プロフィール
あこさんの画像
あこ
のんびりノロノロマイペースな性格。何カ国も一人海外旅行を経験しているバーのマスターに「一人でも大丈夫だよ!」と背中を押され、一人旅を経験してきました。一人旅が「人生を豊かにする」という何となくの感覚で。準備不足、リサーチ不足で大変なこともありましたが、その経験は全部自分の大切な宝物です☆一緒に旅した気分になれるようなブログを書けたらと思っております。よろしくお願い致します。
プロフィール
カテゴリーアーカイブ
最新記事
おすすめ記事ランキング
  1. 1. (1)Eベルリン散策その2、道に迷ってベルリンの壁に遭遇
  2. 2. (1)N夜行列車でチェコ、プラハへ
  3. 3. (2)Mエーゲ海クルーズその2、イドラ島へ
  4. 4. (4)F首が持っていかれる、ミケランジェロの天井画
  5. 5. (3)Fイスタンブール考古学博物館観光その4
  6. 6. (2)Pアテネで一人夜ご飯
  7. 7. (4)Pヴェネチアで1人ゴンドラ
  8. 8. (3)@2回目トルコ一人旅、エミレーツ航空で出発
  9. 9. (1)Gベルリン博物館島観光その2
  10. 10. (5)Kタイ一人旅2日目、ダムヌンサドゥアク水上マーケットへ
検索
<< 2019年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
月別アーカイブ
日別アーカイブ
スポンサーリンク

広告

posted by fanblog

2019年04月20日

(6)C一人参加のエジプトツアー、ギザの三大ピラミッド、クフ王のピラミッドの中へ入る

添乗員さんがチケットを出してくれて

ゲートを通りいざ入場

IMG_0712.JPG

こんなふうになっているのですね


ピラミッドまで少し歩きます

IMG_0714.JPG

2つのピラミッドが見える位置まで来て個々に写真撮影

胸が高鳴るばかり


左に見えるクフ王のピラミッドへ向かい

さらに歩きます

近づくと巨大すぎて写真には収まらない



クフ王のピラミッドの前に到着

ここで、エジプト人ガイドさんのお話をお聞きします

ジリジリ暑い

一字一句逃さぬよう書き留める

いつもの一人旅だったら

ここのガイドだけで3,4千円はとられるからね^^;

ありがたや



こちらは残っている

「化粧石」↓というのだそう

IMG_0720.JPG

四角い石が積み重なってできているピラミッド
もともとはこのような化粧石で
全体が覆われていたのだそうですが
平らな化粧石はほとんど盗まれてしまったのだそうです
盗掘があるとは聞いていましたが
このような石まで盗まれてしまうとは驚きです



ガイドを聞き終えて

なんと

ピラミッドの中に入れるとな!

ピラミッドを登って穴の中へ!

IMG_0721-1.jpg

狭い通路を降り

通路+階段を登って進みます

戻ってくる人達と通りすぎるのが大変な狭さ

なかなか歩いて

行き止まりのお部屋に到着



お部屋には冷たい空気が流れていて

ここまでの砂ぼこりのような匂いもない

シンとした空気が流れています

中には空の大きな石棺があるのみです

ここが「王の間」と呼ばれる場所のようです


クフ王のピラミッド内部.png

ピラミッドの部屋は、普通地下にあるのだそうですが
クフ王のピラミッドは他のピラミッドと違い
地下の部屋に加えて
唯一ピラミッドの中にも部屋があるのだそうです
そのため、下へ向かってから途中で登る構造になっています

なぜそのような構造になっているのかは

解明されていない謎なのだそうです


キュンキュンしてしまいますね!^^

歴史ミステリー!



まだまだ旅は始まったばかり!

クフ王のピラミッドから出て

さらにギザのピラミッド観光は続きます


読んでいただきありがとうございます!

次回、ギザのピラミッド観光の続きを書かせていただきます☆


スポンサーリンク




にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8713921
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。