途中、ミイラ、骸骨、棺など登場しますので
      苦手な方はご注意ください

古代オリエント博物館

イスタンブール考古学博物館、館内図.png


P1030660.jpg

パッと見こじんまりして見えるのですが
展示物のレベルが高すぎてびっくりでした!!
私が特に好きな時代&地域だからそう感じるのかもですが



中に入ってすぐ真ん前
「パレスチナの祭壇(紀元1世紀)」が迎えてくれます

P1030655.jpg

P1030654.jpg


奥へ進み
まずはエジプトゾーン^^

古代エジプトの展示

「古代エジプトの神々の像」↓
P1030601.jpg

「ホルス」↓かっこいい^^
P1030602.jpg

「プタハ-セケルセケルの木製の像
Wooden statues of PTAH-SEKER」↓
P1030801.jpg
「木の箱の中には、身体から取り出された一部分をミイラにしたものが入っている
ワックスが塗られ、セケルセケル鳥がその上にのせられている
このようにすることによって、死人が不死になると信じられていたのである」



すごいな、古代エジプトの死生観
この木の箱の中に
ミイラにした古代の人の身体の一部分が
入っているのか
まじまじと見てしまいます


「墓石からの出土品」↓
P1030605.jpg
「古代エジプトでは、魂は死後身体を離れ、不死となって戻ってくると信じられていた
そのため、エジプトの人々は、死人をミイラ化した
そして、ミイラは棺に入れられた」


P1030603.jpg

こちらはミイラ?
ご遺体をこのように展示された状態で見るのは初めて

5月で外は真夏並みに暑いけど
博物館の中はひんやり涼しい
背中がゾクっとする展示品の数々でした

古代エジプト人の不死への情熱すごい
もっと生きたいと願う生命力
たくましいな
こうゆう情熱に後世の人々は魅力を感じるのかな



さらに進むと
メソポタミアとその周辺地域からの出土品ゾーンへ
こちらもすごい!

メソポタミアの展示

P1030657.jpg

迎えてくれるのは
「バビロンのライオンのレリーフ」↓
P1030807.jpg
「宗教的、軍事的目的で造られたこの道は、
イシュタルの門から続くバビロンの通路であり、
新年の祭事が催される建物へ続いている
この道は、古来、幅16m、長さ300mであり、
両側は女神イシュタルの神聖な動物である
ライオンが色つきのレンガで装飾されていた」



何だか見たことのある感じだなと思ったら
ベルリンのペルガモン博物館で見た!
イシュタルの門の模型に似ている!
(→ベルリン博物館島観光その1

あの門までの道を飾ったレリーフなのですね!
展示物どうしのつながりを感じるとなんだか嬉しい^^

P1030627.jpg

P1030607.jpg

こんなに素敵なレリーフで飾られた道
壮観だったでしょうね


先へ進みます

「ラガシュの統治者、グデア、(紀元前2141-2122年)
古代メソポタミアのシュメール人の都市国家ラガシュの王」↓
P1030612.jpg

P1030611.jpg

写実的
かっこいい。。

「アシュールナツィルパル2世の北西の宮殿より、
2体の精霊、(紀元前883−859年)」↓
P1030615.jpg

P1030617.jpg

「シャルマネセル王、ShalmaneserV
(紀元前858-824年)」↓
P1030622.jpg
↑「アッシリアの王、アッシュールナツィルパル2世の息子、
アッシリアの王、トゥクルティ・ニヌルタの孫」

ヒッタイトの展示

「レリーフで飾られたオーソスタット(壁の下部を覆う石の板)
後期ヒッタイト時代、(紀元前9世紀)」↓
P1030633.jpg

「門のライオン、後期ヒッタイト時代、(紀元前8世紀)」↓
P1030634.jpg

「スフィンクス、後期ヒッタイト時代、(紀元前8世紀)」↓
P1030636.jpg

「土台を持った彫像、土台には、2頭のライオンの間に英雄が刻まれている
後期ヒッタイト時代、(紀元前9世紀)」↓
P1030652.jpg

P1030651.jpg

「柱の土台、2体のスフィンクス
後期ヒッタイト時代、(紀元前8世紀)」↓
P1030645.jpg

P1030642.jpg

「門のライオン、後期ヒッタイト時代、(紀元前8世紀)」↓
P1030646.jpg

「レリーフとアラム彫刻を持つ祭壇
後期ヒッタイト時代、(紀元前5世紀)」↓
P1030648.jpg


すごい!
有名どころばかり!
こんなにいろいろ残ってるんだ!
恐るべし古代オリエント博物館

展示物がすごすぎて
なかなか外へ出られない^^;

が、しかし
残念ながら字を読むと疲れてしまう脳

まだまだ見なければいけないものがあるので
疲れ切らないうちに先へ進みます^^;


読んでいただきありがとうございます!
続きは次回、イスタンブール考古学博物館その2で書かせていただきます☆

Dイスタンブール考古学博物館観光その2

スポンサーリンク



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7690934
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
ブログプロフィール背景空.png
あこ
35歳、東京在住
のんびりノロノロマイペースな性格。何カ国も一人海外旅行を経験しているバーのマスターに「一人でも大丈夫だよ!」と背中を押され、一人旅を経験してきました。一緒に旅した気分になれるようなブログを書けたらと思っております。よろしくお願い致します。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

一人旅ランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
キャンプブログ始めました
キャンプブログ

キャンプブログ